白ゆりの詩 結婚生活27年”一家和楽の信心”が実現(1) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

白ゆりの詩 結婚生活27年”一家和楽の信心”が実現(1)

高畑さん 1.PNG
右上の写真:ふるさとを離れ、愛知県で一人
暮らしをする長男・一さん。再就職した職場で
新たな仕事に意欲を燃やす(写真は高畑さん提供)

本年一月に夫・勝さん(右)が、先月には義母・
君枝さん(左)が入会。結婚生活27年を経て、
高畑さん(中)は家族で広布の活動に励める”
人生の春”を迎えた


白ゆりの詩 結婚生活27年”一家和楽の信心”が実現(1)

 負けない母の愛情勝ち!

高機能自閉症の長男が就職・独立


【石川県七尾市】先月18日、創価学会の七尾会館で行われた入会記念
勤行会。その会場に、あふれんばかりの喜びで笑顔満開の婦人がいた。
高畑由紀子さん(49)=歓喜支部、白ゆり長=が、その人。

この日、入会したのは高畑さんの義母・君枝さん(74)。今年1月には
夫・勝さん(53)=壮年部員=も創価家族の一員となり、高畑家に
嫁いで27年、ついに夢だった”一家和楽の信心”が実現した。

わが子の養育を通し、母として、これまで何度となく悲哀の涙を流して
きた高畑さん。転んでも、倒れても、そこからなお立ち上がり、
師の励ましを支えに歩み続けた高畑さんの”宿命転換の道”をたどる。

  自責の涙

 同じ職場で働いていた勝さんと結婚したのは、1990年(平成2年)、
21歳の時だった。創価学会員の嫁の信仰を、夫も義父母も認めてはくれ
たが、御本尊の安置はかなわず、たんすの奥にしまい込むほかなかった。

 結婚4年目に長男・一さん(24)=愛知県長久手市在住、男子部員=
を出産したが、その喜びもつかの間、体調を崩した高畑さんは、共に
退院したわが子を自宅に残し、入院生活に舞い戻る。

 「母親としても自分に自信が持てず、否定的な考えばかりが頭に浮かび
、産後うつに陥ってしまったんです」

 ただ、その症状も一カ月ほどの治療で改善。退院後は遅れを取り戻すか
のように、母として一さんに精いっぱい愛情を注いだ。

 月齢の近い子どもが「まんま」「ばあば」と口にしているのに、一さんは
なぜか「あー、うー」という声しか出せなかった。多少、気にはなったが、
”個人差のあること”と不安を振り払った。

 2歳の春から保育園に預けるようになり、1年余りが経過した時、園長が
高畑さんに告げた。

「一ちゃんに少し気になるところがありまして……。お母さん、自閉症って
ご存じですか?」

 「自ら閉じる」という文字に動揺した高畑さん。もはや園長の話は耳に
届かず、”一は心に傷を負っている”という誤った先入観にとらわれて
しまった。

日本自閉症協会が発行している「自閉症の手引き」には、「先天的に
中枢神経系の働き(主として認知の機能)に問題があり」「社会的・
対人的な認知やコミュニケーション能力など広汎な領域における発達の
偏りや遅れ」とある。

 さらに、「乳幼児期に適切な養育がなされなかったためえに、心を
閉ざしてしまったというような状態でもありません」と明記されている。

 だが、そんな知識を得るのは、ずっと先のこと。この時は”私が産後に
あんな病気になったから、一がこんなことになったんだ”としか思えず、
自責の涙がとめどなくあふれた。

 次へつづく

 【聖教新聞 2017/05/25(木)信仰体験】

白ゆりの詩 結婚生活27年”一家和楽の信心”が実現(1)
白ゆりの詩 結婚生活27年”一家和楽の信心”が実現(2)

トップページヘ



【白ゆりの詩の最新記事】
posted by mity504 at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白ゆりの詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179963281

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<