体験談・声をつないで花開かせる ターニングポイント - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

体験談・声をつないで花開かせる ターニングポイント

 
花開かせる 1.PNG

 声をつないで花開かせる ターニングポイント

 大手電機メーカー勤務 金田美智代さん

 ーケティングの部署で電子レンジの担当になったのは、2011年
(平姓23年)。金田美智代がパナソニックに入社して、3年目のことだった。

「レンジでチン」が表す性能は、「加熱」だけではない。生や冷凍の食材
から、ワンタッチで「調理」できる時代。開発競争が進み、同社でも、
フラッグシップモデル(最上位機種)には約400ものメニューが
プログラムされている。

 だが担当を引き継ぐ際、美智代は意外な事実を知らされた。
「(売り上げが)少し厳しいんだよね」高価格帯の製品が、伸び悩んでいる。
美智代は、小売店を回る営業担当者へ、ヒアリングを始めた。

「どんなふうに商品を語っていますか?」「う〜ん、どうしても冷蔵庫とか
大物の商談後になりがちで、あまり話ができないというか……。
製品の説明も、なかなか難しくて」

 店頭販売に立ったことのある営業からは、こんな声も。「主婦のお客さま
がすごくお詳しいので、”自分には答えられないんじゃないか”と不安で
、トークも弾まないんです」

 営業の多くは男性で、料理の経験があまりない。レンジと男性は相性が
悪いのか……。「そんなことないですよ」という人がいた。
商品研修を行う男性社員だ。商品愛にあふれ、開発部門にまで名を
とどろかす電子レンジマニアである。目を輝かせて語ってくれた。

 「一緒に料理すると、営業の人も”こんな簡単なの!?”って感動して
くれます。店頭でも一緒に実演販売しましたが、お客さまとの会話も弾み、
売り上が伸びました。実際、うちの製品はすごいですから!」

 多くの声を集め、つないで、美智代は考える。上司に、ある提案をした。
「電子レンジで料理を作る研修プログラムを、全国で実施したいと
考えています」

 
花開かせる 2.PNG
これまでの経験を生かし、商品企画に尽力する

 

うして「キッチン部」がスタートした。全国約1,000人の営業担当者を、
社内資格である「キッチンマイスター」に育てる取り組みだ。

 不安もあった。営業担当者にとって、仕事量が増えても、給料が増える
わけではない。レンジで調理する感動だって、全員が抱くかどうかは
未知数だ。

 ”もしも、うまくいかなかったら……”
 出勤前、帰宅後、美智代が欠かさず向かったのは、自宅にあるご本尊
だった。

創価学会の信仰に励む両親を見て育ち、進学や就職、多くの場面で祈りの
力を実感してきたから。

 仕事は、先が見通せない状況。祈り続ける中で、その受け止め方が
変わった。”この状況を、思いっきり、楽しんでいこう!”
 自分の視界が、大きく開けた気がした。

 大好きな、池田先生の指導がある。
「真剣と深刻とは違う。勇敢と悲壮とは違う。大勇の人は、明るい。
確信の人は、冷静である。知性の人には笑顔の余裕がある。
まさしく闊達な『笑い』こそは、不屈なる『心の勝者』の証しである」
と。

 多くの課題が生まれたが向き合うことが楽しくなった。いつも笑顔で
朗らかに、”どんな壁も、来るなら来い!”。

 職場では、各地のキッチン部責任者と対話を重ねていった。
何のために、この取り組みがあるのか?

 「”レンジで調理するという文化”を社会に届けたい。それによって、
働く女性に休む時間ができる。お母さんが、子どもと遊べる。お父さんが
”クッキングパパ”なれる。生活を豊かにする、そんな手助けがしたいん
です」

 上司をはじめ、多くの責任者が動いてくれた。そこには創業者・
松下幸之助氏の精神が共有されていた。”社会に貢献した報酬として、
社会から与えられるのが利益である”……。

 努力は、結果となって花開いた。高価格帯電子レンジの売り上は、
2年連続で2桁成長の伸びを記録。営業マンからも「調理は楽しいですね。
プライベートでも、レンジで家族に唐揚げを作りました」と、
喜びの声が寄せられた。

 電子レンジから始まった「キッチン部」は、炊飯器、ベーカリーなどにも
幅を広げ、営業マンに親しまれていいる。

 美智代は、社内規定の最年少の年で昇進を果たした。移動を経て、
現在は商品企画の仕事を担う。

 「いつの日か、家電で開発途上国の生活を豊かにするサポートが
したいと思います」

 家電製品の多くは”必欲品”。経済水準に余裕がないと普及して
いかない定めにある。だが彼女の夢は、その限界を超えていく。


 彼女の原点

 「秀才とは、人の5倍の勉強家なり」
 創価大学の入学式で聞いて以来、美智代が自らの指針と決めた、
池田先生のスピーチだ。就職活動の時は、小説『新・人間革命』第15巻の
「創価大学」の章を読んだ。……創大の草創期、創立者の池田先生は、
何度もキャンパスへ足を運んだ。秋の「創大祭」では、就職活動に挑む
1期生のため、企業の代表など来賓一人一人に声を掛け、名刺交換を。
「(1期生へ)ご指導、ご尽力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます
」。先生は、深々と頭を下げて回った。
噴き出した汗を、スーツの襟にまで、にじませながら……。
創立者の学生に対する心を知り、美智代は決意した。”今度は私が、先生の
名刺の1枚となって、同窓生たちと一緒に、社会の信頼を得る青年になる”
 単に”自分が認められたい”という功名心では、キッチン部は成功しな
かったと思う。
応えたい師匠がいるからこそ、「持っている以上の力が出せた」のだと。


 かねだ・みちよ 京都市在住。創価高校・大学に学び、大学卒業後、
パナソニックに就職する。東京でマーケテイングの部署に配属され、
ミキサー、ホームベーカリー、電子レンジなど調理家電の担当を。
「キッチン部」や一般顧客向けの料理体験教室など、数多くの取り組みを
手掛けた。現在は昇進、異動を経て、コーヒーメーカーやトースターの
商品企画を担う。女子部本部長。塩小路支部。

花開かせる 3.PNG
女子部の華陽姉妹と励まし合いながら、広布の青春を歩む(中央が金田さん)


「聖教新聞・2017(平成29年)/12/03(日)」


posted by mity504 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ターニング・ポイント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181837986

この記事へのトラックバック
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<