「核兵器なき世界への連帯」展 ノルウェーの名門ベルゲン大学で開催 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

「核兵器なき世界への連帯」展 ノルウェーの名門ベルゲン大学で開催

核兵器なき世界.PNG

ノルウェーの名門ベルゲン大学で開催

「核兵器なき世界への連帯」展

北欧から平和求める民衆の声を


【ベルゲン8月30日】北欧ノルウェーの名門ベルゲン大学で8月29日
(現地時間)、「核兵器なき世界への連帯 勇気と希望の選択」
展が開幕した。SGI(創価学会インタナショナル)ICAN
(核兵器廃絶国際キャンペーン)の協力を得て制作したもの。
同国内での開催は、首都オスロ(2013年)に続き、2会場目。
開幕式は30日、ベンゲル市の同大学の展示会場で開かれ、
ノルウェー平和協会のアレクサンダーハラン会長ら来賓が出席した。
ベルゲン大学での同展は、あす2日まで行われる。
(記事・写真=巴大輔)


ノルウェーの教育機関の始業は8月。ベルゲン大学のキャンパスは、
新学期のオリエンテーションに参加する学生たちの活気にあふれていた。
あなたにとって”平和な社会”とは?

道行く学生に尋ねてみると、間髪を入れず意見が返ってきた。
考えは多様だ。「互いの差異を認め合うこと」「世界中に友人をつくること」
「戦争の脅威がなく、皆が笑顔に満ちた社会のこと」、、、、

今夏入学した、環境分野を専攻する男子学生はこう語った。
「ノルウェーの誇りの一つは、ノーベル平和賞の授賞式が行われること。
幼いころから、学校で人権問題や平和について学び、ごく自然に
友人と語り合ってきました」

(聖教新聞)

トップページヘ


posted by mity504 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創価学会・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176702692

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<