世界の体験プラザ 父との出会いが生んだ奇跡の物語(2) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

世界の体験プラザ 父との出会いが生んだ奇跡の物語(2)

ウッドさん 3.PNG
ハイランズ・アイランズ・マレー支部の友


世界の体験プラザ 創造性を発揮し地域に貢献

伝説のガールズバンドのバイオリニスト

父との出会いが生んだ奇跡の物語(2)

イギリスSGI アン・ウッドさん

「不可能を可能」にした祈り


ロンドンで、女子部の地区リーダー、部長、本部長を務め、白樺グループ
の一員にも。地道に学会活動を続けていく中で、仕事の幅も広がっ
ていった。

「状況が悪くなると、すぐに自分を卑下ばかりしていました。でも、
女子部の活動を通して自分と向き合い、自分自身を、そして、他の人も、
もっと尊敬できるようになりました。池田先生の指針に勇気をもらい、
”夢を夢で終わらせてはいけない”と背中を押していただきました」

ウッドさんが、「不可能」だと思っていた夢、、、それは、顔も知らない
実の父を探し出すことだった。パキスタン出身の父は眼科医になるため
イギリスに留学している際、母と出会った。

母が妊娠していることを知らず、一人で帰国。母国で医師となり、家庭を
築いていた。母は父を追いかけることなく、一人で自分を育ててくれた。
頼る先は全くない。どうせ無理だろうと何度も諦めそうになった。

しかし、ある朝、勤行をしている時、「そうだ!」と、在英パキスタン
大使館に行ってみることを思い付いた。知っているのは父の名前だけ。
担当の大使館員に、父が眼科医であるはずということを伝えた。

「眼科医なんてパキスタンに何人いると思っているんですか」
取り付く島もない。だが突然、「ちょっと待ってください。この人、
知っています。大学病院の教授で、私の友人です!」と。
思ってもみなかった答えが大使館員から返ってきた。

 一人でパキスタンに飛んだ。初めて見る父の姿。うれしさと同時に
複雑な感情がこみ上げてくる。だが、祈り続けてきた出会いに感謝の
思いで胸があふれた。

異母兄弟が6人いることも知った。彼らの母親の反対で会うことはできな
かったが、良い関係を結べるよう祈り続けた。十数年後、思わぬ形で、
その人と出会うことになる。

 ウッドさんは結婚後、3人の子供を授かった。2004年、次男が遺伝子の
異常による難病を発症。父に相談すると、異母兄弟の一人が米国最高峰の
病院で、その分野の専門医として働いていることが分かった。

「弟からすぐに連絡があり、息子の治療のために尽力してくれました。
父との出会いだけでも、私にとって『不可能』な出来事だったのに、まさか、
そのことによって息子までも救われるとは、、、。
今、振り返ると、きっと全て、私の母の祈りに包まれて実現したことなの
だと思います」


母娘で歩むパイオニアの道


 ウッドさんは今、ロンドンを離れ、母の故郷であるスコットランドの
ハイランド地方に移り、家族と暮らしている。バイオリニストとして
世界中を飛び回りながら、少しでも地域のためになればと、地元の学校で
音楽も教えている。

地方ということもあり、それまで全く楽器に触れたことのない
子どもたちばかり。音楽を通して人格を形成してほしいと願い、小さな
オーケストラを結成。

 その楽団がハイランド地方の大会で上位の成績を収め、地域の希望に
なった模様がドキュメンタリー映画になって放映された。53歳、支部婦人
部長。イギリスで最も広大な「ハイランズ・アイランズ・マレー支部」
の責任者だ。

支部の会合に参加するために、車で12時間以上も移動しなければならない
メンバーもいる。それでも、ウッドさんたちは、「草創期の使命です。
この環境に感謝して、どんな困難も乗り越えて、皆で広布の基盤を築いて
いきたい。メンバーが増えて、車で30分以内で家庭訪問ができるように
なるのが、私たちの目標です!」と意気揚々だ。

近年は毎年のように新入会者が誕生している。母と同じように、誉れの
開拓者の道を選んだウッドさん。母として、音楽家として、教育者として、
そして広布のリーダーとして、自身の新たな可能性に挑戦する日々だ。

「スコットランド人には一人立つ強い心と、素晴らしい創造性があります。
『不可能を可能にする』日蓮仏法の力で、一人一人の創造力をもっと
引き出し、社会の繁栄のために尽くしていきたいです」

 おわり(聖教新聞 2016/11/21 月)

 まとめ
世界の体験プラザ 父との出会いが生んだ奇跡の物語(1)
世界の体験プラザ 父との出会いが生んだ奇跡の物語(2)

トップページヘ


posted by mity504 at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177814355

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<