信仰体験 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

信仰体験 新生の道 東日本大震災

石巻・鈴木さん.PNG
鈴木造船所の新工場に立つ鈴木さん。
最大で総重量499トンの船を受け入れられる


信仰体験 新生の道 東日本大震災

 石巻の造船所 不屈の火ともす

 【宮城県石巻市】大船を引くウインチのきしむ音が曇天に響く。
先月18日、鈴木造船所の新工場が稼働した。上架した第一船は、船長
40メートル船幅18メートル。
復興に休みなく働いた約100トン吊りの大型クレーン台船だ。
社長の鈴木千代正(60)=湊福光支部、副県長=は、この日を待ち
焦がれていた。

 鈴木造船所は、伊達政宗に招かれた船大工を先祖に持つ。1927年
(昭和2年)の創業。オイルショックや200カイリ漁業水域を背景に
、2度の倒産を経験した。

 夜通し練った再建計画を手に、債権者を回った。力を尽くして
説明したが納得してもらえず、顔を朱にして怒鳴られた。地面に額を
こすりつける思いで何度もわびた。

 鈴木さんは修羅場を耐え忍びながら、力を蓄えた。石巻の造船の
火を消すものか。鋼(たがね)の意志で、2006年(平成18年)に負債を
完済した。
まさにこれからという時だった。東日本大震災の津波で、造船所は
全滅した。
         ◇
 被災4ヶ月後に工場の一部を稼働させ、翌年には全設備を復興して
みせた。だが河口部の堤防建設の話が持ち上がり、移転を迫られた。
廃業も考えられる事態だったが、鈴木さんは迷わず移転を決断した。
津波に奪われた2人の従業員の顔が浮んだからだ。

 震災直後、線香をあげに行くと、遺された家族から聞かされた。
「会社のこれからが楽しみだって言っていた」。
遺影の前で正座したまま泣いた。

 石巻で立ち上がってこそ意味がある。己にそう言い聞かせたものの、
手探りの土地探しは難航した。巨額の資金調達にも不安が募る。
船が上架できない夢を見た。

ようやく喉を通った食事は、味がしない。しおれる心を、題目で
奮い立たせる日々だった。
          
 不屈の祈りは、「母がくれた1年」の上に脈打つ。病弱の母は入退院
を繰り返し、やがて意識が戻らず寝たきりになった。
当時25歳の鈴木さんは、母のためを思って信心を始めた。

小説『人間革命』で師弟の真髄を学び、題目の威力を自力でつかんだ。
母を見舞い、耳元で題目を毎週聞かせた。

 結婚前夜、「俺、幸せになっから」と、人工呼吸器につながれた母に
妻を紹介した。母は息子の成長を見届けるかのように、春夏秋冬を
経て鼓動を止めた。

 母がいれば、会社再建に汗する今の自分はどう見えるだろう。
鈴木さんは退路を断ち、題目をひたすらに積み上げた。
           ◇
 工場移転の重圧にあえいだ苦闘は、極限の中に宿る「師弟の底力」
を教えてくれた。

 池田先生は被災地の友を、「苦楽を分かち合う共選の同志」と呼んだ。
言葉の奥をすくい取ると、弟子の痛みをわが痛みに変えるという慈愛が
あった。

それが逆境の扉を開け放つ力になった。だから全身で叫んだ。
 負けてたまるか……。

 おととし、約2万1000平方メートルの県有地を見つけた。
「池田先生に応える一念に、諸天が感応してくれた」。国と市の補助金
を活用した。

 落成式はこの6月、約180人が集った。新工場は船台3基を新設し、
大型クレーンを構える。船長70メートル級の対応が可能になった。
鈴木さんは「水産の街・石巻の復興に少しでも貢献したい」と皆に
誓った。
           ◇
 自分一人ではたどり着けなかった再出発。「運の良さと偶然が味方
した。人だったり、政策だったり」。かつて怒鳴られた取引先も力を
貸してくれた。

福運のある人生を歩むことがどれほど大切か。「夫(そ)れ運きはまり
ぬれば兵法もいらず・果報つきぬれば所従もしたがはず」(御書1192
ページ)。入会した日に教わった一節をかみしめる。

 石巻の造船の火は不屈であり、強靭だ。高揚感が漂う中、鈴木さんは
気を引き締める。「これからです。創業90年の節目。大きな使命を感じる」

   おわり 『聖教新聞・2017/08/01(火)』


posted by mity504 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰体験

体験談 運命に負けない強き母になる 

三崎港の綾さん 1.PNG
ここで生きる……。手かぎをぎゅっと
握り締めて、今日も使命を果たす


 運命に負けない強き母になる

 「出刃選別」でマグロを見極める職人技

 日本有数の三崎漁港で奮闘する


 【神奈川県三浦市】三崎漁港に冷気が立ち込める。年の瀬を迎え、
一年で最もマグロの取扱量が多くなる時期を迎えた。
「三崎魚類(株)」で、現場に出る社員の中で唯一の女性として、
マグロの品定めから営業までこなす鈴木綾さん(38)=初声支部、
副白ゆり長。力仕事もいとわない。
時には、150キロのマグロを引っ張ることもある。
周囲から”綾ちゃん”と親しまれる、自称・マグロの親善大使である
……。

三崎港の綾さん 2.PNG
水揚げの際、指示を出す綾さん



 る日の午前8時過ぎ。三崎漁港の市場に冷凍マグロがずらり。
1列25本のマグロが6列並ぶ。

その間を、何度も行き来する男たち。彼ら仲買人は、手かぎで
マグロの尾を持ち上げ、断面にじっと目を凝らす。

年の瀬の正月商戦を前に、少しでもいい品を競り落とそうと、
真剣なまなざしだ。

 こうした仲買人に魚を卸す役割を担うのが荷受業者。
創業67年で三崎のマグロを全国ブランドに押し上げた歴史を誇る
三崎魚類(株)は三崎漁港に二つある荷受業者の一つ。

 男性ばかりの職場で、奮闘するのが鈴木綾さんだ。行動は迅速。
指示は簡潔。慌ただしい場内で、綾さんの存在がきらりと光っている。

 長年、三崎漁港に出入りする仲買人に聞いた。「綾ちゃん?
いつも元気だよ。マグロもどんどん引っ張っていくしね。見ていて
気持ちがいいよ」

 入札の際、最も高い見積額を提示した仲買人の屋号が黒板に
記されていく。競り落とされたマグロは次々と引っ張られ、カーリング
競技のストーン(円盤形の石)のように、地面を滑っていく。
 
 午前10時過ぎ、入札が終わると、綾さんは隣接する冷凍設備のある
倉庫へ。翌日の入札に向け、マグロを仕分ける出刃選別を行う。

 出刃選別とは、マグロに出刃包丁を刺して、身の質、脂の乗り具合を
見極める職人技。マイナス60度で凍らせた身に、出刃包丁を刺すのは、
男の手でも容易ではない。

 綾さんは、力が入りやすいように、出刃包丁の柄を短くし、軍手を
かぶせ、その上からビニールテープを巻きつけ太くする。修行を重ねた末、
職人技を身に付けた。

 出刃選別をおえると、同僚と岸壁へ移動。ハワイ沖で漁を終えた船から
魚が水揚げされていく。この日の漁獲量はおよそ30トン。
クレーンで次々と冷凍マグロをつり上げては下ろす。操縦士にその指示を
出すのが綾さんだ。

 彼女には、仕事で実証を示すと決めた理由があった。

    

 水産高校を卒業後、18歳でこの道へ。20歳で結婚し退職。だが2007年
(平成19年)27歳で離婚することに。前の職場に戻るつもりはなかったが、
2人の娘(恵さん=高校2年、咲さん=高校1年)を育てなければならず、
保育園に預けては、男社会に飛び込んだ。

「大変なことは承知の上。つらかったのは、知り合いの魚屋さんから、
明け方の歳末セールの手伝いを頼まれた時。どうしても断れなくて、
深夜、家を出ようとすると、下の娘が、『どこにも行かないで』って
泣きながら抱きついてきた。胸の奥がズキズキ痛んで、私もぎゅっと
抱き締めて。『お母さん頑張って働いてくるからね』と言って
ドアを閉めてね。あの時は、なんでこんな境遇なのって、心で泣いた」

 無我夢中で働いた。”女だから”って言われたくない。
だが子育てもある。どうしても、子どもと関わる時間が減っていく。

三崎港の綾さん 3.PNG
並べる順番を見極め、指示を出すのも綾さんの仕事



つも私が一番早く家を出るので、子どもたちが学校に行ったかどうか
分からなくて。昼頃、担任の先生から『来てません』って連絡が来ると、
『すいません!起きたら行くと思います』って明るく返したけど、
内心は”どうしょう”って」

 悩んだ時はいつも、聖教新聞を隅から隅まで読んで、自分にぴったりな
指導を探した。夜、子どもたちが寝静まってから、それをノートに
書き写すのが日課になった。

「ある時、出あったのが『運命より、生命の力はずっと強い』という言葉。
運命にほんろうされるんじゃない。生命力を高めて、打ち勝っていくんだ。
そうすれば、人生を充実させていける。生命力を鍛えるには信心しかない
って、気が付いたんです」

 信心で立ち向かっていく姿勢は、元漁師だった父・鈴木義雄さん(74)
=副本部長=から学んだ。綾さんが7歳の時、母を劇症C型肝炎で亡くす。
闘病中、父はずっと題目を唱えていた。漁師をやめ、エンジニアという
慣れない仕事に変わっても、必ず会合に出掛けた。

 「父の口癖は、『信心だけは真面目に貫くんだ』。だから私も、学会活動
から一歩も引かなかった。福運が全部、娘にいけばいいと思って、
挑戦してきました。部員さん宅を訪問して、直接会って話すと、力を
もらえて。学会活動ってすごい!」

 「生命力が高まると、仕事でも実証を示さなきゃって思えるんです。
どの世界も同じかもしれないけど、黙っていたら、誰も教えてくれない。
『自分にやらせてください』って言っていかないと。

出刃選別もそうですし、船が帰港する時の船舶代理店業務も、定年間際の
上司に『私が引き継ぎますから、教えてください』ってお願いしました。
今では、私が担当してます」

 離婚し10年。がむしゃらに頑張ってきた。自身のもつ幸福感にも
変化があった。

 「昔は、『苦労した人が一番幸せになる』という言葉の意味が
分からなかった。でも、今考えると、幸せって結果じゃないんですよね。
悩みや苦労を乗り越えようっと挑戦していく中に、幸せがあるって
思えたんです。
婦人部の同志や友人の悩みに寄り添える自分になれた。
共感するみたいな。親戚にも弘教が実りました」

 「娘は今、反抗期の真っただ中(笑い)。でも、”使命を果たして、
幸せな人生を歩んでほしい”って祈っていると思い出すんです。
父が後に再婚したお母さん〈鈴木照江さん(74)=支部副婦人部長〉も、
私が高校生の時、こうして祈ってくれてたんだなって。
だからいつか娘にも通じると思って祈り続けます。

 皆さんのおかげで、今の私がある。だから恩返しです。実証を
示さないと!世界一おいしい三崎のマグロを、皆に食べてもらいたい。
私は自称”マグロ親善大使”ですから!」

三崎港の綾さん 4.PNG
旭光地区の同志と語り合う
(左から2人目が綾さん)


 『聖教新聞 2017/12/09(土)』




posted by mity504 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰体験
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<