公明は豊富な実績を語り抜け 2016/07/07 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

公明は豊富な実績を語り抜け 2016/07/07

東日本大震災.PNG


公明は豊富な実績を語り抜け

選挙目当てな野合


竹岡 日本社会における公明党の重要性を、
各界の識者が称賛しています。
一方で、消費税などの基本政策の違いを棚上げにして、
選挙目当てに連携する民進党と共産党などの各党は、
無責任極まわりない”野合”と批判されています。

清水 両党は経済政策についても、与党批判ばかりで、
有効な対策がなく、こうした政党に、日本経済の
かじ取りを委ねれば、「混乱と停滞」を招くと指摘されます。

竹岡 防衛費を「人を殺す予算」と発言し、党役職を辞任した
共産党の最高幹部もいました。こんな政党にも、この政党と
共闘する政党にも、国民の安全と生活を任せられません。

原田 私たちが支援する公明党には、景気・経済、子育て・教育、
震災対策など、国民に誇れる豊富な実績があります。

清水 奨学金の拡充や、就職環境の改善、携帯電話を安く便利にした
公明党は、「若者の味方」です。

竹岡 公明党の主張によって、返さなくてもいい給付型奨学金の
創設も、現実味を帯びてきました。

永石 さらに、児童手当の拡大、幼児教育の無償化、妊婦・出産の
サポートなど、「子育て家庭」も強力に支援しています。

原田 育児休業給付金の引き上げ、女性管理職の割合を増やす
法律の施行など、「女性の活躍」の後押しもしています。

長谷川 白内障手術の保険適用、低所得者への給付金、
バイアフリーの拡大など、「高齢者に優しい社会」の建設にも
全力を挙げています。

原田 「希望」を地方や中小企業、個人や家計に行き渡らせるため、
年金の受給資格の条件緩和も検討しています。
今まで25年だったものを、10年以上払った方は、
年金が受給できるように提案しているのです。

永石 昨年、全国では発売され、大好評だったプレミアム付き
商品券のさらなる推進も訴えています。

原田 国民のために、真剣に汗を流しているのは誰なのか。
公明党は、その実績を大いに語り、今回の選挙戦、
絶対に勝ち抜いてもらいたい。

       (2016/07/07・聖教新聞)

トップページヘ

posted by mity504 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175990762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<