都議会公明党の実績 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

都議会公明党の実績

東京公明 1 .PNG

東京公明 2.PNG
▲都議会公明党が主導して「身を切る改革」を具体化する
条例が可決、成立した都議会本会議(2月22日)


 都政改革の先頭走る都議会公明党

1、身を切る改革 2、教育負担の軽減 
3、人にやさしい街づくり 

 「つの挑戦」が実現

 
 都議会公明党は昨年11月、都民の信頼回復と都政改革をめざし
「身を切る改革」「教育負担の軽減」「人にやさしい街づくり」の
3つの挑戦を掲げましたが、2月からはじまった都議会定例会で
すべて実現の運びとなりました。 


 1 身を切る改革 実現しました

 都議会史上初
 議員報酬を20%削減  年間4億4000万円を都民に還元
 政務活動費を減額、ネット公開 不正防止へ、全国トップクラスの
                情報公開

 費用弁償・議員特権(肖像画、記念品などの表彰)を全廃
 都民目線で議員改革

 公明党の”覚悟”が都議会動かす


 公明党が他党に先駆けて提唱した「身を切る改革」を具体化する条例が
都議会定例会初日の2月22日、全会一致で可決、成立しました。
条例の柱は、@議員報酬の20%削減(4月から実施する緊急性を優先して
1年間の特例に。引き続き恒久処置をめざします)

 A政務活動費を議員一人当たり月額50万円(10万円減額)とし、収支
報告書や領収書などの写しをインターネット上で全面公開。
 B本会議や委員会に出席するたびに定額支給されていた「費用弁償」を
廃止(島部在住議員を除く)の3つ。

 また、在職期間の長い都議に対する記念品の授与や肖像画の作成・掲示
といった”議員特権”も廃止されました。「都政改革は議会改革から」
「まず隗(かい)より始めよ」と訴えた都議会公明党の”覚悟”が都議会
全体を動かし、実を結びました。

東京公明 3.PNG
「身を切る改革」の条例案を発表する都議会公明党の
都政改革推進プロジェクトチームメンバー(2月14日)


 相次いだ知事の「政治とカネ」を巡る問題、豊洲問題では多額の追加的
な支出を余儀なくされる事態に対し、公明党は真っ先に「身を切る改革」
の断行を表明。

 ところが、他会派からの猛反発に遭い、超党派で作る「都議会のあり方
検討会」に改革案を提案すらできない状況になったのです。

「都議が自ら襟を正して都政改革に取り組む姿勢を示すべし」と、公明党
は他会派に先駆けて単独で条例案を提案。定例会が近づいた今年2月、
共産党が唐突に公明案とほぼ同じ内容で、議員報酬の削減割合を5%だけ
上乗せした25%削減案を発表。

 さらに民進党系の会派は30%削減案を提案するなど、他会派はパフォー
マンスに走りました。こうした状況においても公明党はブレることなく、
「議員の覚悟を示すには、あらゆる審議に先立ち、定例会冒頭で採決すべ
き」と他会派に呼びかけたところ、小池知事を支える都民ファーストの会
が真っ先に公明案に同意。

 すると自民党が「共同提案を」と賛意を示し、共産党も「私たちの案に
こだわりはない」と態度が急変。民進党会派も自案を取り下げ賛同したこ
とから急転直下、全会一致で公明党案を一字一句変えないままの「身を切る
改革」関連条例が可決、成立したのです。

 (Tokyo komei 2017 号外)

  まとめ
都政改革の先頭走る都議会公明党
2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

トップページヘ


posted by mity504 at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180031679

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<