信仰体験 あと一歩の挑戦が勝利を開く(1)ひらめき - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

信仰体験 あと一歩の挑戦が勝利を開く(1)ひらめき

信仰体験 あと一歩の挑戦が勝利を開く
1平田さん .PNG

80歳の凄腕技師

さいたま市桜区 真夏を思わせる6月のある日。
平田誠之さん(80)=白鍬支部、副本部長=
が勤務する(株)アクティブでは、高速道路の補修工事で使用する
「完全無水ワイヤーソー」の組み立てを行っていた。
若手社員が、ワイヤーをセットし、電源を入れる。

その動作を確認しながら、目を輝かせる平田さん。
「やっぱり新品は軽快で、音がいいね」。機械をなでる姿から、
自身の開発した製品への誇りがあふれる。信仰と出会い、
”もう一歩、あと一歩”と挑戦に次ぐ挑戦の歩みを繰り返してきた。

ひらめき

高速道路や線路の橋脚の補修工事で、鉄筋コンクリートの
構造物を切断する。その際、使用されるのが、ダイヤモンドチップ
が埋め込まれたワイヤーを高速回転させる機械。

従来は、ワイヤーソーの摩擦熱を冷却し、飛散する粉塵を
抑えるために、水をかけることが一般的だった。

だが、2008年(平成20年)に、平田さんが開発した
「完全無水ワイヤーソー」が、業界に改革をもたらした。
水を使用しないことで、汚泥の処理作業を不要にし、
工期の短縮を実現。発注元の工事費削減にもつながった。

「業界の常識では、水を使わないでコンクリを切るなんて不可能。
ワイヤーメーカーと何度も打ち合わせをして、試行錯誤の繰り返し。
何よりも、現場で働く職人の声に耳を傾け続けました」


開発までに要した期間は10年。無水が実現したことにより、
電気系統のトラブルが命取りになる鉄道施設や、水処理が
困難とされてきた室内の現場でも、安全かつ迅速に工事を
行えるようになった。

「私の場合、発明というのは、考えて考えて、四六時中考え抜いて、
それでも思いつくことは、ほとんどない。ひらめく瞬間は
題目を唱えている時です」

常に自分に言い聞かせてきたのは、「湿(しめ)れる木より火を
出(い)だし乾(かわ)ける土より水を儲(もう)けんが如く
強盛に申すなり」(1132ページ)との御書の一節。

「この御文が、どれほど真剣に祈れるかという姿勢を教えて
下さっているかと思うと、”まだまだ”と身が引き締まる思いです」

第2回へつづく (聖教新聞)

まとめ
信仰体験 あと一歩の挑戦が勝利を開く(1)
信仰体験 あと一歩の挑戦が勝利を開く(2)
信仰体験 あと一歩の挑戦が勝利を開く(3)

トップページヘ

posted by mity504 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築・土木 製品開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176091111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<