映画"ドローン戦争"の過酷な現実 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

映画"ドローン戦争"の過酷な現実

doro-n.png

現代の日本でドローンは空撮に使われるのが
主であるが、ドローンは撮影だけでなく、
使う用途はいろいろあります。

善行にも悪行にも利用できる。

映画"ドローン戦争"の過酷な現実


この映画「ドローン戦争」は、遠隔操作で空爆を行う
現代戦争の実態と、アメリカ国内からの
ドローン操縦士の異常な日常生活が描かれている。


GIGAZINEIT技術の向上でリアルタイムで偵察映像を
送受信でき、地上から操縦したり完全自動操縦ができる。

ドローンのパイロットも身は安全とは言え、
現実に敵を殺害したり、破壊しているから

日常の生活とドローン操縦攻撃との
落差が大きく精神的に大きな被害を受けている。

苦悩するドローン操縦士の日常。


ドローンは無人戦闘機として積極的に使用され、
敵国の偵察やテロリストの暗殺にも使用される、と言う。

正確無比で無慈悲な攻撃能力は現代の戦争に
欠かせない兵器となっている。

ドローンが最も活躍しているのは戦場である。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165555829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<