聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

2016年06月07日

本場博多の辛子明太子1kg【送料無料】 みやび商店


【明太子専門店】本場博多の辛子明太子1kg(訳あり・有色)【送料無料】

本場博多の辛子明太子1kg【送料無料】 みやび商店

楽天デイリーランキング
明太子部門1位


訳あり明太子とは?
製造段階で皮が破れてしまったり、
切れてしまっただけ!の明太子!

一本物や上切などのギフト用として使用する予定だった
明太子ですが、残念ながら破れたり切れてしまい、

ギフト用として詰めれなくなった少し見た目が悪い明太子。

工程は同じですが選別の段階でギフト用と訳ありに
分けられます。だから、味も原料も品質も
一本物とまったく同じです。


おすすめポイント!

1、子供も食べれる辛さ
2、大人も楽しめる旨味
3、ギフト用原料使用
4、72時間じっくり低温熟成
5、旨味たっぷりマイルド味

家族みんなで楽しめます。

お客様のお声をもとに信頼していただけるよう
心がけながら、お客様に満足していただけるよう
日々頑張っています。

★販売累計2万5千箱突破★
【訳あり】本場博多辛子明太子がたっぷり1kg

博多より鮮度そのままに直送!
【明太子専門店】本場博多の辛子明太子1kg
【送料無料】

トップページヘ

2016年06月12日

福島市の水道水「ふくしまの水」2年連続の金賞を受賞

丹沢.PNG

名字の言
福島市の水道水「ふくしまの水」2年連続の金賞を受賞。

福島市の水道水「ふくしまの水」が、国際的な品質
評価コンテスト「モンドセレクション」で2年連続の
金賞を受賞した。

水道設備の老朽化が課題の日本にあって、
この朗報は希望と輝く。

蛇口の水をそのまま飲める国は、世界でも数えるほど。
そこには日本の技術支援を受けた、カンボジャのプノンペン
も含まれる。

▼世界に冠たる日本の水道も、明治期の創設時は
困難を極めた。先頭に立ったのは、”近代水道の父”
中村鋭冶博士。

仙台で生まれ育ち、大学卒業後、ドイツで衛生工学を
学んでいた時、水道整備の命を受けた。

▼当時、木製の管は腐り、コレラも流行していた。
東京の近代水道は1892年に着工するが、
日清戦争や市民の反対運動などの試練が続いた。

だが、「死すとも仕事を捨てぬ」の信条のまま
、6年がかりで給水場を建設し、鉄管敷設を成し遂げた。

▼技術者を育てながら、各地で水道整備に尽力。
晩年に手掛けたのが福島市だった。

その精神は受け継がれ、発展を遂げた技術は
世界を潤している。

▼池田SGI会長の指導に「うまずたゆまず実践した人に
、最後はかないません」

「長期的視野に立った事業が、最後は歴史を画するのです」と。
人生も、苦難に鍛えられてこそ長く朽ちない基盤が
築かれると、深く心に刻みたい。(朱)

       (聖教新聞)

画像は本文とは関係ありません。
(画像は神奈川県、丹沢山系)

トップページヘ

2016年06月18日

斉藤一人さん〜運が良くなる覚悟の話、動画



斉藤一人さんのこの動画勧められて、見たんだけど、
なるほどと思えるし、説得力があります。

たとえば、商売がうまくいく方法や幸運を
呼び込むには?などなど。

あなたにも「なるほど」と思ってもらいたいし、
おすすめです。

興味を持ったので、斉藤一人さんを調べてみました。
確かに中卒で億万長者ですね。
中卒でなんで億万長者になれたのか。

これだけでも、興味を持ちますね。
斉藤一人さんの話は面白いし、説得力があります。
「現・銀座まるかん」の創業者ですね。

「銀座まるかん」って、どんなとこ!?
http://www.ginzamarukan.jp/


斉藤一人さんの略歴
東京都江戸川区小岩生まれ。キリスト教系の幼稚園を経て、
江戸川区立西小松川小学校・江戸川区立松江第二中学校卒業後、
さまざまな職を経験。

1970年頃から漢方茶の販売を開始。
その後、漢方をベースにした化粧品や健康食品の開発に着手し、
銀座日本漢方研究所(現・銀座まるかん)を創業する。

人物
観音信仰と経営体験に基づいた独自の人生観を持ち、
それらを論じた人生訓・
自己啓発に関する関連書籍などを出版している。

自著の発表するところでは、高額納税者公示制度
(長者番付)12年間連続10位以内。

実質手取り額(税金を差し引いた残りの額)で日本一。
2001年までに納めた税金は国税だけで138億1910万円。
総資産200億円、平均年収は30億円と主張する。

       (Wikipedia)

トップページヘ

世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(1)

ドイツSGI アンニャ.PNG
自身の作品を撮影するツァンダーさん


世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(1)

ビジュアル(視覚)アーチストとして活躍
ドイツSGIアンニャ・ツァンダーさん

摂食障害を克服、夢かなえ芸術家に

「宿命転換」の哲学に共感


18歳の時でした。心の奥深くに沈めてきた、あの忌まわしい
記憶がよみがえってきたのはー。

幼いころ両親が離婚。父が去った悲しみに追い打ちを
掛けるように、私は母の知人から虐待を受けました。
忘れていたはずなのに、なぜ突然?

理由が全く分からず、私は心身のバランスを崩しました。
摂食障害に陥り、対人関係もうまくいかないように。

いつしか生きる意味が見いだせなくなりました。
22歳でハンデンブルグ応用科学大学に進学。

ファッションデザインの勉強をしながら臨床心理士のもとに
通い続けました。
しかし、もっと別の次元に原因があるのではないかとの
疑念が頭から離れません。

そうした私の状況を見かねた友人の一人が、
SGI(創価学会インタナショナアル)の仏法を
紹介してくれたのです。

初めて参加した座談会。メンバーはとても温かく私を
迎えてくれました。

「この信心で必ず悩みを克服していけます。
宿命転換できる仏法です」

皆が真剣に語ってくれる日蓮仏法の生命哲学に、
私は共感しました。ずっと胸に抱いてきた

「なぜ自分だけがこんな目に遭わないといけないのか」
との疑問に対する回答が、そこにある気がしたからです。

信仰の実践を始め、皆の言葉に偽りはなかったと、
すぐに実感しました。

SGIの活動に参加し、唱題を重ねるうちに、
ありのままの自分を受け入れる勇気が少しずつ
湧いてくるのです。

自身の生命が変革されつつあることに気づいた時には、
摂食障害の症状はほとんどなくなり、わずか一年で、
精神的な病から完全に立ち直ることが出来ました。

感謝した私は、勉学に励みながらSGI活動にも
積極的に取り組みました。

最優秀の成績で大学卒業。28歳で、スタイリストとして
第一歩を踏み出しました。
  第二につづく (聖教新聞)

まとめ
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(1)
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(2)
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(3)

トップページヘ

posted by mity504 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ

2016年06月19日

世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(2)

メンバーズ.PNG
ツァンダーさん(左端)がSGIメンバーと共に

デザイナー.PNG
服装を整えるツァンダーさん、左


世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える! (2)

ビジュアル(視覚)アーチストとして活躍
ドイツSGIアンニャ・ツァンダーさん

国民的歌手の服飾を担当


服飾や髪形をはじめ、アーティストの”見せ方”を
総合的にデザインし、形にしていくのが、
スタイリストの仕事です。

働き始めてから数年のうちに、歌手や映像制作者、写真家など
多くのアーティストから高い評価を得ることができました。
人との接し方で悩んでいたかっての私を思う時、
想像すらできなかった成功でした。

仕事を続けるうちに、自分でも撮影に携わりたいとの思いが強くなり、
ニューヨークフイルムアカデミーデ写真・映像制作を学びました。

スタイリストの技術を生かしつつ、
自ら撮影する「ビジュアル(視覚)アーティスト」として
活動するようになりました。

世界中を訪れ、目の回るような日々でしたが、ドイツSGIの
女子部のリーダーとして全力投球。

「仏法者としてドイツ社会に貢献したい。信心の実証を示したい」
と何度も決意を新たにし、進み続けました。
やがてドイツの国民的歌手のスタイリングを私が担当するように。

新作アルバムの宣伝や全国ツアーにも同行。
また、欧州最大の音楽祭「ユーロビジョン」に出演するドイツ代表の
スタイリングも手伝い、好評を博しました。

広宣流布への決意が、自身の環境を大きく変えていくことを
肌身で感じました。

全てが順風満帆に思えた日々でしたが、
これも私の宿命だったのでしょうか、少しずつ陰りが出てきました。

”誰かの名誉”のために燃え尽きる寸前まで働いても、
自身のビジュアルアーティストとしての評価は何一つ手にしていません。
他人のために自分の能力を役立てるのは好きな方でしたが、
不平不満の感情を抑えられなくなりました。

私の生命にひそむ棘が人間関係に反映し、スタイリストの
契約も少なくなっていきました。
アーティストとして創作活動で生計を立てようとしましたが、
経済的に困窮。

スタイリストの仕事も以前のようにうまくはいきませんでした。
昼はスタイリスト、夜はアーティストとして、
毎日18時間も働き、心も体もボロボロに。それでも生活は安定せず、
泣き出したくなるような状況に陥ってしまいました。
第三につづく (聖教新聞)

まとめ
世界の体験プラザ内面の変革が環境を変える!(1)
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(2)
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(3)

トップページヘ

posted by mity504 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ

2016年06月21日

世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(3)

表紙採用画.PNG
撮影した写真が表紙を飾った雑誌


世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(3)

ビジュアル(視覚)アーチストとして活躍
ドイツSGIアンニャ・ツァンダーさん

写真作品が雑誌の表紙に


崖っぷちにいた私を支えてくれたのは、SGIの仲間でした。
「もう一度、題目から始めましょう。今こそ幸福を開く時だと
決めて祈り抜きましょう」

メンバーの励ましに奮起し、唱題に挑戦。

そして、多くのメンバーが毎日のように、一緒に題目を
唱えてくれたのです。”ここまで支えてくれる仲間がいる”
と感謝してもしきれませんでした。

小さな自分の感情に執着してはいけない_
心からそう思えた時、暗雲が払われるように胸がすっきりしました。
私の内面の変化は、やがて環境にも表れ始めました。

まずスタイリストの仕事が再び軌道に乗りました。
顧客も増え、これまで以上に高い評価を得るようになりました。
自身の写真作品も評価され、雑誌の表紙を飾るまでになりました。

映像の分野でも、有名バレエ団のビデオ制作を担当。
今年はデンマークでの音楽ビデオ撮影の監督を務めました。

今はもう、”誰の作品か”は気にしていません。
むしろ他のアーティストをもっと支えていきたいと思っています。

仏法に巡り合い、人間としての振る舞いを大きく変えることが
出来ました。
不幸の殻に閉じこもり、その原因を家族のせいにしていた時期も
ありました。

でも信心のおかげで、自身の幸福の責任は全て自分にあることを
実感できました。父は既に亡くなりましたが、生前、
固い絆を結ぶことが出来ました。

父の再婚相手は、私にとって”第二の母”のような存在になりました。
母と母の再婚相手は今では、私の一番の味方です。
私自身も、人生のよきパートナーと出会うことが出来ました。

方面女子部長として青春時代を走り切り、今は婦人部本部長として、
メンバーの幸せを祈り、共に行動しています。

職場、地域、そして家庭において、
太陽のようにもっと輝き、励ましを送れる人になりたい。

一人でも多くの人と共に、「宿命」に打ち勝ち、幸福を開いて
いきたいと張り切っています。

    おわり  (聖教新聞)
まとめ
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(1)
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(2)
世界の体験プラザ 内面の変革が環境を変える!(3)

トップページヘ

posted by mity504 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ

2016年06月22日

人生には必ず、越えなければならない「難所」がある。名字の言

エベレスト.PNG


人生には必ず、越えなければならない「難所」がある。
ありったけの知恵と勇気を振り絞り、岩盤に爪を立ててでも

▼イギリスの登山隊が、世界最高峰のエベレストに人類初の
登頂を果たしたのは1953年。

初めての挑戦から32年、9度目の遠征で成し遂げた快挙だった。
彼が登った道は、それまで不可能とされた、非常に険しいコース。
だが入念な調査の結果、そこに活路を見いだし、栄冠をつかんだ。

▼近年は装備品や技術の進歩などもあってか、
多くの登頂達成者が誕生する。
だが、頼るのは、最後は自分の足であることに変わりはない。

女性で初めてエベレストの頂に立った田部井淳子さんは、
本紙「スタートライン」で「人間のすり足のような一歩一歩
でも、前に進んでいけば頂上には立てる」と。

自身のガンという「難所」にも、”山に登り続けたい”
との一心で挑み、寛解を勝ち取った。

▼池田SGI会長は、エベレスト初登頂の歴史を通し、
「大切なことは、一つ一つの眼前の戦いを、
また一日一日を、爽快に勝ちゆくことだ」と語った。

▼早いもので、本年も折り返し点。
念頭に掲げた目標は見えているだろうか。
登攀の途上には「難所」もあろう。

”ここが勝負!”と勇気の一歩を重ねた先に、
栄光の頂が待っている。(鷹)
(聖教新聞)

トップページヘ

2016年06月30日

信仰体験 平和の祈り 絵筆に込め  母の肖像画 優しき笑みの理由は・・・(1)

時により人間ほど残酷な行いを行えるものはない、
その他の動物は弱肉強食で
生きていくために弱肉を殺害するけれども、
必要以上に食肉することはない。

しかし、人間は己の利害で人を殺せる。
残虐な殺し方や拷問で傷めつくすことが出来る。
期に応じて、人は仏界にも餓鬼界にもなる。
仏界も地獄、餓鬼、畜生界も備えているのが人間。
期に応じて人のこころは変化する。
そのこころを十界互具という。

体験談1.PNG
寛康さんが描いた母の肖像画


【福岡県飯塚市】在日1世竹山(張)寛康さん(89)
=池田支部、副本部長=は、時間を作っては油絵を描く。
祖国に美しき岩稜、騎乗のナポレオン・・・。
ポロポーズして日には、花を摘む妻の横顔を贈った。
先日、一枚の肖像画を描いた。
チマ・チョゴリを着た祖国の亡き母。
優しき笑みを浮かべている。

信仰体験

平和の祈り 絵筆に込め
母の肖像画 優しき笑みの理由は・・・


植民地ゆえの制約に耐えるということが、生きるということだった。
現在の韓国・大邱(テグ)の生まれ。
5歳で日本へ渡ったが、父の商売が安定するまで、
一時的に祖国へ母と戻った。

貧しさの中で、白菜の葉を売り、根を食べて飢えをしのいだ。
母は一人で末っ子を産んだ。障子の間から息子が手渡す
ハサミで、へその緒を切った。

8歳の時、商売を軌道に乗せた父が、家族を日本に呼び寄せた。
行く先々で、特高警察から所持品検査を強いられた。
竹山少年は絵を描くことで、心に安らぎを感じようとした。

描いたのは町の風景。炭鉱の町だった。
戦時中、筑豊炭田には多くの人が強制連行された。
「アイゴー(哀号)」と呼ぶ声が暗夜に響く。

竹山さんの叔父も働いていた。何度も逃亡を企てた。
特高の目と耳は、たどたどしい日本語を見逃さなかった。
裸の叔父を木刀で袋だたきにした。

叔父は、ようやく網をくぐって山口県の農家にたどり着いた。
体中のアザを見せて倒れた。手には竹山さんの住所を書いた
紙が握られていた。

連絡を受けた父は、叔父をかくまい、闇船で祖国に帰した。
だが苛酷な体罰がたたり、終戦を待たずに亡くなった。
訃報に接した母の背中は、おえつに震えてた。

1939年(昭和14年)の創氏改名で「竹山」を名乗らされた。
朝鮮姓を手放すことを、命を絶つことで拒んだ同胞もいた。
家族は緊張の中、模範を演じた。

終戦を迎えると、朝鮮半島が植民地支配から解放された。
母はすぐ帰国船に乗った。見送った竹山さんも、
後から追いかけるはずだつた。

ところが祖国に安住の地などなかった。
50年の朝鮮戦争で、母のいる村が北朝鮮軍に襲われた。
いとこは韓国軍の尋問に言葉が出なかっただけで、
一味と見なされた。

足にすがりつく叔母の叫びもむなしく、穴を掘らされ、
銃殺された。母は辛くも生き延びたが、
時代に翻弄されていた。

悲運に泣く祖国の役に立ちたい。その思いは竹山さんを、
朝鮮中高級学校の
教師の道へ向かわせる。

遅配された薄給で、妻の房子さん(82)=婦人部副本部長
=と、幼子6人を養う。困窮していた。
房子さんは、創価の仏法哲学に希望を見いだした。

訪ねてきた学会員の姿は力強く見えた。だが周囲には
「宗教はアヘン」という偏見があり、「反逆者」と言われた。
竹山さんは妻に人目を避けて活動しろとすごんでも、
折伏に歩く姿は輝きを増すばかり。心が揺れ始めた。

転機は64年、東京オリンピックの年に訪れる。
在日本大韓民国民団が、戦後、祖国に帰国した同胞を
日本に迎えた。

そこで母と19年ぶりの再会を果たせた。
増えた白髪に、これまでの苦労がにじんでいた。
妻を初めて紹介できた。孫も抱かせてやれた。

おしめを取り換える母の嬉しそうな横顔を、
竹山さんはいつまでも見つめていたかった、
帰国の途に就く母に手土産を持たせることは、
家計が許さなかった。

竹山さんには、その年に心筋梗塞で他界した父の借金があった。
自身も冠動脈硬化症で教壇に立てず、収入は途絶えていた。
恥を忍んで、親戚に金を貸してほしい、と頭を下げた。

冷笑された。この悔しさが、竹山さんを御本尊へと向かわせた。
飛び込んだ創価の世界には、信頼のまなざしがあった。
「無疑曰信(むぎわっしん)」(御書751ページ)という
仏法の真髄を、竹山さんは行動を通して体得していく。
   (聖教新聞)

注釈
無疑曰信とは『疑(うたが)い無(な)きを信(しん)と曰(い)う』
と読み、何があろうが紛動( ふんどう)されることなく、
どこまでも御本尊を信じて疑わぬ信心のこと。

第二につづく

平和の祈り 絵筆に込め、在日コリアンとして生きる まとめ
平和の祈り 絵筆に込め、在日コリアンとして生きる(1)
平和の祈り 絵筆に込め、在日コリアンとして生きる(2)

トップページヘ


Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<