仏法は”希望の生命哲学”子育て中の母親に安心と笑顔を(2) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

仏法は”希望の生命哲学”子育て中の母親に安心と笑顔を(2)

助産師.PNG

紙上セミナー  生活に生きる仏教

 助産師・看護師 中村康子


仏法は”希望の生命哲学”子育て中の母親に安心と笑顔を(2)

命を育み輝かせる”励まし合いの社会”に

生死の苦悩を乗り越える信仰


 私が、この仏法と巡り合ったのは、19歳の看護学生の時です。
治療法のない病気、生まれながらの疾患、そして必ず訪れる死……。
入会する前は、厳しい現実に直面して、自らの使命を見出せずに
いました。

 参加した座談会で、仏法は宿命の転換を可能にし、「生老病死」
の苦悩を乗り越える”希望の生命哲学”であることを知り、感動し
ました。そして、「あなたにしか果たせない使命がありますよ」
との温かい励ましに、入会を決意したのです。

 さまざまな世代が地域に根差しながら、励まし合って進む
創価学会は、生命を守る”慈愛のセーフティ・ネット”であると
感じます。

、      ◇

 2年前、私自身が父の見取りの体験をした時のことです。母と
共に、感謝の言葉をシャワーのように語り掛け、優しくマッサージ
をし、父の呼吸の速度に合わせて題目を唱え、一緒に呼吸しました。

 この時、私は、手を握り、目を合わせて波を乗り越える感覚が、
産婦さんと呼吸を合わせて陣痛の波を乗り越える時と全く同じ感覚で
あることに驚きました。

 産みの苦しみを越えて新たな生命が誕生するように、生命は、また
引き潮の波に乗って”生命の大海”へと戻っていくのだと実感したの
です。

 この経験をしてから、日々、赤ちゃんに合うたび、両親を選んで
生まれてきた生命に、より深い感動と畏敬の念を感じるようになり
ました。

 一人一人に、かけがえのない使命

 日蓮大聖人は、女性門下の懐妊の報を聞かれて、「玉の子出で生れ
ん目出度覚え候ぞ」(1109ページ)と喜ばれています。

 池田先生は、この御文を拝して「日蓮仏法では、すべての人間は、
『仏』の生命を具え、偉大な使命をもって、この世に出現したと
とらえる。

つまり、子どもは、未来を担い立つ、崇高な人格をもった
、使命深き鳳雛と見る。ゆえに、仏法からは、決して、親の所有物
などというとらえ方は生まれない」(『新・人間革命』第24巻)
とつづられています。

 仏法は、「桜梅桃李」と説き、一切の生命がそれぞれの特質を
改めることなく、ありのままで輝いていけると教えています。
どんな人も、かけがえのない使命をもち、幸せになるために生まれて
きたのです。

 縁する全ての人との深いつながりを感じながら、母子の笑顔を
輝かせる”励ましのネットワーク”を広げていく決意です。

 

 「人身は受けがたし」

 仏法は「三世の生命」、すなわち”永遠の生命”を説いています。
この仏法の視座から見る時、私たちが人として生まれ合わせることは、
まれなことだといえます。

 仏典では、「人として生まれることは、三千年に一度しか咲かない
優曇華(うどんげ)の花にあうように難しい」(涅槃経、趣意)と
説かれています。

 また、日蓮大聖人も、「人身をうくる事はまれなるなり」(御書
902ページ)、「人身は受けがたし爪の上の土」(同1173ページ)と
仰せになっています。「爪の上の土」とは、数や量が、ごくわずかである
ことを譬(たと)えた言葉ですが、同じように人として生まれることは
まれであることを教えられているのです。

 まさに、私たちは”受けがたい人身を”を得た、尊い一人一人です。
「子宝」「授かりもの」といわれるように、生まれてくる命は、尊く、
かけがえのない存在なのです。

 おわり 【聖教新聞 2017/06/27(火)】



posted by mity504 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180350482

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<