名字の言 聖教新聞 2017(平成29年)/01/20〈金〉 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

名字の言 聖教新聞 2017(平成29年)/01/20〈金〉

空 雲.PNG
写真は本文内容とは関係ありません


 名字の言

雪晴れの日曜の朝、ジャージー姿の高校生たちが、歩道橋の階段に残る
雪を掃いていた。「今日は学校?」と話し掛けると、
「野球部の朝練です!」と元気な返事と白い息。「グラウンドが
使えないと練習できないね」と言うと、彼らは胸を張って答えた。

「これも練習です」▼上達に技術の習得は大事。だが、それ以上に「人間
教育」ともいうべき”心の修練”が大切だと彼らの言動に教えられた▼
有名な進学校の私立灘校で50年間、国語の教師を務めた橋本武さんも、
同様の考え方を持っていた。

教科書ではなく、1冊の小説を中学の3年間かけて学ぶというユニークな
授業には、深い信念があった。「すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなる」
「何とか生徒の心に生涯残って、生きる糧となる授業がしたい」
(『一生役立つ学ぶ力』日本実業出版社)

▼例えばスナック菓子や嗜好品は、一時の空腹は満たせても、体をつくる
本当の栄養にはならない。同じように、”人生の骨格や血肉”は、
即席でなく、十分な時間をかけてつくりあげるものだ▼

仏法も、真の功徳は「冥益(みょうやく)」、真の人生の財産は「心の財
(たから)」と教える。自身の無限の可能性を信じ抜き、鍛錬の日々を
重ねる中で、絶対的幸福の軌道は着実に、堂々と築かれていく。(城)

 (聖教新聞 2017(平成29年)/01/20〈金〉)

トップページヘ


posted by mity504 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名字の言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178484361

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<