地域医療に貢献したい 健康維持の意識啓発に全力(2) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

地域医療に貢献したい 健康維持の意識啓発に全力(2)

ペルー 2.PNG
 右から母・ドラさん、ビバンコさん、甥・ビセンソさん、
長姉・シャロンさん、父・アンヘルさん、三姉・ドラさん


世界の体験プラザ
地域医療に貢献したい 健康維持の意識啓発に全力(2)

25の診療所の管理責任者
ペルーSGIフェリシタ・ビバンコさん

「師弟の絆」に生き抜く


そして、ついに会社は危機を脱し、経営を好転させることが
できたのです。上司からその一報を聞いたご日、私は帰宅するや
御本尊の前に座り、感謝の唱題をしました。

昨年、南米各国にメンバーと一緒に、ブラジルSGIの教学研修会に
参加する機会がありました。そこで私はあらためて、
「師弟の精神」を学ぶことができたと思います。

ブラジルSGIの同志の一人一人が、池田先生との「師弟の絆」
を育んでいました。皆の心の中には、いつも池田先生がいるのです。
歓喜の信心で仏法を語り、師弟の夢を実現しようと
生きている姿に接して、心から感動を覚えました。

自分はペルーSGIの一員として、池田先生の弟子として、
どうすれば仏法の人間主義をペルー社会に実現していけるのか。
今いる職場で、どのように責任を果たし、貢献していけばよいのか。
それを常に自分自身に問いかけるようになりました。

医療従事者として心に刻んでいる御書の一節は「此の曼荼羅能く
能く信じさせ給うべし、南無妙法蓮華経は獅子吼の如し・
いかなる病さわりをなすべきや」(御書1124ページ)です。

わが家では、カヤオ市に広布の会場となる個人会館を建てようと
、家族全員で決意しています。女子部副本部長として、
どこまでも池田先生と共に、ペルーの平和と繁栄のため、
広宣流布に人生をささげてまいります。

  おわり  (聖教新聞)

 まとめ
地域医療に貢献したい 健康維持の意識啓発に全力(1)
地域医療に貢献したい 健康維持の意識啓発に全力(2)

トップページヘ


posted by mity504 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176727955

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<