子育て中の母親に安心と笑顔を(1) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

子育て中の母親に安心と笑顔を(1)

助産師 2 .PNG
紙上セミナー  生活に生きる仏教


紙上セミナー  生活に生きる仏教
 助産師・看護師 中村康子


【プロフィル】まかむら・やすこ 助産師として、思春期、妊娠・
出産、育児における女性の健康とその家族のサポートを行ってきた。
現在、NPO法人で、行政と連携し、育児支援に携わっている。
1983年(昭和58年)入会。婦人部副本部長。白樺会副委員長
(東京白樺会委員長)。
助産師 1.PNG
助産師・看護師 中村康子


仏法は”希望の生命哲学”

 子育て中の母親に安心と笑顔を(1)

命を育み輝かせる”励まし合いの社会”に

 生命、誕生……分娩室に赤ちゃんの元気な産声が響く瞬間、それまで
陣痛に耐えてきたお母さんの顔は一転、安堵と喜び、達成感で最高に
美しく輝きます。

赤ちゃんの誕生は、同時に一人の”新しいお母さん”が力強く誕生した
瞬間でもあり、子育ての始まり、家族の新たな出発でもあります。

 胎児は10ヶ月間で何十億年の進化の歴史をたどるように成長を
遂げるといわれます。

 いよいよ出産となると、規則的な陣痛の波に導かれ、赤ちゃんは
産道を通りやすくするために、自ら回旋しながら出口を目指します。

もちろん、誰に教えられたわけでもありません。この生命の神秘に
触れた時、私は「赤ちゃんは、このお母さん、この時、この場所を
選んで、必死で生まれてこようとしている」と思えてなりません
でした。

この厳粛な感動に魅せられ、助産師となって約30年。たくさんの
出会いの中、ご家族と喜びを分かち合える最高のお産になるよう、
真剣に唱題して臨んできました。

現在、行政と連携しながら、育児支援に携わっていますが、超少子
高齢社会の今、想像以上に子育てが困難な時代を迎えていると実感
します。


 育児の不安を和らげる関わり

 先日、訪問してお会いしたお母さんは、赤ちゃんの成長が不安で、
ノートに20項目くらいの質問を書いて、待ってくださっていました。

 緊張でいっぱいのお母さんの肩や腕をマッサージいながら、心配な
気持ちを受け止め、赤ちゃんの元気な様子を一緒に一つ一つ確認して
いくと、徐々に表情が和らぎました。

 母子手帳を見て、「○○時間かけて出産されたんですね。本当に
頑張りましたね」とねぎらうと、「そうなんです。でも育児の大変さに
、すっかり忘れていました」と、初めてわが子と対面した時の感激を
思い起こして涙を流された後、自身を取り戻したように笑顔を見せて
くれました。

 ひと昔前、紙おむつも、ネット通販や便利な家電もない時代に、何人も
育てていた頃の先輩からすると、「今のお母さんたちは楽になっているだ
ろうに」と思えるかもしれません。

 しかし、昔と違い今では、ほとんどのお母さんが、生まれたての
赤ちゃんを見た経験もないまま、初めての育児をスタートするのです。
核家族化が進み、共稼ぎ、高齢出産など、社会背景は、かつてと
大きく変わり、介護とのダブルケアの問題も多くなっています。

インターネット上に、育児に関する情報はあふれていますが、どれを
信じ選択していいか分からず、まるで情報の海で溺れそうになっている
ようにも感じます。

 行政でも、さまざまな取り組みがされていますが、産後うつ、虐待は
増えており、母親だけでなく最近では父親の「イクメンブルー」も問題
になっています。

 私は育児のサポートを行っていますが、お母さん(お父さん)の話に
耳を傾けること、その頑張りをねぎらうことを心掛け、”ゆっくり、
自分らしく、親になることを楽しみましょう”と、お伝えしています。

 池田先生が作詞された「母」の曲にこうあります。「母よ あなたは
/なんと不思議な 豊富(ゆたか)な力を/もっているのか……」
 
 どんな時代にあっても、生命を守り育む母には困難に負けない豊かな
力があることを確信し、自分自身も成長し続けたいと思っています。

つぎにつづく 【聖教新聞 2017/06/27(火)】


posted by mity504 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180312834

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<