世界の体験プラザ、最高の価値を発揮し人に尽くせる道を(3) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

世界の体験プラザ、最高の価値を発揮し人に尽くせる道を(3)

3林さん .PNG
昨年、電機工程学会「優秀青年電機技術者賞」を受賞した林さん


世界の体験プラザ
最高の価値を発揮し人に尽くせる道を(3)
システム生物学と無線通信の2分野を研究

台湾SGI 林澤(リンザー)さん
名門・清華大学の電機情報学部准教授

国際学術誌に年5本の論文

「信心は一人前、研究は3人前」を心掛け、猛然と取り組むと、指導教授との
関係は改善。博士課程修了前には、世界トップクラスの半導体メーカー
「テキサス・インスツルメンツ」から好待遇で誘いを受け、応募していた清華
大学からも高評価で採用通知が届いた。

収入差は約3倍。進路に迷った時、よみがえってきたのが以前の経験だった。
自分が最高の価値を発揮し、人に尽くせるのはどちらか、、、。
収入より台湾の教育界に貢献したいと、帰国への心が決まった。

「ところが間もなく、リーマン・ショックに襲われました。もしアメリカに
残っていたら、間違いなく危機に直面していたでしょう。
この信心が羅針盤なのだと、あらためて実感しました」

08年から清華大学に奉職。学生の評価も高く、研究成果も上々。
ところが、6年以内に准教授に昇格しないと失職という条件が重くのしかかる。
国際的な学術機関誌への論文掲載という基準が満たせず、14年夏の期限が
迫っていた。

「その前年も、台湾SGI青年部長の任を受け、死に物狂いの努力を
したのですが、、、。」。林さんの対話で、11年の結婚を機に入会したばかりの
妻も一緒に祈ってくれたが、クリアできず。

失意の中、13年9月、日本でのSGI青年研修会に参加。
その最終日、SGI会長から「皆さんの勝利を待っています」との伝言で、
ぱっと心が晴れたという。

研究、SGIの活動、一家和楽、全てを実現しょうと奮闘した結果、1年間で
5本の論文が国際学術誌に掲載された。評価会も最高評価で合格し、14年8月、
晴れて准教授に昇格した。

11月には、ゲノム情報ワークショップ(GIW)国際染色体植物学会(ISCB)
アジア会議の「最優秀論文賞」を、15年12月には電機工程学会
「優秀青年電機技術者賞」を受賞した。

今、林さんの研究室では、全ての修士課程の学生に卒業までに1本、
国際学術誌への論文掲載を課している。

「マラソンのコーチのように、ゴールまで学生と並走し、そのつらさと
喜びを、経験を通じて伝えていきたい。それが私の使命です」

 おわり (聖教新聞2016/08/22)

 まとめ
世界の体験プラザ、最高の価値を発揮し人に尽くせる道を(1)
世界の体験プラザ、最高の価値を発揮し人に尽くせる道を(2)
世界の体験プラザ、最高の価値を発揮し人に尽くせる道を(3)

トップページヘ


posted by mity504 at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177020409

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<