インドに広がる地涌の連帯 信心で悩みを越え和楽の一家に(1) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

インドに広がる地涌の連帯 信心で悩みを越え和楽の一家に(1)

あなみか 1.PNG
本人アナミカ・グブタ女子部長

あなみか 2.PNG
人間主義の哲理を朗らかに語り広げるインド女子部の友


世界広布新時代 第19回 本部幹部会 SGI青年部総会から(要旨)

 インドに広がる地涌の連帯 信心で悩みを越え和楽の一家に(1)

インド創価学会 アナミカ・グブタ女子部長

一、私はインドの首都ニューデリーで、厳格で教育熱心な父のもと、
3人きょうだいの長女として生まれました。
大学では商学を専攻。就職後も、さらに別の大学で法律を学び、
弁護士資格を取得しました。

その後は、世界的に有名な多国籍企業の法務部門に勤務しました。
世間的には順風満帆に見える暮らしでしたが、さまざまな悩みに
直面していました。

家族思いだった父が脳梗塞で倒れ、左半身には、まひが残りました。
父は思うように動けないいら立ちを母にぶつけるようになり、
わが家には常に暗い空気が立ち込めていました。

”人間にとって本当の幸せとは何か”
 私は、いつも思いふけるようになりました。そんな私を変えたのが
仏法との出会いです。2003年、仕事の関係で転居したムンバイで
友人の誘いを受け、初めて学会の座談会に参加しました。

皆の幸せいっぱいの笑顔を見て、直感しました。
ここに私が求めていた本物の幸せがある、と。私はその場で入会を
決意し、SGIの一員になることができました。

学会活動に取り組む中で、私の直感は確信に変わりました。
家族に感動をありのままに伝えると、父やきょうだいも次々に入会しました。
やがて父は元気を取り戻して、組織ではブロック長を務めるまでに。
妹はニューデリーの女子部で活躍。

現在は結婚して、アメリカで地区婦人部長として元気に活動しています。
弟も男子部員として奮闘しています。私が初めてリーダーを務めたブロック
も、女子部員が7人から40人に拡大。地区へと発展させることができました。
(拍手)


師弟の誓い胸に常勝の天地築く

一、自身の使命を、さらに深く自覚したのは、6年前のSGI青年研修会で
訪日した時です。この研修会で私たちは、大阪・中之島にある中央公会堂
を訪れることができました。

1957年の大阪事件の際、池田先生が”最後は信心しきった者が必ず勝つ”
と師子吼され、権力との壮絶な闘争を開始された公会堂で、弁護士として
生涯、学会と師弟を守り抜くこと、必ずやインドを”世界広布のカンサイ”
にすることを深く心に誓いました。

さらに昨年、参加したSGI青年研修会では、生涯の原点を築くことが
できました。9月4日、池田先生が世界中から集った青年部員を総本部で
直接、激励してくださったのです。

”先生、私は、この生涯を広宣流布のためにささげます。必ずやインドに
常勝の天地を築きます”あふれる涙とともに、こう心の中で叫びました。
インドではこの時、学会創立85周年の「11・18」を圧倒的な拡大で
荘厳しょうと10万のスクラム拡大を目指して前進していました。

帰国後は、この取り組みに、さらに拍車が掛かりました。
メンバーと共に何度も小説『人間革命』第10巻を学び合い、勇んで
拡大に挑戦。

目標だった10万をはるかに超え、「11・18」当日に、11万1111人の
陣列を築くことができたのです。(拍手)。

 (2)につづく (聖教新聞)

まとめ
インドに広がる地涌の連帯 信心で悩みを越え和楽の一家に(1)
インドに広がる地涌の連帯 信心で悩みを越え和楽の一家に(2)

トップページヘ


posted by mity504 at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176874792

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<