いま想う・戦後71年の歩み まとめ 1 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

いま想う・戦後71年の歩み まとめ 1


いま想う・戦後71年の歩み まとめ 1

通信兵として 1.PNG
磯村さんは、「戦争とは破壊。全てを破壊することじゃ。
いいことは一つもない」と戦時を振り返る。戦後は、
価値を創造する創価の哲学を一心に広めてきた
信仰体験 いま想う 戦後71年の歩み 信心で無力感は使命感へ(1)

鈴木さん1.PNG
戦場の日々を振り返る鈴木さん。「暑い夏が訪れるたび、終戦前、
飢えと爆撃に耐えた日々が思い出されます。こんなに生きられるとは
考えもしなかった。これからも一日一日を大切に、広布のため、
平和のために語り続けます」と。
戦後71年の歩み、生きて帰ったこの命は平和のために使うんだ(1)

体験談、中澤さん1.PNG
ひ孫を抱いて、笑みをこぼす中澤さん。「信心という宝を
一人一人に伝えていかなきゃね」と(左から、孫の拓海さん
、長女・純子さん、中澤さんとひ孫の早川真珠ちゃん、
孫の早川瑠美さん)
戦後71年の歩み・悲しくても立ち上がる「全てに感謝できる自分に」(1)

1戦後の樺太.PNG
写真上 思い出したくもない、つらく悲惨な体験も、
「平和のために語り継いでいかねば」と栗田さん。
「私たちが経験した苦しみや悲しみは、子や孫、
そして子々孫々まで、絶対に味わわせたくないから」と
写真下 栗田さんが電話交換手として、勤めていた樺太・
豊原逓信局の建物。にぎやかな駅前通りにあった
(1939年撮影、写真:近現代PL/アフロ)
戦後71年の歩み 人の幸せを祈れる自分に変わった

植野さんの体験談1.PNG
1944年(昭和19年)7月8日、
植野さんのいた第49師団歩兵第106連隊は、
戦艦大和で広島の呉を出発。タイを経由し、
鉄道でビルマ(現・ミャンマー)へと向かった。
戦後71年の歩み・人を幸せにしてなんぼ、その信念で生きてきた(1)


カニの浜海道


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180406499

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<