赤ちゃん最小97万人 人口減加速、 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

赤ちゃん最小97万人 人口減加速、

赤ちゃん最小97万人.PNG

赤ちゃん最小97万人 人口減加速、
出生率1.44に低下 厚労省統計

 厚生労働省は2日、2016年の人口動態統計(速報値)を公表した。

一人の女性が生涯に産む子どもの推計人数「合計特殊出生率」は
1.44となり、前年から0.01ポイント低下。出生数が97万6979人と
初めて100万人を割る一方、死亡数は戦後最多の130万7765人に上がった。

自然減は33万人余りで、人口減少の加速化が浮き彫りになった。

 政府は「希望出生率1.8」を目標に掲げているが、4月に公表された
最新の将来推計人口では出生率が今後1.42〜1.44で推移する見通しが
示された。

人口は53年に1億人を割り、65年には8808万人減少すると推計されて
いる。

 合計特殊出生率は、15〜49歳の年齢別出生率を合算したもの。
年齢層別では、30代前半が最も高く、20代後半と30代後半が続く。
前年と比べると34歳以下で減少したが、35歳以上は増加した。

 都道府県別で高いのは沖縄1.95、島根1.75、長崎と宮崎の1.71など。
最低は東京の1.24で、北海道1.29、宮城と京都の1.34が続いた。

 出生数は、女性の人口減で前年から2万8698減った。婚姻は戦後最小の
62万523組。
晩婚・晩産化の傾向にあり、平均初婚年齢は男性31.1歳、女性
29.4歳で、女性の第1子出産は平均30.7歳だった。

 一方、死亡数は1万7321人増えた。05年に戦後初めて死亡数が出生数を
上回り、07年以降は10年連続で自然減の幅が拡大。16年は沖縄を除く
46都道府県で死亡数が上回った。

 死因は、がん29%、心疾患15%、肺炎9%の順に多かった。

 【聖教新聞 ニュース欄 2017/06/03(土)】

 



「生涯未婚」の男性23%

 女性14%、ともに最高更新



 50歳まで一度も結婚をしたことのない人の割合を示す「生涯未婚率」
は2015年に男性23・37%、女性は14・06%だったことが、
厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の調査で5日までに
分かった。
10年の前回調査より男女とも3ポイント超伸びて過去最高を更新した。

 非正規労働者が約4割に増え金銭的な理由で結婚をためらう人も多い。
老後に身寄りがない人が増えるため、介護や医療など受け皿も課題に
なりそうだ。生涯未婚率は1970年に男性1・7%、女性3・33%だったが、
右肩上がりに増加。

15年は10年に比べ、男性は3・23ポイント(10年は20・14%)女性は
3・45ポイント(同10・61%)それぞれ伸びた。

 都道府県別では、男性は沖縄の26・2%が最も高く、岩手26・16%、
東京26・06%と続いた。女性は東京の19・2%がトップで、北海道
17・22%、大阪16・5%の順だった。

 同研究所が昨年公表した別の調査では、18〜34歳の未婚者のうち「
いずれは結婚したい」と考えている人は男性86%、女性89%を占め、
結婚したい人の割合は高水準だが、ハードルとして「結婚資金」を
挙げる人が最も多く、男女ともに40%を超えている。

 『聖教新聞 2017/04/06(木)』


 今さえよければいいというような低賃金で働かせる悪質企業とか
派遣会社、それを看過する政府、これらの事情は日本の
国力を低下させていく。加速がつくと止めることは難しくなる。


 少子化と言われながら、結婚できない人たちがいる。
「生涯未婚」の男性23% 女性14%、ともに最高更新。

生涯未婚で過ごすであろう人たちの事を考えたことは
ありますか?その背景の大きな問題は、やはりワーキングプア
と呼ばれる低賃金の弱者たちがいる。

トップページヘ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179945593

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<