世界の体験プラザ「人間革命」の思想を広げたい(1) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

世界の体験プラザ「人間革命」の思想を広げたい(1)

もひかさん 1.PNG
先住民の暮らしをより良くするために最善を尽くす


もひかさん 2.PNG
ボリビア


世界の体験プラザ「人間革命」の思想を広げたい(1)

先住民の福祉に取り組む社会学者 
 ボリビアSGI ロクサナ・モヒカさん

誰もが幸福に生きられる世界に


 心にあった虚無感


 南米大陸のほぼ中部に位置するボリビア。正式名称は「ボリビア
多民族国」で、南米の国々の中でも、先住民人口の比率が高い。

 國家の中枢機関がある事実上の首都はラパスだが、憲法上では
19世紀の古都・スクレが首都になっている。

 ロクサナ・モヒカさんは、そのスクレで生まれた。父親は早くに
妻子を置いて家を去り、モヒカさんら4人の子どもは母親の実家で
育てられた。

「母は教育を重んじていました。教育は未来へのパスポートであり、
得た知識は誰にも奪われない、というのが母の口癖でした」

 大学では社会学を専攻。学費などを賄うため、國家統計局で
働きながら学んだ。卒業後、社会学者としてチュキサカ県自自体や
NGO(非政府組織)などで重責を担ってきた。

「福祉も足りず、極貧状態にあったチュキサカの先住民たちの
実情を知り、この人たちの幸福のために働こうと思ったのです」

 42歳で公衆衛生の修士号も取得。自分が望んだ分野の仕事であり、
いくつもの重要な機関で実績も重ねた。ただ一方で、心のどこかに、
言葉では説明できない虚無感が拭い切れずにいた。

 2007年、最南部のタリハ県に転勤し、EU(欧州連合)が支援する
衛生・保健プログラムの地域コーディネーターに就いた。

 だが、職場の人間関係などで強いストレスを抱え、不眠に悩まさ
れるようになる。


もひかさん 3.PNG
チュキサカ県の先住民グアラニー族が集
まるイベントで(右端がモヒカさん)


 渡された一枚のメモ


 そんな中、やはり社会学者として同じプログラムに加わっていた女性と
親しくなった。

「彼女がよく眠れる方法を教えてあげると言うので、てっきり薬の
名前かと思ったら、メモに南無妙法蓮華経と書いてくれたのです。
”朝晩この言葉を繰り返すのよ。そうしたら眠れるから”と」

 言われた通り実践してみると、心が落ち着いて眠れるようになり、
自信と安らぎが生まれた。彼女に誘われてSGIの座談会に参加する
たびに、メンバーの友情や励まし、体験談に心を打たれた。

 3ヶ月後、SGIに入会しご本尊を受持した日、タリハの婦人部長が
モヒカさんに語り掛けてくれた。

「もうこれからは生涯、独りではないからね。あなたには御本尊がある。
この地にも、そして世界中にも、新たな家族がいる。何より池田先生と
いう人生の師匠がいるのよ」

 何という温かな世界だろうと思った。そして、日蓮仏法が説く深遠な
生命感に、心からの安心を覚えた。

 モヒカさんの確信あふれる姿と、地元SGIの同志の誠実な態度に触れて、
年が明けると、母や姉妹も相次いで入会した。

 看護師でもある姉のメルビーさんは、現在ではコチャバンバ市内の
自宅を個人会場に提供して、子や孫も広布後継の人材に育っている。
同じく入会した妹のマリクルスさんは細胞学を専門とする大学教授。
先住民
ボリビア最大の国立病院で整形外科医を務める兄のロランドさんは、
SGIの良き理解者だ。

 つぎにつづく 【聖教新聞 2017/07/10(月)】


posted by mity504 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180385143

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<