聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

心が変われば日常が輝き出す。グローバルウオッチ・世界を見つめて

花木静香さん.PNG

 心が変われば日常が輝き出す。

 グローバルウオッチ・世界を見つめて
 若者と幸福


 現代社会の課題を見つめる「グローバルウオッチ・世界を見つめて
若者と幸福」。明治期、屯田兵として北海道を開拓した一族の4代目
に当たる女性がいる。祖父の父が酪農を始め、祖父は新たな牧場を求め
、さらに山奥へ。父もその後を継いだ。以前は”土地に縛られ、
一族に縛られている”と思っていたが、信仰の実践により彼女は
変わった。そこに、幸福を築くヒントがある。(記事=橋本良太)


 牧場の娘に生まれて 北海道・湧別町 花木 静香さん


 隣家までは2キロ、小学校までは5キロ。幼い頃は、友達よりも牛と
遊ぶことの方が多かった。快活な少女が笑わなくなったのは、中学時代
、いじめに遭ってからのことだ。

 靴を隠され、クラス全員から無視され、「ウザい」「キモい」と言葉の
暴力。苦しいが、家族には言えなかった。

 両親も、苦境に立たされていた。当時、業界の低迷から、酪農でも
大規模経営化が進む。花木一族も、酪農に携わる子孫が共同経営し、
牛舎を集中させることに。

一族の中でも年が若い父と母は、経営方針や人間関係で肩身の狭い
思いをしていた。

 いじめに耐え、中学を卒業した同じ頃、牧場での心労が重なった
母は心の病になった。泣き叫び、暴れることも。

 いじめられた故郷も、混乱する家も、大嫌いだった。高校3年の冬、
札幌の専門学校への進学を希望する。だが、家計がそれを許さなかった。
「すまない」

 父の謝罪の言葉に、「どうして……」としか言えず、あとは泣くのが
精いっぱい。2010年(平成22年)。卒業と同時に、一族の牧場で
働くこととなった。

 午前4時から、165頭の搾乳、清掃、餌やり……。冬場は氷点下20度
を下回る。牛に蹴られて体はあざだらけ。

指先もひび割れ、血だらけに。それ以上に衝撃だったのは、共に働く
親戚からの一言だ。
「花木の家の女に、進学した人なんて誰もいないよ」

 一族の生き方が、人生を縛る鎖のようで重たかった。

 働き始めて3年目、創価学会の女子部の先輩が訪ねてきた。何度も
通ってくれる先輩に、ある日、本音を打ち明けた。
「もう牧場で働きたくない」「家から離れたい」

 先輩は、じっと話を聞き、ゆっくりと語り始めた。
「私も昔、思っていた。”自分が輝く場所は他にあるんじゃないか”
って。分かるよ。苦しいよね。逃げたいよね」

 先輩は続けた。「生命力を付ければ、どこに居ても幸せになれる。
周りの人まで、幸せにしていけるんだよ」と。

その日から、朝晩の勤行・唱題を始めた。正直、”お題目で何が
変わるの?”と思った。だが、変わった。日に日に、牛に怒りを
感じなくなり、乳房の拭き方から牛への声の掛け方までが一変する。

 ”牛は、行動で気持ちを伝えるしかない。そのサインを見逃すな”
という、父の口癖の意味がわかった。いつしか父を尊敬するように
なった。

   ◇ ◇ ◇

花木静香 2.PNG
町内の牧場で。仕事の一環で酪農家を回ることも。

花木静香さん 3.PNG
今でも牛が大好きな花木さん。「抱きつきたくなるけど、
我慢してます(笑い)」

女子部の華陽姉妹と共に。「先輩が、かつて孤独だった
私を励ましてくれたように、今度は私が皆さんの
お役に立てるように頑張りたい」と花木さん
(左から3人目)

【湧別町の特徴】
オホーツク海に面し、道内最大の湖・サロマ湖を抱える。
湧別川流域の平地では畑作が、山あいや河口域は
乳牛飼育による酪農が盛ん。酪農は一時の大規模経営から、
最新の機械を導入した中・小規模単位の経営に移行して
いるが、最盛期に比べて酪農人口は減少している。

「花木さんの家族.PNG
家族だんらんのひととき。父は結婚を機に入会後、男子部
・壮年部で公布にまい進。叔母も二人三脚で歩む父母の
姿を見て、12年前に入会した。そして今、弟と妹も
学会活動に励む(左から叔母・ミエ子さん、母・奈緒美、
花木さん、妹の育美さん、父・寿美さん)


 牛が大好きになった頃、一族の会議で経営縮小が決まる。
父と共に牧場を辞めた。

 もう人生を縛るものはない。だが、故郷に残った。16年春、父と共に
JAに再就職する。牛に関わり続けたいと考え、何より”母との絆を
取り戻したい”と願うようになっていた。

 母の病状は思わしくなかった。意思疎通ができず、感情を物に
ぶっけたり、一時的に行方不明になったことも。同年6月、入院が決定し
、父と妹が付き添って行った。妹から電話があったのは、入院した日の
夜のことだ。

 「お姉ちゃん、お母さんのかぱんからね……」〈花木静香〉〈花木翼〉
〈花木育美〉……妹が見つけたのは、母が作っていた、
子どもたち名義の預金通帳だった。

「お母さん、病気で苦しんでいる中で、私たちのこと、ずっと思って
くれていたんだね」。妹の声は涙で震えていた。

 信心を一人たもって、花木の家に嫁いできた母だった。一族の
しがらみに苦労したことは、大人になった今なら、いくらかは分かる。
”ありがとう、お母さん”

 本年、母は病状が回復し、自宅へ。十数年ぶりに、家族だんらんが
戻ってきた。

 「何げない日常が、とても楽しい」と思う。職場の事務仕事、同僚との
お茶会、外回りで触れ合う牛の吐息、そして母の笑顔……。

 ”女子部は一人ももれなく幸福に”と励ましを送り続けてきた池田先生
は、こう綴っている。「幸福とは、外にあるのではない。私たちの心の
なかにある。それを教えているのが仏法です」

 だから今、目に映る全てが輝いている。


はなき・しずか 高校卒業後、家族が親戚と共同経営していた
牧場に就職。6年間働き、その後、地域のJAに再就職。
「昨日できなかったことが、今日できるようになったら、どんな
身近なことでも、それが人間革命なんだよ」……かつての先輩の
励ましが、今も胸に響く。現在は畜産課で事務や経営の仕事を担う
とともに、酪農家のサポートを。上湧別支部、女子部本部長。

北海道の冬.PNG
サンピラー(太陽柱)。日の出や日の入りの際、太陽光
が大気中の氷の結晶に反射し、垂直方向に伸びて見える
珍しい自然現象



ブラボーわが人生・第40回 105歳 連勝記録更新中

チヨさん 105歳 1912年.PNG

ブラボーわが人生・第40回 105歳 連勝記録更新中

「幸せすぎて申し訳ありません」



 【東京都品川区】一見、そのつぶらな瞳は、穏やかな色をたたえている。
だが近くで見つめると、心の底まで射抜かれるようなすごみがある。

新宅チヨさん(105)=戸越公園支部、地区副婦人部長=の使う言葉は、
言い知れぬ苦労ゆえか、きれいで慈悲の心がのぞく。
話すと止まらない補聴器なしの取材。放たれる言葉には、胸の奥に
突き刺さるものがある。


 第40回 105歳 連勝記録更新中

 ■朝起きて
 朝起きますと感謝しかありません。
「御本尊様、今日も目が覚めました。ありがとうございます」。
ベッドから下りて、身支度をしまして、お題目をあげさせていただきます。
大正元年(1912年)の生まれです。
一日一日の奇跡に感謝しております。

 ■清潔であれば
 家族にしゃべり過ぎだって言われます。だけど、語る力も御本尊様に
いただいているからですもの。孫がくれた花束もはっきりと見えます。
あまりに鮮やかなので、造花かなと思って触ったら、本当の花でした。

幸せを確かめる目も、御本尊様からいただきました。
もう何もいりません。物もお金もいらないんです。心と体が清潔であれば
いいと思います。

 ■デイサービス1年生
 この7月からデイサービスに通っております。皆さん本当によくして
くださるんですよ。105歳の誕生会もしてくれました。行くとこ行くとこ、
いい人ばっかり。皆さんが諸天善神に見えますよ。
お友達がいっぱいできたから、いつか信心の話ができればいいな。

 ■息子よ
 よく息子にあきれられます。年寄りは同じことを何回も言いますからね。
「それ、さっきも言ったぞ」。そんな時は、空がなぐさめてくれます。

 昔、よく息子と手をつないで歩きました。「おかあちゃん、おそらが
きれいだね」。優しい目で見上げてきた日が懐かしいです。息子は
70歳を過ぎたけど、かわいい時もあったんです。
それを思い出して、息子に心で言ってあげるの。あなたも今に
こうなるわよ。

 ■わが師
 池田先生のこと……言葉では語り尽くせません。わたしの全てです。
班長。班担当員(当時)の記念撮影をしてくださいました。
写真を見ましても、自分の顔が分からないんです。だけど、あの日の
ドキドキだけは覚えています。

 亡くなった夫は「池田先生は、世界に二人とないお方だよ」と
言いました。先生と奥さまは世界の希望です。いつまでも健康で長生き
なさってくださるよう、祈ります。

 ■青年部に
 池田先生の教えをちゃんと守って、後継者になってください。
私たちは戦争で苦労しましたから。信心する上で大事なことは、
感謝の気持ちです。皆さんを尊敬しています。ありがとうございます。

新聞を読む.PNG
「聖教新聞で毎日、池田先生とお会いしております」
……チヨさんの師弟の距離はこれほど近い



 ■連勝記録更新中
 池田先生のことを知っていただくには、聖教新聞を読んでもらうしか
ないと思います。新聞を読めば、創価学会が何を目指しているのか、
分ります。

 生きています限り、購読の推進は続けます。役目ですから。でも毎月、
息子の家に行っては、「今月できないけど、どうしょ。どうしょ」。
そう言って、ご近所をもう一回りしてきます。

 わたくしがどこへ行っても、御本尊様がちゃんと見ててくださるん
ですね。だって、新聞とってくれる人が必ず現れるんですから。
(チヨさんは本誌の購読推進を十数年間、毎月続けている)

 ■座談会
 皆さんを座談会にお誘いするのは、創価学会はこういう楽しいところ
ですよって分かってもらいたいからです。勇気はちょっといりますけど、
「グラフSGI」を一緒に見たりして、お誘いします。今月もご近所の方が
参加してくださいました。

 ■一番の幸せ
 人生で一番の幸せですか
105年ほど生きておりますが、結局のところ、折伏できた喜びに勝るものは
なかったように思います。

 みんな折伏できるのに、自分だけできなかった時がありました。
そんな時は、もう涙が出るんですね。悔しいのか、情けないのか自分でも
分かりません。「池田先生、どうすれば折伏できるか、教えてください」
って題目あげました。
もったいない言い方ですが、御本尊様が電話になって、池田先生と
お話させてくれた気がします。
やつと折伏できた時、うれしくてまた泣きました。

 ■平和よ続け
 今は平和で、ありがたいです。子どもたち、孫たちがいつまでも幸せに
暮らせればと願っています。戦中戦後、自分でもよく生きたなあと思うほど
でした。食べ物もありませんし、世の中に色がなかった気がします。

 だけど今は、食べきれないほど食べ物がある。朝はパンとシーズ。
果物をたくさん食べます。昼は栄養のバランスを考えて、麺類に野菜を
添えます。夜は嫁が作るおいしい手料理を。

こんなありがたい世の中が、ずっと続いてほしい。ですから何としても、
世界平和を願っている創価学会が広宣流布されるよう、祈っております。

 ■かなうんです
 今、はっきり言えます。お題目をあげれば、願いは絶対にかないます。
かなうんです。「日蓮がたましひをすみにそめながして・かきて候ぞ
信じさせ給え」(御書1124ページ)。経王殿御返事ですか。
御本尊様は本当にありがたいです。この素晴らしい信心を教えてくださった
大工さんに、感謝しております。

 皆さんに助けられて、ここまで生きることができました。ありがとう
ございます。こんなにしゃべって、ほんとすいません。記事にしないで
くださいね。ああ、はずかしい。

手押し車で買い物.PNG
手押し車でお買い物

 

 取材中、チヨさんは「岸壁の母」を歌ってくれた。セリフもすらすら
出てくる。母を思うという。古里・島根県は隠岐の島の母を。

 国鉄(現・JR)で働く夫との結婚は、母が決めたものだった。縁談を
断れば母が困る。だから受けた。でも心がついていかず、結婚式の朝まで
部屋の隅で泣いた。
 夫は働き者で素直な心を持っていた。夫婦で信心を始める。
自宅を広布の会場に提供し、友の激励に走った。若き日に看護学校に
通っていたチヨさんは助産師の免許を取り、助産師の看板を掲げた。
「御本尊様にお預かりしたお産」。60歳まで生命の誕生に立ち会った。

 師弟に生きた夫と妻。1973年(昭和48年)11月、池田先生を迎えた
品川区幹部総会には、一番いい着物で参加した。「今考えますと、親の
言うことを聞いてよかったと思います」。
歌を歌えば思い出す。チヨさんが島を出る日、港に一人立ち、船が見え
なくなるまで手を振ってくれた母の姿を。

 取材の帰り、握手を求めた。その手を千代さんは両手で包み、額を
つけてくれた。手に伝わるぬくもりだけで、寒い冬を越せそうだ。(天)


 【聖教新聞・2017年/12月28日(木)】


posted by mity504 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラボーわが人生

第30回 本幹・メキシコに広がる創価の平和哲学

マリアさん.PNG

 世界広布新時代 第30回 本部幹部会から

 メキシコに広がる創価の平和哲学

 活動体験
メキシコ創価学会
 マリア・エウヘニア・ロハス婦人部長

 一、幼い頃に母と死別した寂しさから、私は、いつも心に不安や
不満を抱えていました。17歳のある日、「この言葉を唱えたら
気持ちが落ち着くよ」と、1枚のカードを渡してくれた婦人がいました。
そこには”ナンミョウホウレンゲキョウ”と書いてありました。

 この不思議な言葉の意味を聞こうと数日後、仏教の会合に参加する
ことにしました。

 教えてもらった住所を訪ね、建物の階段を上がっていくと、その
不思議な言葉を皆で何度も唱えている声が聞こえました。私はなんだか
怖くなり、そのまま帰ろうと階段を後ずさりしました。

しかしその時、後ろから婦人と、その娘さんたちが元気に階段を上がって
きてしまいました(笑い)。

「会合に来たの?」と聞かれたので思わず、「違います。見に来ただけ
です」と答えました。しかし、子どもたちに「どうぞ入って」と背中を
押され、そのまま会合に参加することになりました。温かな参加者と
すぐに打ち解け、初めて題目を唱えた後は、とても晴れやかな気持ちに
なりました。

 それから3ヶ月後には、御本尊を受持することができました。
明るく変わっていく私の姿を見て、家族や親戚、職場の同僚などが
次々と入会しました。


 一、1981年、池田先生がメキシコを訪問してくださることを聞いた
時は、あまりの感動で、気が付けば職場でも、常に先生の素晴らしさを
語っていました。

 先生が空港に到着された日、職場のほぼ全員が歓迎に駆け付けてくれ
ました。この時の先生との出会いが原点となり、生涯、広宣流布に
生き抜こうと、心から決意する事ができました。

 日本でのSGI研修会にも、毎年のように参加しました。そのたびに、
数ヶ月でいいから日本で暮らして、先生のもとで師弟を学びたいとの
思いが募りました。

 89年の研修会からの帰国後、採用希望の書類を提出していた外務省から
連絡がありました。なんと、1年契約で東京のメキシコ大使館への赴任が
決まったと告げられたのです。

 来日後は入省試験にも合格し、正式に外交官になることができました。
「使命の分野で第1人者に」との先生のご指導を胸に、ますます誠実に
仕事に取り組みました。

 頑張りすぎたのか、そろそろメキシコに帰国したいと思っても帰らせて
もらえなくなり(笑い、拍手)、結局13年、日本で働くことになりました。
千代田区の新世紀地区の皆さんと共に活動した思い出は、生涯の宝に
なっています。

滞在中に、2人の友人に弘教を実らせることもできました(拍手)。

 その後、アメリカ、再び日本への赴任を経て、2012年にメキシコに帰国。
以来、メキシコ広布に全てを懸けて奮闘しています。



メキシコ広布.PNG

 一、昨年7月、メキシコにとっても、大変に重要なニュースが飛び込んで
きました。国連での「核兵器禁止条約」の採択です。世界に先駆け、
ラテンアメリカの各国で核兵器の使用・製造・取得などを禁止した「トラテ
ロルコ条約」の調印から、昨年はちょうど50年目でした。

 原田会長がメキシコを訪問中の8月25日、条約調印の舞台となったメキシ
コ市トラテロルコ地区にある、わが国の歴史にとって大変に意義深い
「三文化広場」で、「核兵器なき世界への連帯」展が開催されました。

 この展示は、SGIがノーベル平和賞を受賞した国際NGO「ICAN(核兵器廃絶
国際キャンペーン)」の協力のもとに制作し、共催団体にはメキシコ外務省
、トラテロルコ条約の実施機構であるOPANAL(ラテンアメリカ及びカリブ
地域核兵器禁止条約機構)も名を連ねました。

OPANALと私たちは「核兵器は絶対悪」という理念を共有し、長年にわたって
信頼を深めてきました。

 この展示の開催に合わせ、三文化広場には記念の銘板が設置されました。
銘文には、条約調印50周年と共に、
戸田先生の原水爆禁止宣言60周年記念と刻まれました。


 戸田先生が生前、世界広布を夢見られたメキシコに、青年への第一の
遺訓とされた核兵器廃絶の先見を永遠に顕彰するモニュメントができた
……
私たちにとって、これ以上の誇りはありません。

 OPANALのソアレス事務局長は「信頼してくださっている池田SGI会長の
期待に応えられるよう、われわれは活動を推進していきます」と
力強く語っていました。

 同じ日、原田会長は外務省を表敬訪問し、カバニャス外務副大臣と
会見しましたが、副大臣は、かつて駐日大使を務めた私の上司です。

 会見では「皆さん方が推進している平和運動や対話運動は、大変に
素晴らしい。心から尊敬しています」と語っていました。
いい上司を持ったと心から感謝しました。

 さらに、創価の師弟の平和哲学をメキシコ中に広げていけるよう、
ますます語りに語っていく決意です。

 メキシコは「11・18」を記念し、青年部5000人を結集する文化祭を
開催します。各部の団結で拡大に勝利し、必ずやメキシコから栄光の
新時代を開いていきます(拍手)。

 【聖教新聞 2018(平成30年)1月16日(火)】

posted by mity504 at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本部幹部会

九州・沖縄旅行

沖縄旅行.PNG

 動画
沖縄美ら海水族館
沖縄の海中道路をドローンで撮影
ガンガラーの谷 公式PV

沖縄県人気スポットランキング

1,沖縄美ら海水族館
2,海中道路
3,ガンガラーの谷
4,琉球村
5,国際通り


九州・沖縄旅行









posted by mity504 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州・沖縄旅行
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<