聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

北海道・道東の旅@(釧路〜納沙布岬〜尾岱沼)

北海道、道東の動画が見れます。所用07分52秒
北海道・道東の旅@(釧路〜納沙布岬〜尾岱沼)

参考に地図を記載しました

fishermans-warf-moo-egg11.jpg

釧路
たんちょう釧路空港
空路で釧路にひとっとび。

幣舞橋
駅から北大通りを南に徒歩で約10分

釧路湿原国立公園
全国で28番目に国立公園に
指定されたこの湿原は国内最大の湿地です。

丹頂鶴自然公園
阿寒湖行バスで鶴公園下車

港文館
石川啄木が新聞記者だった旧釧路新聞社を
復元した港文館。

釧路フィッシャーマンズワーフ
(上記の写真になります)
旧釧路川に面し、一大観光レジャー施設。

観光バスや港内遊覧船の旅客ターミナルが有ります。

館内には地場産中心のグルメ街やショッピング街や
流水プール付きのフィットネスセンターもあります。


根室半島

オホーツク海と太平洋の間に突き出した根室半島。

その中心地根室は日本で一番早く朝が訪れる町で
雄大な海の景観と豊かな自然、

豊富な海の幸が魅力で全国から多くの観光客が訪れる。

nosappu-cape11.jpg
 納沙布岬は日本最東端の岬。

日本で一番早く太陽に出会える場所です。
海峡の先には北方領土が見えます。

北方領土早期返還の願い、
「四島のかけ橋」があります。

歯舞、国後は道東の人は毎日眺めている。歯舞、国後等に
暮らしていた人達はくやしい思いをしている。
そこに暮らしていた人達の余命は短い。

不法侵入したロシアの悪行は決して
忘れてはならない。


北海道・道東の旅、動画はこちら
北海道・道東の旅@釧路〜納沙布岬〜尾岱沼
北海道、道東の動画が見れます。所用07分52秒



posted by mity504 at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

台湾のおみやげ、るるぶ通販

taiwanmiyage.png
台湾のおみやげ


台湾は親日派が多いです。
日本が統治していた頃、育った年配者は
日本語が話せます。

日本もいろんな事で台湾とは繋がりがあり、
観光面でもお互い往来してます。

台湾への飛行時間は約3時間、時差は1時間。
左程時差ボケすることなく、行ってこれます。


台湾の概要
台湾は本土とその周辺諸島で構成されており,
面積は九州程度の大きさです。


台湾の西部は平野、国土の約半分以上をしめる
東山地と東平野に大別されます。


台湾をほぼ南北に縦断する山脈が総面積の半分、
耕作可能地は約30%。

台湾のほぼ中央部に北回 北部亜熱帯南帰線があり、
北部亜熱帯と南熱帯に属しています。


台湾の夏は5月から9月、最高気温は
27〜35度。7月の平均気温は28度。

冬は12月から1月で平均気温は14度
と言われます。しかし 自然の天候ですから、
これらは1っの目安です。

台湾は気候的には日本より、暮らしやすい
ところです。

詳細はこちら
台湾のおみやげ

posted by mity504 at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

六厘舎を受け継ぐ、つけ麺の味

gnavishop_1113073.jpg
六厘舎を受け継ぐつけ麺の味


六厘舎などで培った確かな味

「くり山」の栗山卓也店主は
「旧東池袋大勝軒」では

4年間師匠である山岸氏の教えを受ける。
2007年「旧東池袋大勝軒」の閉店後は、

「六厘舎」と「次念序」で勤務し、2008年に独立。

つけ麺の伝統と、濃厚つけ麺の革新双方を培った
技術と想いの最高のつけ麺。


私のFB友達のKさんが
「ラーメン屋「六厘舎」に行ってきました」
を投稿されました。

関連するので、抜粋紹介します。

六厘舎の東京駅八重洲口店は
入りたいんだけれど、
いつも大行列で入れない。と嘆く。

それを知ったkさんのFB友達が
東京スカイツリーのある東京ソラマチ店
を教えてくれた。

会社の帰り、そこに行って、食べれた。
そして 食べた感想は
「う〜ん、これじゃ並ぶわけだなぁ」

自宅とは反対方向だけど、会社に近い
ので、「よし、また行こう!」
となったみたいです。


詳細はこちら
六厘舎を受け継ぐ、つけ麺の味

posted by mity504 at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品

北海道分割計画が浮上! あなたはどう思う

yjimage_20151003170454575.jpg
北海道分割計画が浮上!


2案の叩き台は

1、道南、道央、道北、道東の4県と

2、道南、道央、道北、オホーツク、
十勝、釧路・根室の6県
の2案を叩き台に議論していく。

北海道を複数の「県」に分割して、
国に対する発言権を強化しよう―

そんな意見が北海道議会の自民党議員から起きている。

確かに北海道はでかい、でかいからこそ雄大
というイメージになるが、細かく分県にして、
どうなんだろう?

あなたはどう思いますか?


詳細はこちら
北海道分割計画が浮上!

posted by mity504 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

五郎丸、再び得点ランキングトップ浮上も

goroumaru.png
1,ラグビー日本、サモア破り初のW杯2勝

2,五郎丸、再び得点ランキングトップ浮上も


日本(世界ランク12位)が、
サモア(同11位)を26−5で破り、

初の1大会2勝を挙げて悲願の8強入りへ
望みをつないだ。(日刊スポーツ)


ラグビーは あまり関心はなかったのですが、

前々回のラグビーW杯で日本代表が

「南アフリカに勝利した歴史的大金星
日本の逆転劇にスタジアム熱狂

ラグビーW杯、五郎丸24得点 
歴史的勝利に貢献
日本代表、金星世界ランク3位の国を倒す!」

これを見て、おお、日本やるな!
五郎丸24得点、五郎丸って、名前か苗字か?

一人で24得点、すごいな!と思いました。


今回サモア(同11位)を26−5で破り、
悲願の8強入りへ、と。

次試合アメリカ戦が気になりますね。


詳細はこちら
1,ラグビー日本、サモア破り初のW杯2勝

2,五郎丸、再び得点ランキングトップ浮上も

10億人を救った特効薬=ノーベル賞

6c1020f13f49203854a1e7fea6b35c35.jpg
10億人を救った特効薬=ノーベル賞

大村智博士(北里大学特別栄誉教授)
ノーベル医学生理学賞、受賞。
元定時制高校の教師、異色の経歴。

山梨県韮崎市出身。
熱帯病のワクチン「エバーメクチン」を発見。

その中の抗寄生虫薬イベルメクチンは
中南米・アフリカでは毎年約2億人余に投与され、
感染症の撲滅に貢献。

イベルメクチンは、
これまで治療薬のなかった疥癬症や沖縄地方や
東南アジアの風土病である糞線虫症の治療薬
としても威力を発揮。

大村智博士が発見した特異な構造と生物活性を
有する化合物で新規抗がん剤などが
創製されている。


大村博士は女子美術大学名誉理事長を務め、
美術作品の著名な収集家であり、

2007年に私費5億円を投じて故郷の山梨県韮崎市に
韮崎大村美術館を建設し、初代館長を務めている。
山梨科学アカデミーを創設し、名誉会長となる。


2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞。

猫は死期が近づくと姿を隠す

nekonosi.png
猫は死期が近づくと姿を隠す


猫は死期が近づくと姿を隠す、この言葉は田舎に
いる頃、聞いたことがあります。

当時、深く詮索もしないし、考えもしなかった。
でも、確かに猫の死体を
見かけなかった。

子供の頃の我が家はいっも、猫がいた。

都会の生活のように猫を買って、飼うという
ことでなくて、家のまわりにやってくる

野良猫に食べ物を与えていると、
猫が自然に居ずくようになる。

そんな感じで猫が居なくなると、
なぜ 居なくなったのか等深く考えもせず、

どかからか、野良さんがやってきて、いつく。
だから何時も猫がいました。ネコにも性格がある。
喧嘩して、まぶたを切られた虎ネコは勇敢だった。

ある時、たまたま、この虎ネコとあと一匹いた時、この虎ネコは
負け気味の仲間のネコをかばって、立ち向かっていったのを
今でも忘れない。人間だったら、もてるだろうなと思った。


「猫は死期が近づくと姿を隠す

猫の死骸を見たことがない。ネコは死が近づくとひっそりと姿を隠す。
そんな体験があります。さて 実際はどうなんでしょうか?

現在の都会のアパートやマンションはドアーや窓を閉めると、
猫が自由に出入りできないので、この話は当てはまらない。

田舎の我が家はどこからでも、好き勝手に猫の出入りは
できました。ネコの行動は自由であり、エサも定期的には
与えない。

エサがなければ、ねずみなど捕獲して食べていた。
とり、へび、ねずみ等毎回ではないが、捕獲して私に見せに来る。
今考えると、私にほめてもらいたくて、見せていたのだ。

我が家の猫の行動は半ば野生的に自由であった。

ある賢い猫は窓が閉まっていても、
自分で窓を開けて、出入り出来ました。

そんな猫もいました。教えた訳でもないのに、、。
一度にではないが長年猫を飼っていた経験から言えば、
猫にも頭のよしあしがあるし、性格もある。

その中で勇敢な虎ネコは忘れがたく、今でも時に触れ思い出す。
ケンカして右目のまぶたを切られ、清水の次郎長に出てくる
「森の石松」のようなまぶたになっている。

そのいたいたしいまぶたも治るのにだいぶ日数を要した。

こんな目に遭っているのに、自分の縄張りにほかの猫が
入ってくると、自分からむかっていく、

私は遠くからこの様子を眺めていて、この「森の石松」
勇敢だな!と思った。
風格というか貫禄がある。

猫は死期が近づくと姿を隠す

posted by mity504 at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット・犬・猫

台湾に雪が降る。台湾最高峰、玉山

giyokuzan.jpg
玉山攻頂4 - 排雲到玉山頂 動画10:03分

玉山頂上に登山、下山する様子が分かります。
日本人が富士山に登山したがるように台湾の人達も、
自国の最高峰には登山したいんですね。

日本は明治28年(1895年)4月17日から
昭和20年10月25日(1945年)までの
50年間台湾を統治してました。

これは学校で教えないから、
知らない人が多いです。

まずこれをふまえて、読んでもらえば、
理解し易いかと思います。

台湾を理解する上で広大な面積を
擁する台湾の山脈を知ることは重要です。

台湾の最高峰と言われる玉山(標高は3,952m)
を紹介します。
台湾のほぼ中央部に位置する山。


明治天皇が「新しい日本最高峰」
の意味で新高山と名づけました。

日本の台湾領有期には日本一高い山として、
教えられていた。

1937年には新高阿里山国立公園として
日本の国立公園に指定されていました。
つまり 台湾は当時、日本国とされていました。


1941年12月2日に発令された日米開戦の
暗号電文「ニイタカヤマノボレ一二〇八」
のニイタカヤマとは玉山のことです。

玉山が位置する中央山脈は
標高3500mを超える山々が20座もあります。
広大な山容ですね。

合歓東峰の武嶺は台湾で最も高い公道、
標高は3275メートル
(富士山より約500m低い位置)になります。

そんな標高まで、車で行けて、
ハイキングコースやレジャースポットを
家族で楽しむ大勢の人が訪れる観光地です。

標高がありますから、冬には雪が降ります。


最後に視覚で分かりやすいように動画
を記載しました。興味のある方は

詳細はこちら
玉山攻頂4 - 排雲到玉山頂 動画10:03分


posted by mity504 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾

1947年、2.28事件が起きる、台湾

228museum.jpg
写真は「二・二八紀念館」
参考の為の動画。
【重要証言】日本の台湾統治はこんなに素晴らしかった


戦後台湾は安穏な時代ではなかつた。
1947年はまだ日本国籍を有した台湾人が多くいた。

当時、在台中国人は質が悪く、時代の混乱を
かいくぐり、強姦・強盗・
殺人を犯す者も多かった。

国民党政府の役人の中にも横領、賄賂など
悪を働くやからが多くいた。

そんな悪人ばかりと言ってるわけでは
ありません。

日本統治時代、法を重んじる教育を受けた台湾人は
それが許せなかった。

そんな時代1947年2月27日、
林江邁(女性、2人の子持ち寡婦)
は生きていく為に闇煙草の販売をしていた。

官憲が彼女を摘発した。土下座して懇願するのを
銃剣で殴打し、情け容赦なく商品、所持金を没収した。

この時代、寡婦が2人の子育てしながら、生きていくのは
大変な次代だった。やっと生きてる寡婦から、
商品、所持金を没収。死ねと言うに等しい。


この事件で翌28日には抗議のデモ隊が
市庁舎へ大挙して押しかけた。
これが2.28事件となる。

そして 台湾人と在台中国人とで
長く深刻な内乱が始まる。
この内乱は台湾全島に拡大した。

台湾勢が優勢な時もあったが、
中国勢は本国から応援を頼んで、応戦した。

後押しが巨大でる。段々敗北していく。


この内乱で戒厳令が発令され、
40年後の1987年まで継続した。

白色テロと呼ばれる恐怖政治によって、
多くの台湾人が投獄、処刑された。

殺害・処刑された台湾人は約28,000人と言われる。


戒厳令を解除した後も、
国家安全法によって言論の自由が制限されていた。
言論の自由を認めないのは今の中国と同じだ。


李登輝総統が1992年に刑法を改正し、
言論の自由が認められてから、民主化が実現した。

台湾も長い苦闘の時代があった。

参考の為の動画。
【重要証言】日本の台湾統治はこんなに素晴らしかった

posted by mity504 at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾

金子みすゞ名詩集、みすゞの短い生涯

Kaneko_Misuzu.jpg

Misuzu-museum.jpg
金子みすゞ、記念館、山口県長門市

金子 みすゞ 作品 「大漁」1924年発表

朝焼小焼だ
大漁だ
大羽鰮(いわし)の
大漁だ。

浜は祭りの
ようだけど
海のなかでは
何萬(まん)の
鰮のとむらい
するだろう。


大漁騒ぎで、活気づく漁村風景。
その中で、みすゞは、海の鰯のとむらいを思う。
こころやさしい人であった。

わたしと小鳥と鈴と

わたしが両手を広げても
お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥はわたしのように
地べたを早くは走れない

わたしが体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど

あの鳴る鈴はわたしのように
たくさんな歌は知らないよ

鈴と小鳥と それからわたし
みんな違って みんないい



金子 みすゞ(本名テル)
明治36年4月11日生 - 昭和5年3月10日没。
大正末期から昭和初期に活躍した童謡詩人。


大正15年、叔父(義父)の経営する上山文英堂の
番頭格の男性と結婚し、娘を1人もうける。

夫は女性問題で上山文英堂を解雇される。

その時、みすゞは夫に従うが、夫の放蕩は続く、
夫はみすゞに詩の投稿、詩人仲間との文通を禁じた。

みすゞに淋病を感染させて、
昭和5年2月に正式な離婚が決まった。

みすゞは、娘を手元で育てたいと要求したが、
夫は娘の親権を強硬に要求した。

夫への抗議から昭和5年3月10日、みすゞは
娘を自分の母に託し懇願の遺書を遺し自ら命
たった。まだまだ若い26年の短い生涯だった。

娘を思い、死を選らんだみすずさんだが、
可愛い娘を残していくのは、

死んでも、死にきれないであろう、とセッなさが
いたくこころに滲みる。


金子みすゞ名詩集

posted by mity504 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすず

五郎丸、涙で絶句「このMOMは、、、ラグビー

goroumaru2.png
五郎丸、涙で絶句「このMOMはチームの…」

日本代表FW五郎丸は2ゴール、3PGで13得点。
日本の勝利に貢献し、

マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。
(スポニチアネックス)

ラグビーとは

ラグビーは陣取りゲーム
ボールを2チームの選手が奪い合い、、
目指すは敵地のインゴールのスペースにトライする。

スペースにボールをタッチして得点(トライ)になります。

ボールは、持って走ること、手で放る(パス)こと、
足で蹴る(キック)ことが認められています。


ボールの放り方はボールを前には放れなくて、
自分より後ろのプレーヤーにしか放れません。

得点は、トライ以外にもキックがあり、
ゴールポストの間のクロスバーより上の空間に
ボールを蹴り通すことで得点になります。

これが「ゴールキック」です。

映画"ドローン戦争"の過酷な現実

doro-n.png

現代の日本でドローンは空撮に使われるのが
主であるが、ドローンは撮影だけでなく、
使う用途はいろいろあります。

善行にも悪行にも利用できる。

映画"ドローン戦争"の過酷な現実


この映画「ドローン戦争」は、遠隔操作で空爆を行う
現代戦争の実態と、アメリカ国内からの
ドローン操縦士の異常な日常生活が描かれている。


GIGAZINEIT技術の向上でリアルタイムで偵察映像を
送受信でき、地上から操縦したり完全自動操縦ができる。

ドローンのパイロットも身は安全とは言え、
現実に敵を殺害したり、破壊しているから

日常の生活とドローン操縦攻撃との
落差が大きく精神的に大きな被害を受けている。

苦悩するドローン操縦士の日常。


ドローンは無人戦闘機として積極的に使用され、
敵国の偵察やテロリストの暗殺にも使用される、と言う。

正確無比で無慈悲な攻撃能力は現代の戦争に
欠かせない兵器となっている。

ドローンが最も活躍しているのは戦場である。

白玉の露 芋焼酎 25度 魔王の蔵製造 みやび商店

白玉の露 芋焼酎 25度.PNG

白玉の露 芋焼酎 25度 魔王の蔵製造

白玉の露 芋焼酎 25度 魔王の蔵製造 みやび商店

6月19日(日)は父の日!ご予約受付中!

「年間ベストストア受賞記念特価」
白玉の露 芋焼酎 25度 1800ml「魔王の蔵製造」


価格1,380円(税込)

メーカー希望小売価格:1944円の焼酎です!

「幻の焼酎」として知られる「森伊蔵」「村尾」と
合わせて「3M」と呼ばれている「魔王」の蔵が
昔から造っている看板焼酎。

芋の香りと、甘みを見事に引き出し
バランス良く飲み飽きしない逸品。

人気銘柄「魔王」が生まれる前から
地元で大人気の芋焼酎です。

「魔王」「元老院」「天誅」でお馴染み白玉醸造製。
この味わいで、この価格は驚きです。

(1800ml=1.8L=一升瓶)
(900ml=五合瓶)
(720ml=四合瓶)

【鹿児島県】
白玉の露 芋焼酎 25度 魔王の蔵製造


posted by mity504 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒・ビール
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<