聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

世界の体験プラザ 世界的監査法人の勤務経験生かす(2)

ホンさん3.PNG
台湾女子部のメンバーと(左から3人目が洪さん)


世界の体験プラザ 世界的監査法人の勤務経験生かす(2)

 大手総合商社の経理・税を担う

現地と日本を結ぶ架け橋に

  台湾SGI 洪 孟君(ホン モンジュン)さん

  師と新たな原点を


 現在の職場では、二つの業務を担当しています。

 一つは、決算の数字を東京本社の海外会計部に送り、連結決算書を
作成することです。台湾では、13年から、国際会計基準が導入され、
最新の知識に精通した人材が求められています。

 もう一つは、財務報告書の作成や、法人税の申告などをする上で必要な
、監査法人とのやりとりです。その窓口を担当しています。

 国際会計基準も、監査法人も、どちらも私の職歴が役に立ち、これほど
うれしいことはありません。

 池田先生はかつて、戸田先生の「経理」に関する指導を引かれつつ、
「どこの世界でも、金銭や人事に厳格なところが最後は勝っている。
あいまいなところは敗北している」とスピーチされました。

 この指針を胸に、現地支社と東京本社の発展のために、また台湾と
日本の架け橋となって活躍していこうと決意しています。

 一昨年の9月4日には、新たな信心の原点を刻むことができました。
日本でSGI青年研修会に参加し、池田先生にお会い出来たのです。

 この日は、くしくも私の誕生日。涙の向こうに三色旗を振る先生の
姿を見て、”私も共に希望を送る存在になる。社会に貢献できる人材に
成長しよう”と深く誓いました。

 「私にやらせてください」と手を挙げた時から、一念が変わったことを
実感します。これからも青年らしく、いかなる困難も前進の糧に変え、
報恩の人生を歩んでいきます。

  おわり 【聖教新聞 2017/07/17(月)】



posted by mity504 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ

不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(1)


大阪大会 1.PNG
赤レンガの壁と緑のドーム屋根が特徴的な
中之島の「大阪市中央公会堂」。
数々の関西広布の節目を飾る舞台となってきた。


 師弟こそ仏法の真髄なり
不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(1)

信心しきったものが必ず勝つ


大阪大会 2.PNG
「大阪大会」であいさつに立つ池田先生。”信心しきったもの
が必ず勝つ”との師子吼は、関西の不敗の誓いとなった。
(1957年7月17日、中之島の大阪市中央公会堂で)



きょう7月17日は、1957年(昭和32年)に中之島の大阪市中央公会堂で
「大阪大会」が行われた日である。この時の”戦いは負けたらあかん”
との「関西魂」は今、世界に輝き広がる。

ここでは、「不敗の原点『大阪大会』60周年記念特集」として、関西
婦人部の代表の証言を交え、その精神を確認する。

 大阪市の関西池田記念会館に「師弟常勝之碑」がある。碑文は、
「大阪大会」50周年の2007年(平成19年)7月、池田先生が関西の共に
贈ったものだ。

その冒頭は「師弟こそ 仏法の真髄にして 最極の魂の結合なり」と。
創価学会は、「師弟」という深い人間の絆で結ばれた団体である。
ここに、権力の不当な弾圧にも屈しない強さの源泉がある。

 60年前、権力に魔性が牙を向いた。「大阪事件」に、関西は負けな
かった。師と共に迫害を堂々と勝ち越えた。関西の友が満天下に示した
のは、「師弟」の底力にほかならない。

 1957年(昭和32年)7月3日、池田先生は事実無根の冤罪で、不当逮捕
された。発端は、3ヶ月前の参院選(大阪地方区の補欠選挙)にさか
のぼる。一部の会員が起こした選挙違反を、池田先生に強引に結び付けた
のである。

 この逮捕までに、警察と検察は、学会員に威圧的な取り調べを行った。
 
 当時、女子部班長だった林智栄子さん(関西婦人部総主事)。参院選
から数日後、刑事が自宅に来た。戸別訪問の容疑だという。
3大阪大会 .PNG
林智栄子さん
 連日、朝から晩までの取り調べ。刑事は「誰の指示で動いた!」
問い詰めた。戸別訪問などしていない林さんは、否認し続けた。

 
 その後、取り調べは大阪地方検察庁へ移った。そこでは、複数の検事
に取り囲まれた。

ある時には、検事が池田先生の写真を手に、「知ってるやろ」と
恐ろしい剣幕で詰め寄ってきた。
 その激しさは、林さんの頭をもうろうとさせ、”私、悪いことしたん
やろか”と錯覚させるほどだった。

「罪もない人を陥れようとする。権力の怖さを心の底から感じまあした」
池田先生が不当逮捕されたのは、この取り調べから一ヶ月半ほど後の
こと。

「先生の逮捕を聞いた時は”私の取り調べでさえ、あれだけ問い詰められ
たのに、どれほど先生は責められてしまうのか”と不安で仕方ありません
でした」

池田先生は逮捕から5日後の1957年(昭和32年)7月8日、大阪拘置所に
移監された。

 この日、検事は2人がかりで夕食も取らせず、深夜まで取り調べを続
けた。

 9日、検事は「罪を認めなければ、学会本部を手入れし、戸田会長を
逮捕する」と恫喝した。

 すでに恩師の体は衰弱しており、逮捕は生命の危険にも結び付きか
ねない状況だった。

 獄中で一人、煩悶を続けた先生は、恩師の身を案じ、法廷で真実を
証明することを決断したのである。

      ◇

大阪大会 5 1.PNG
「大阪大会」60週年を記念して行われた「関西勝利大会」。
今再びの常勝の大行進を誓いあった。(10日、同公会堂で)


57年7月17日の正午過ぎ、池田先生は大阪拘置所から出所。多くの再びの
関西の同志が歓喜して出迎えた。先生はつづっている。
「私の投獄を、わがことのように心配し、悲しみ、憤った、関西の
同志たち。私は、その真心への感謝を、絶対に一生涯忘れることは
ないだろう」

 午後6時、場内と場外合わせて約2万人の友が集まり、中之島の
大阪市中央公会堂で「大阪大会」が開会した。

 しばらくすると、空を厚い雲が覆い始めた。横暴な権力に対する
諸天の怒りであるかのごとく、豪雨が地面をたたき、空には雷鳴が
轟いた。

 場外のスピーカーの声は、雨の音でかき消された。だが、誰一人と
して、帰ろうとする人はいない。

 仕事を終えて駆け付けた林さん。ずぶ濡れになりながら、堂島川を
挟んで公会堂の対岸にあった大阪地検の建物を睨みながら、固く誓った。

 ”負けたから、こんな悔しい思いをした。戦いは負けたらあかん。
一生かけても、この仇は討つ”

 その燃えるような気迫は、60年が過ぎた今も赤々と。林さんは
力を込めた。

 「”仇討ち”とは、個人的な復讐などではありません。”師と共に”
との心で、広布拡大に挑むこと。それが、関西の関西たるゆえんであり、
池田先生が教えてくださった精神です」。
大阪大会 4.PNG
栗原明子さん
 栗原明子さん(関西婦人部総主事)は当時、女子部部隊長を務めていた。

 ある日、いてもたってもいられず、警察署などを回った。すると、
偶然、署の前に一台のジープ型の車が止まった。その直後、先生の姿が
見えた。

 目が合った。「元気?」と先生から声が。「元気です!」と栗原さん。

 今から取り調べが待っているにもかかわらず、一人を大切にする、
いつもの「常勝将軍」の雄姿が、そこにはあった。

 「いついかなる時も、先生は変わらない。先生のお姿を拝見し、”権力
の魔性などに断じて負けてなるものか”と深く誓いました」

 もう一つ、栗原さんには忘れられないことがある。

 池田先生の逮捕以来、旧関西本部には、頻繁に戸田先生から電話が
かかってきた、ある時の電話の後、応対していた壮年が受話器を持った
まま、号泣する姿を、栗原さんは見かけた。

 壮年が涙したのは、戸田先生が「代われるものなら、わしが代わって
やりたい。あそこは入った者でないと分からないんだ」と語ったからで
ある。

 師の恩は山よりも高く、海よりも深い……どこまでも弟子を思う師の
慈愛を、栗原さんが深く知った瞬間だった。

 「大阪大会」には、場内で参加。終了後、池田先生は「一緒においで」
と栗原さんをはじめ、居合わせた友に声を掛けた。

 先生の後ろにつき、公会堂の階段を上がった。先生は窓を開けると、
場外の友に手を振った。

 沸き上がる歓声と拍手は、しばしの間、鳴りやまなかった。

「池田先生と関西の絆は、どのような障魔が競い起ころうとも、断ち切る
ことなどできない。そのことを確認した光景でした」

 「大阪大会」で、池田先生は師子吼した。

 ”最後は、信心しきったものが必ず勝つ”

 この宣言は今、人生を切り開き、人間革命の勝利劇をつづりゆく”
常勝の指針”として、関西の同志の心に受け継がれている。

 次回につづく 『聖教新聞 2017/07/17(月)』

創価学会の3代会長がいかに権力と戦ってきたのか、という
厳然たる事実の歴史です。
3代会長.PNG

動画・youtube
3代会長の権力との戦いと勝利の栄冠

 まとめ 
不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(1)
不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(2)


posted by mity504 at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大会・会合

不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(2)

峯山さん 1.PNG
大阪市中央公会堂の前で、関西婦人部の代表が
師弟共戦を誓って(4日)。池田先生は「常勝の母」
たちへの万感の思いを詠んでいる。「常勝の 
大関西の 婦人部に 幸福 燦たれ 諸仏も護れと」


  師弟こそ仏法の真髄なり

 不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(2)

「関西の友の真心を一生涯、忘れない」



 「大阪大会」の公判は、逮捕から4年半、84回に及んだ。この間、
池田先生は23回、法廷の場に立った。

 先生は裁判に出廷する前日、当日、翌日と可能な限り、関西の友
に会い、励ましを送り続けた。手づくりで、関西広布を一段と伸展さ
せていったのである。

57年10月18日の初公判の日の夜には、神戸で友を激励。翌19日には、
京都の宇治方面を訪れている。

 61年(同36年)9月22日の午前には、第二室戸台風で被災した西淀
川区に足を運んだ。午後からは大阪地裁で、先生自らが検事への
証人尋問に臨んだ。

 検察が起訴した刑事事件の有罪率は当時、「99%」を超えた。
起訴されてしまえば、無罪は”不可能”といえた。

 さらに、「大阪事件」を担当した弁護士は、「有罪は覚悟してほしい
」という弱腰だった。その中で、62年(同37年)1月25日、先生に
「無罪」判決が出たのである。
峯山さん 2.PNG
峯山益子さん
峯山益子さん(関西婦人部総主事)は、この日のことが忘れられない。

 高校卒業後、図書館で働き始めた。53年(同28年)12月、「常勝の
母」と慕われた矢追久子さん(故人)の勧めで信心を始めた。

 翌年、先生が矢追さんの家を訪問。そこで、師との初めての出会いを
刻んだ。

 図書館で勤務していることを伝えると、先生から「御書は持っている?
と聞かれた。この時、まだ持っていなかった。

 「その場で、先生は御書を学ぶ大切さを教えて下さいました」

以来、御書の研さんに励んだ。職場には、学会を嫌う人がいた。週刊誌
などに学会の批判記事が掲載されると、その雑誌が必ず机の上に
置かれていた。

「でも、全く気になりませんでした。”すべて御書の通りだ”って思って
いましたから。『大阪事件』が起こった時、信心が揺らがなかったのも、
御書を研さんしていたおかげです」

 61年、峯山さんは結婚。その直後、肋膜炎を患った。「自宅療養を
していましたが、先生が無罪を勝ち取られた日、母と一緒に旧関西本部
へ向かいました」

 無罪判決が出た後、先生は旧関西本部へ。「大法興隆所願成就」の
関西常住のご本尊の前に端座し、感謝の祈りをささげた。

 そして、その場にいた峯山さんの病気平癒を祈り、「大丈夫たよ」と
励ましを送った。

 「先生の慈愛は、今も心から離れることはありません。生涯、師恩に
報いる人生を歩んでいきます」

 裁判を勝利で終えた直後も、先生は「一人の励まし」に徹した。
広宣流布は、この「一人の励まし」から始まることを、関西の友に
改めて示したのである。

       ◇

 「大阪事件」の本質とは、何であったか。

 それは、飛躍的な発展を遂げている学会に対して、自分たちを脅かす
勢力になると恐れた権力による卑劣な弾圧であった。

 池田先生は、小説『新・人間革命』第5巻「獅子」の章でつづっている。

 「社会の主役、国家の主役は民衆です。その民衆を虐げ、苦しめ、
人権を踏みにじる魔性の権力とは、断固戦わなければならない。それが
学会の使命であると、私は宣言しておきます」

 民衆の側に立ち、正義の旗を掲げ続ける……。

 そのことを、先生が自らの身をもって示した「大阪事件」とその勝利。
不滅の「正義の原点」に刻まれた師の精神は、世界広布の明日を
照らし続ける。


   取材後記

 取材の折、栗原さん、峯山さん、林さんが、同じ言葉を口にした。
「関西を『常勝関西』にしてくださったのは、池田先生です」
「関西が『世界のカンサイ』になったのは、池田先生のおかげです」
「関西に『凱歌の夜明け』を告げてくださったのは、池田先生です」

 あふれ出る師への感謝。今も燃える師への誓願。こうした無数の
「関西の母」たちありて、
 池田先生は、関西婦人部をたたえている。

「どんな深い闇も、底抜けに明るい笑顔で打ち破ってくれる関西の
母たちこそ、世界第一の『常勝の太陽』なのである」

  おわり 『聖教新聞 2017/07/17(月)』

創価学会の3代会長がいかに権力と戦ってきたのか、という
厳然たる事実の歴史です。
3代会長.PNG

動画・youtube
3代会長の権力との戦いと勝利の栄冠

 まとめ 
不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(1)
不敗の原点「大阪大会」60周年記念特集(2)


posted by mity504 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大会・会合

信仰体験 新生の道 東日本大震災

石巻・鈴木さん.PNG
鈴木造船所の新工場に立つ鈴木さん。
最大で総重量499トンの船を受け入れられる


信仰体験 新生の道 東日本大震災

 石巻の造船所 不屈の火ともす

 【宮城県石巻市】大船を引くウインチのきしむ音が曇天に響く。
先月18日、鈴木造船所の新工場が稼働した。上架した第一船は、船長
40メートル船幅18メートル。
復興に休みなく働いた約100トン吊りの大型クレーン台船だ。
社長の鈴木千代正(60)=湊福光支部、副県長=は、この日を待ち
焦がれていた。

 鈴木造船所は、伊達政宗に招かれた船大工を先祖に持つ。1927年
(昭和2年)の創業。オイルショックや200カイリ漁業水域を背景に
、2度の倒産を経験した。

 夜通し練った再建計画を手に、債権者を回った。力を尽くして
説明したが納得してもらえず、顔を朱にして怒鳴られた。地面に額を
こすりつける思いで何度もわびた。

 鈴木さんは修羅場を耐え忍びながら、力を蓄えた。石巻の造船の
火を消すものか。鋼(たがね)の意志で、2006年(平成18年)に負債を
完済した。
まさにこれからという時だった。東日本大震災の津波で、造船所は
全滅した。
         ◇
 被災4ヶ月後に工場の一部を稼働させ、翌年には全設備を復興して
みせた。だが河口部の堤防建設の話が持ち上がり、移転を迫られた。
廃業も考えられる事態だったが、鈴木さんは迷わず移転を決断した。
津波に奪われた2人の従業員の顔が浮んだからだ。

 震災直後、線香をあげに行くと、遺された家族から聞かされた。
「会社のこれからが楽しみだって言っていた」。
遺影の前で正座したまま泣いた。

 石巻で立ち上がってこそ意味がある。己にそう言い聞かせたものの、
手探りの土地探しは難航した。巨額の資金調達にも不安が募る。
船が上架できない夢を見た。

ようやく喉を通った食事は、味がしない。しおれる心を、題目で
奮い立たせる日々だった。
          
 不屈の祈りは、「母がくれた1年」の上に脈打つ。病弱の母は入退院
を繰り返し、やがて意識が戻らず寝たきりになった。
当時25歳の鈴木さんは、母のためを思って信心を始めた。

小説『人間革命』で師弟の真髄を学び、題目の威力を自力でつかんだ。
母を見舞い、耳元で題目を毎週聞かせた。

 結婚前夜、「俺、幸せになっから」と、人工呼吸器につながれた母に
妻を紹介した。母は息子の成長を見届けるかのように、春夏秋冬を
経て鼓動を止めた。

 母がいれば、会社再建に汗する今の自分はどう見えるだろう。
鈴木さんは退路を断ち、題目をひたすらに積み上げた。
           ◇
 工場移転の重圧にあえいだ苦闘は、極限の中に宿る「師弟の底力」
を教えてくれた。

 池田先生は被災地の友を、「苦楽を分かち合う共選の同志」と呼んだ。
言葉の奥をすくい取ると、弟子の痛みをわが痛みに変えるという慈愛が
あった。

それが逆境の扉を開け放つ力になった。だから全身で叫んだ。
 負けてたまるか……。

 おととし、約2万1000平方メートルの県有地を見つけた。
「池田先生に応える一念に、諸天が感応してくれた」。国と市の補助金
を活用した。

 落成式はこの6月、約180人が集った。新工場は船台3基を新設し、
大型クレーンを構える。船長70メートル級の対応が可能になった。
鈴木さんは「水産の街・石巻の復興に少しでも貢献したい」と皆に
誓った。
           ◇
 自分一人ではたどり着けなかった再出発。「運の良さと偶然が味方
した。人だったり、政策だったり」。かつて怒鳴られた取引先も力を
貸してくれた。

福運のある人生を歩むことがどれほど大切か。「夫(そ)れ運きはまり
ぬれば兵法もいらず・果報つきぬれば所従もしたがはず」(御書1192
ページ)。入会した日に教わった一節をかみしめる。

 石巻の造船の火は不屈であり、強靭だ。高揚感が漂う中、鈴木さんは
気を引き締める。「これからです。創業90年の節目。大きな使命を感じる」

   おわり 『聖教新聞・2017/08/01(火)』


posted by mity504 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰体験
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<