都民とともに「東京改革」公明党 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

都民とともに「東京改革」公明党

 都民とともに「東京改革」公明党

 都民とともに「東京改革」……。
都議会公明党と小池知事率いるファーストの会は3月13日、
首都・東京が抱える様々な課題をのりこえ、希望ある未来を開くために
力を合わせていくことで一致。
都議会において共同で進める政策について合意するとともに、今夏の
都議選において相互に推薦することも発表し、「新しい東京」の構築を
めざしてスタートを切りました。

東京改革 1.PNG
小池知事(前列中央)とともに「東京改革」を進める

東京改革 2.PNG
都政改革推進プロジェクトチームのメンバー

前列左から 大松あきら(現)北区 けいの信一(新)荒川区 
中島よしお(現)北多摩3区 高倉良生(現)中野区
2列目左から 斎藤やすひろ(現)目黒区 長橋けい一(現)豊島区 
うすい浩一(新)中山信行(現)足立区 
3列目左から 古城まさお(新)新宿区 谷村たかひこ(現)北多摩1区 
伊藤こういち(現)品川区 こいそ善彦(現)町田市 藤井一(現)大田区 
遠藤守(現)大田区 加藤まさゆき(現)墨田区
細田いさむ(新)江東区
4列目左から 小林けんじ(現)練馬区 のがみ純子(現)葛飾区 
栗林のり子(現)世田谷区 まつば多美子(現)杉並区 上野和彦(現)江戸川区 
たちばな正剛(現)板橋区 東村くにひろ(現)八王子市

 小池都知事
「都政の頭脳として公明党に期待」

  応援メッセージ

 公明党が議会改革の先頭に立ち、都民の視点で議員報酬削減などの
「身を切る改革」を実現したことは、都議会史に残る大きな業績です。
公明党には、現場第一の「抜群の行動力」と「生活者目線の政策を
立案し、実現する力」があります。

だから、私は公明党に「都政の頭脳」として活躍していただくことを
期待しています。
「都民ファースト」の私たちと「生活者ファースト」の公明党が
”車の両輪”となって力を合わせ、血の通った新しい都政を都民と
一緒につくっていきましょう!


 都議会公明党と「都民ファーストの会」の政策合意

 都議会公明党と「都民ファーストの会」は、共通する政策目標である
「新しい東京」の構築に向けて、協力して政策実現に取り組むことを
確認し、10分野35項目について合意した。(以下、抜粋・要約)


 東京改革
・都民優先の政策を都政の基本に据える
・情報公開を今後も徹底して進める
・都民目線に照らして不自然、不合理、不経済な
 行政慣行を見直す

 東京オリンピック・パラリンピック
・経費節減に不断の努力を行う
・被災地の復興と共にある大会であることを名実ともに
標榜する
 防災・減災対策
・大地震と大水害の双方に備える施策や電線類の地中化を推進
安全・安心のまちづくり
・都市インフラの計画的な設備更新と長寿化を推進する
少子社会対策・子育て支援
・安心して生み、育てられる東京をめざした施策を推進
高齢社会対策
・医療と介護の連携強化や、高齢者の社会参加の促進、
認知症の予防策強化など
福祉先進都市
・障害の特性に応じた合理的な配慮の充実、貧困の連鎖を
断ち切る施策の充実を図る
 環境・エネルギー先進都市
・世界をリードするスマートエネルギー都市の実現をめざす
 人づくりの教育
・経済力の差を補完する政策を展開し、教育を受ける権利、
教育を選ぶ自由を具体的に保障する

  (Tokyo komei 2017 春 号外)

  まとめ
 都政 改革の先頭走る都議会公明党
 2  教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
 3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ



posted by mity504 at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179396275

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<