写真展示 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

春さくら


春さくら

CIMG0170.JPG

陽光に輝いて、いいですね。このさくらは茅ケ崎市浜見平団地、
スルガ銀行前にあります。

撮影したい方はさくらが咲くころに
来れば、見れます。
タグ:春さくら
posted by mity504 at 15:53 | 写真展示

神奈川県茅ヶ崎市 柳島海岸 遊歩道 盛夏

CIMG0367.JPG

7月16日 晴れ 午前中
柳島海岸 遊歩道から海へ、父子ずれ、
女の子はは早く海に出たくてもどかしくなって、海へ向かって
走りだした。彼女の眼の前は海!バックは富士山
今の季節これほどはっきり見えるのはめずらしい。

2017/10/25ずけ、以下は前述の写真の説明記事になります。
父子ずれが向かう海はどんなふうか気になる人もいるかと思うし、
私も皆さんに伝えたい思いがありましたので、一枚の写真では連続性がなく、
伝えがたいので、動画で撮影してきました。

2017/01/25(水)朝8時すぎ撮影。
今、夏ではありませんが、この父子が期待に胸はずませ、
向かう先はどんな所か、動画で撮影しました。






今、冬、真っ盛り1月、なのになぜ夏の動画。
ここは茅ケ崎市柳島海岸、西方平塚よりの浜辺。
海水浴場ではありませんが、幼児でも浅瀬に座らせ、「ぴちゃぴちゃ」
水遊びさせても安全で、
知ってる人だけが集まる「穴場」です。


CIMG0369.JPG

7月16日 晴れ 午前中
背景右手は富士山、後方は平塚市、たなばたは終わりましたね。
花火大会は写真、家並みが見える当たりになる平塚港で行われます。
遊歩道を歩く人たち。


posted by mity504 at 10:13 | 写真展示

箱根、大涌谷からの夕日

大涌谷 箱根.PNG


お詫び
掲載されていた私が撮影した写真が削除されています。
カメラには保存されているんですが、現在パソコンに写真を転載
機能不全状態で移動できません。だから、

ブログにアップするのは難しいです。すみません。

「箱根、大涌谷からの夕日」は大涌谷から芦ノ湖
方面を眺めた光景です。

2012年02月 夕方宵闇せまるころ、息子の
家族とドライブで大涌谷に行きました。

人影もまばらなこんな時間に中国でもない、韓国でもない
アジア系の若者5,6人が車でやってきました。
(発音、アクセントで分かります)


この若者たち、これからどこへ、ホテルの予約は
あるのだろうか、など余計なことをつい
考えました。

こんな時間でなければ、滅多に見れない光景です。こぶりの
雪が舞っていました。


posted by mity504 at 10:02 | 写真展示

公園でひとときを過ごす母子

CIMG0493.JPG
公園でひとときを過ごす母子


この公園は小学生から幼稚園、幼児の母子ずれなど
多くの人々に利用されています。

写真中央にある白い建造物は滑り台です。多くは
トップから滑る子らですが、余裕のある子らは
下からトップののぼり、滑ったりします。

この滑り台はどこからでも、子供の能力に
応じて、登り下りができます。
遊び方はさまざまです。

まわりには多くのベンチがあり、それぞれのベンチで
熟年の人達もくつろいでいます。

posted by mity504 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真展示

茅ケ崎市柳島海岸から見る伊豆大島

伊豆大島.PNG

茅ケ崎市柳島海岸から見る伊豆大島

伊豆大島は柳島海岸から約60キロありますが、
見えない時の方が多いです。
60キロは東京ー茅ケ崎間になります。

伊豆大島といえば、1986年11月21日に起こった。
三原山大噴火。この茅ケ崎からも夜は
三原山が火柱を立て、大噴火する様が見えました。

その後、再び噴火することなく。現在に
至っています。

噴火の翌年だったと思いますが家族で妻と小学生の
息子2人と伊豆大島に旅行に行きました。
茅ケ崎から日帰りは無理だから、熱海に一泊して、
翌日、熱海港から伊豆大島へ。そこで

観光バスに乗り、伊豆大島を一周、三原山の麓まで
行きました。

孔雀がいる飼育場では孔雀の抜けた羽を息子たちに
親切なおじさんからもらいました。

伊豆大島元町港では最後のお別れに大島で有名な
椿の苗木をもらいました。

その伊豆大島が柳島海岸から時たま、見えます。



トップページヘ



posted by mity504 at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真展示
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<