世界の体験プラザ 世界的監査法人の勤務経験生かす(2) - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

世界の体験プラザ 世界的監査法人の勤務経験生かす(2)

ホンさん3.PNG
台湾女子部のメンバーと(左から3人目が洪さん)


世界の体験プラザ 世界的監査法人の勤務経験生かす(2)

 大手総合商社の経理・税を担う

現地と日本を結ぶ架け橋に

  台湾SGI 洪 孟君(ホン モンジュン)さん

  師と新たな原点を


 現在の職場では、二つの業務を担当しています。

 一つは、決算の数字を東京本社の海外会計部に送り、連結決算書を
作成することです。台湾では、13年から、国際会計基準が導入され、
最新の知識に精通した人材が求められています。

 もう一つは、財務報告書の作成や、法人税の申告などをする上で必要な
、監査法人とのやりとりです。その窓口を担当しています。

 国際会計基準も、監査法人も、どちらも私の職歴が役に立ち、これほど
うれしいことはありません。

 池田先生はかつて、戸田先生の「経理」に関する指導を引かれつつ、
「どこの世界でも、金銭や人事に厳格なところが最後は勝っている。
あいまいなところは敗北している」とスピーチされました。

 この指針を胸に、現地支社と東京本社の発展のために、また台湾と
日本の架け橋となって活躍していこうと決意しています。

 一昨年の9月4日には、新たな信心の原点を刻むことができました。
日本でSGI青年研修会に参加し、池田先生にお会い出来たのです。

 この日は、くしくも私の誕生日。涙の向こうに三色旗を振る先生の
姿を見て、”私も共に希望を送る存在になる。社会に貢献できる人材に
成長しよう”と深く誓いました。

 「私にやらせてください」と手を挙げた時から、一念が変わったことを
実感します。これからも青年らしく、いかなる困難も前進の糧に変え、
報恩の人生を歩んでいきます。

  おわり 【聖教新聞 2017/07/17(月)】



posted by mity504 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の体験プラザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180514719

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<