何のため信心するのだろうか、その目的は - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

何のため信心するのだろうか、その目的は

 何のため信心するのだろうか、その目的は

信心の目的

「学会の永遠の五指針」

 1、一家和楽の信心
 2、幸福をつかむ信心
 3、難を乗り越える信心
 4、健康長寿の信心
 5、絶体勝利の信心


 これが信心する目的になります。
この指針を目指して、学会員は地域社会で困難に屈せず、
希望を胸に勝ち抜いていくための信心持続の指標です。

 創価学会は何も隠し事はしていません。むしろ、
知ってもらいたいがために行動しています。

新会員の友のために―創価学会入門 定価500円

新会員の友のために―創価学会入門、目次



創価学会の歴史、小説「人間革命」
 第2代会長が悪法”治安維持法”で逮捕され、獄中で過ごされ、
出獄されたのが、終戦の年、7月だった。

そして、戸田先生が一人立ち再建された「創価学会」の歴史。
第1代会長「牧口常三郎」先生は獄死されました。
学会の歴史は日本の歴史でもある。

学会が日本の再建に貢献した業績は大きい。


新・人間革命 (第1巻) (聖教ワイド文庫 (011))

トップページヘ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178889261

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<