世界の体験プラザ 信仰は勇気と創造力の源泉(1) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

世界の体験プラザ 信仰は勇気と創造力の源泉(1)

イタリア モニカさん 1.PNG
国営放送rai(イタリア放送協会)の
社屋の前で


 世界の体験プラザ 信仰は勇気と創造力の源泉(1)

人間と映像を結ぶ映像制作
 イタリアSGI モニカ・ガンビーノさん

国営放送のディレクターとして活躍

 人気料理番組を10年担当


 イタリアの国営放送「RAI(イタリア放送協会)」で10年間、愛され
続けた料理番組がある。「”食い倒れ”がテーマの食文化の拠点。
最近、日本一高いビル建ったこの街は、大阪です!」

 リポーターが世界各国の都市を訪ね、街角の声や料理人へのインタ
ビューを行い、食文化を紹介する番組「QB」。一昨年まで毎週日曜の
午前に放映され、毎回、160万人が視聴。シリーズ最終盤では、アジア
各国の都市を特集した。

 番組を成功させた敏腕女性ディレクターのモニカ・ガンビーノさんは、
イタリアSGIのメンバー。30年間、RAIで番組制作の最前線に立っていた。
 
 「『食』を通して他国の文化を知り、差異に対して心を開いてほしい。
そう願って一つ一つのシーンに工夫を重ねて撮影しました。これほど
長期間、大勢の市民に見てもらえる番組は、なかなかありません。

池田先生の弟子として、イタリア社会に少しでも貢献したいという決意を
形にできたことをうれしく思います」

 ガンビーノさんは1992年、SGIに入会。高校卒業後、21歳から放送局で
働く始めて、7年が過ぎた頃だった。

 先に信心を始めた同僚が、わずか一カ月で驚くほど明るく変わっていく
姿を目の当たりにし、自分も唱題を実践してみることに。
「初めて題目を唱えて感じたのは自分への『信頼』を取り戻すような
感覚でした。あっという間に時間が過ぎたのを覚えています」

 唱題を続けると、高校生の時から悩まされてきた慢性疲労症候群の症状が
好転。いくら治療しても回復の兆しが見えなかったが、学会活動を始めると
以前より元気になっていく自分に気付き、信心の確信を深めていった。

 94年に御本尊を受持。同年、ミラノでの世界青年平和文化祭に映像関係の
スタッフとして参加。池田先生と握手する機会があった。

 陰に徹する人に光を当てる池田先生の振る舞いに感動し、それから
池田先生の著作を真剣に研さんするように。女子部のリーダーとして活動し、
婦人部では地区・支部の責任者としてメンバーのために尽くしてきた。

 「ディレクターの仕事には『勇気』と『創造力』が必要です。さまざまな
タイプの人と人間関係を築かないといけません。どんな人に対しても感謝の
心を抱き、何があっても勇気と希望を持ち続けられたのは、学会活動で自分
を磨くことができたからです」

イタリア モニカさん2.PNG
世界の各都市を巡る人気料理番組
「QB」の撮影に臨むガンビーノさん(右)


 つぎにつづく

まとめ
世界の体験プラザ 信仰は勇気と創造力の源泉(1)
世界の体験プラザ 信仰は勇気と創造力の源泉(2)

 『聖教新聞 2017/04/17(月)』

トップページヘ


posted by mity504 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179852976

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<