韓国SGIの核兵器廃絶運動に共感、広島での被爆者が多く住む地 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

韓国SGIの核兵器廃絶運動に共感、広島での被爆者が多く住む地

1勧告sgi .PNG
写真上、慶尚南道ハプチョン群の「名誉群民証」が河群守(右から5人目)
から託された(ハプチョン群内で)
写真下、授与式には、人間主義の哲学を胸に地域のために尽力する、
慶南第2方面の400人の友が祝福に駆け付けた(同)


韓国ちず.PNG


SGIの核兵器廃絶運動に共感

広島での被爆者が多く住む地

韓国・慶尚南道ハプチョン群から
池田SGI会長に名誉群民証


韓国・慶尚南道ハプチョン群から池田SGI(創価学会インタ
ナショナル)会長に「名誉群民証」が贈られた。
世界平和と地域社会の発展への多大な尽力をたたえるもの。
授与式は10月14はハプチョン群内で行われ、ハアチャンファン
群守をはじめ多くの来賓が出席。
韓国SGIの慶南第2方面の同志が祝福した。


慶尚南道の西北部に位置するハプチョン群。北には国立公園に
指定されている名山・カヤ山がそびえ、南には洛東江の支流
である黄江が大地を潤す。

古来、鉄を生産・加工する主要な産業地帯として栄えてきた。
世界文化遺産の「八万大蔵経の収められたカヤ海印寺」
が立つ地としても知られており、文化と自然豊かな憧れの天地である。

また、かつて同郡から多くの人が広島に渡っており、この地には
原爆の被害を受けて、戦後に帰郷した被爆者が多く住んでいる。
SGIの友は、韓国原爆被害者協会のハプチョン支部が主催する
慰霊式典の支援や、SGIの展示会の開催など、平和の心を地域社会に
広げようと取り組んできた。

こうした地道な活動に共感が広がり、今回の名誉群民証の授与に
結実したのである。

晴れの授与式では、婦人部の代表が「ハプチョン群歌」などを
爽やかに合唱。河群守から韓国sgi金インス理事長に「名誉群民証」
が託されると、会場に拍手が高鳴った。

穏やかな笑顔を浮かべ、河群守は祝辞を述べた。「池田SGI会長が
世界平和と学術・文化・芸術交流に尽力されていることを、SGIの
皆さんの献身的な社会貢献の姿を通して知り、深く感銘を受けました。
名誉群民証をSGI会長にお贈りすることは、私どもにとって最高の栄誉です」

授与式に出席した韓国原爆被害者協会ハプチョン支部長の沈鎮泰氏は
「SGI会長のリーダーシップのもと、SGIが核兵器廃絶運動を世界中で
展開していることに深く感謝します。これからもSGIと手を携え、
核兵器なき世界を目指していきたい」と語った。

 (聖教新聞、2016/10/22)

トップページヘ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177401036

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<