旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1)

インド 5ヵ国幹部会 1.PNG
インド、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアの青年が
広布後継の誓いをみなぎらせ、歓喜と友情の大前進を開始した
「3.16」記念の南アジア青年部幹部会(創価菩提樹講堂で)


 旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1)

SGI派遣団、南アジア4ヵ国の訪問団が出席 
インド国内185会場に同時中継


 【デリー19日】3.16「広宣流布記念の日」の意義をとどめる「南アジア
青年部幹部会」が19日(現地時間)、インド、デリー近郊の創価菩提樹園
で盛大に開催された。これには、タイ、マレーシア、シンガポール、
インドネシアから訪印した青年部のリーダーと、インド各地から集った
同志、合わせて約700人が参加。SGI(創価学会インターナショナル)インド
派遣団の谷川主任副会長、笠貫SGI女性部長らが出席した。
池田大作先生は祝福のメッセージを贈り、「全世界の青年拡大の迸(ほとば
し)る大源流となって勝ち進め!」と万感の期待を寄せた。
幹部会の模様は、インド国内185会場に同時中継された。

 池田先生がメッセージ 青年拡大の大源流と勝ち進め

 東洋広布誓願式典 記念植樹も


 仏法源流の地に、「午前8時の太陽」のごとく、赫々と燃える広布後継の
陣列が立ち上がった!

 この日の午前、3月の光と緑、そして清浄なる空気に包まれた創価菩提
樹園に、南アジアの”ヤマモト・シンイチ”たちが、希望に胸を高鳴らせて
続々と到着した。

それを、インドの歓迎委員会の友が、まるで”仏を敬うがごとく”温かく、
また元気な掛け声と手拍子で迎えていた。
”広宣流布ノタメニ、タタカイマショウ!”

 わが誓いよ、師のもとに届け!……集い合った全員の心が一つになり、
菩提樹が広がる大地を美しく輝かせていた。

インド 菩提樹.PNG
全人類の偉大なる境涯革命と新たな世界文明の
創出を宣言した東洋広布青年誓願式典(創価菩
提樹園内の「東洋広布の碑 埋納庭園」で)


「池田先生!私たちは、生涯、師弟不二の道を歩み、南アジアに金剛不壊
の団結を築きます!」。幹部会の席上、各国を代表し、インドのサブー
男子部長が高らかに叫んだ。

 すると、会場にいた友は拳を固く握り締め、また、ある同士は瞳を
光らせて、「イエス!」と、大きくうなずいた。

 さらにサブー男子部長が「先生!私たちは何があっても、世界広布
実現のために、師子となって前進します!」と、烈々たる気迫で訴えると
、万雷の拍手が会場に轟いた。

 池田先生が恩師・戸田城聖先生の弟子となって今年で70年。

 戦後、民衆救済に一人立ち上がった戸田先生は、1958年(昭和33年)
3月16日、池田先生、そして6000人の青年に広布の一切を託した。

 その後、32歳で第3代会長に就任した池田先生のもと、広宣流布は
未曽有の大発展を遂げ、地涌の連帯が地球を包む時代を迎えた。

 今回、参加した南アジア4ヵ国にインドを加えた人口の合計は約17億。
実に世界の人口の23%を占める。その平均年齢は20代後半。
いずれも、まさに青年が主役の国々である。

 今日、アジアをはじめ世界には、人々を苦しめ分断する紛争、貧困、
差別、難民問題、環境破壊など課題が山積する。

 世界は、人類を救いゆく指導原理を求めてやまない。その大望に応え、
人間革命の哲学の力で人類の宿命転換を成し遂げゆく崇高なる使命を
担うのが、新時代の”ヤマモト・シンイチ”である。

 次回につづく 『聖教新聞 2017/3/21(火)』

 まとめ
旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1)
旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(2)

トップページヘ

posted by mity504 at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの弘教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179221596

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<