世界の体験プラザ ノーベル賞教授のもとで『認知症』を研究(2) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

世界の体験プラザ ノーベル賞教授のもとで『認知症』を研究(2)

黄 郁文(ファン ユーウェン)さん 3.PNG
全米大学ランキングでもトップクラスのスタンフォード大学
医科大学院


世界の体験プラザ
ノーベル賞教授のもとで『認知症』を研究(2)

臨床医の経験生かし治療法探る

スタンフォード大学 博士研究員
アメリカSGI 黄 郁文(ファン ユーウェン)さん

「何のため」忘れず


2001年、米国の伝統校ペンシルベニア大学に1セメスターの短期留学へ。
ここで脳神経内科に配属されたことが、脳に興味を持つきっかけに
なりました。

台湾大学卒業後、同大学医学部付属病院で神経科医に。
2年連続で「優秀論文賞」を受けることもできました。そして、
大きな転機になったのが05年です。

大阪で国際医学セミナーがあり、私は論文を発表する予定でした。
ところが同時期に、私が技術部員を務める台湾SGI太平洋合唱団の
北京大学交流が重なったのです。どちらを選ぶべきか、祈って
決めるしかないと唱題に挑戦。

すると、不思議なことにセミナーが延期になり、結果的にどちらにも
参加できたのです。

晴れ晴れとした気持ちで大阪から台湾に戻ると、行政院国家科学委員会
「青英留学計画奨学金」審査の合格通知が。合格率2%の口頭試験も
通過し、留学4年間の学費と生活費の全額を奨学金でいただくことに
なったのです。

06年から6年間、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程で、学び、
その後、スタンフォード大学医科大学院のポストドクターになりました。
憧れだったトーマス・スードフ博士の研究室に晴れて合格を勝ち取ると、
翌年、スードフ博士がノーベル賞を受賞し、本当に驚きました。

さらに驚いたのは、受賞後もそれまでの日々と変わらず、研究に情熱を
注ぐ博士の姿を目の当たりにした時です。周囲の評価とは無関係に、
自身の研究を貫く姿勢に頭が下がる思いでした。

私自身も本年9月、国際アルツハイマー病協会(北カリフォルニア・
北ネバダ地域)から、研究に対して、「優秀賞」いただきましたが、
何が大事か、何のための研究か、その根本の一点を決して忘れては
ならないと誓っています。

臨床から離れ、研究に没頭すると、時に、現場とのつながりを
なくした気になります。しかし、決してそうではありません。
認知症の原因を解明し、治療法を確立することが、現場の患者の喜びに
つながります。

”心”は必ず伝わる。そう確信し、日々の研究に挑戦していく決意です。

黄 郁文(ファン ユーウェン)さん 4.PNG
ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了式で
(右端が黄 郁文(ファン ユーウェン)さん)


 おわり (聖教新聞、2016/11/07)

 まとめ
世界の体験プラザ ノーベル賞教授のもとで『認知症』を研究(1)
世界の体験プラザ ノーベル賞教授のもとで『認知症』を研究(2)

トップページヘ


posted by mity504 at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177626204

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<