声、不登校の息子が信心の実証を示し(聖教新聞) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

声、不登校の息子が信心の実証を示し(聖教新聞)

不登校児.PNG


不登校の息子が信心の実証を示し

 堺市南区 前田真理子(主婦 62歳)

私の息子は中学2年のころから不登校になりました。
十分な睡眠や食事を取ることもできず、4年間、悩み苦しむ日々が。
私は御本尊に祈り、学会活動をするしかありません。

それでも、地区や支部の先輩や同志から、「大丈夫よ。
『冬は必ず春となる』(御書1253ページ)のだから」
と励ましていただきました。

何度も激励を受けて私は、”どんなことがあっても、
必ず大勝利してみせる”と固く決意。

誓いを込めた手紙を地域の方や師匠に送り、真剣に祈りました。
男子部の方が熱心に家庭訪問を重ねてくださるうちに、息子は
少しずつ元気を取り戻し、信心にも前向きになりました。

地域でアルバイトを始めて、通信制の高校を卒業。大手通信会社の
正社員として就職を勝ち取ることができたのです。
さらに、社内で成績も上げ、表彰されるまでになりました。

この8月21日、息子は結婚式を挙げました。これまで祈り、
支えてくださった皆さんが出席。これ以上ない、明るく素晴らしい
式になりました。まさに、祈り続けてきた大勝利の姿を、
地域の皆さんにご報告することができたのです。

今回の婦人部総会では、4人の友人を迎え、信心の実証を
語ることができました。これからも、地域広布に一段と励み、
同志の皆さんの恩に応えていきたいと思います。

  (聖教新聞、声 2016/09/30)

トップページヘ


posted by mity504 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰体験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177086136

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<