公明党 - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

公明は「大衆と共に」の精神貫け

復興.PNG

公明は「大衆と共に」の精神貫け

永石 一つ目は「小さな声を聴く力」ですね。
国と地方の議員ネットワークは熊本地震でも発揮されました。
公明党議員は真っ先に被災地へ駆けつけ、復旧・復興に
尽力してきました。

長谷川 被災地の要望を受け止めて公明党のリードで、
熊本地震の義援金差し押さえ禁止法も、5月にスピード成立しました。

この法律により、被災者が住宅ローンなどの債務を抱えていても、
全国から被災者に届けられた真心の義援金を、金融機関が
差し押さえできなくなりました。

清水 ほかにも、街のバイアフリー化やストーカー規制の強化、
難病支援の拡充など、数多くの実績を残していますね。

永石 二つ目は、「生活実感に根差した政策を実現する力」です。
約半世紀前から訴えてきた、返済する必要がない「給付型奨学金」
の創設を政府方針に明記させたのも公明党です。

橋元 消費税の軽減税率導入や、医療費負担の上限を引き下げる
高額療養費制度の改善など、国民生活に直結した政策も、
数多く実現してきました。

永石 そして三つ目が、「平和外交を進める力」です。
公明党は「対話」で突破口を開き、独自の交流を重ねてきました。

橋元 民主党政権で日中・日韓関係が冷え込みましたが、
政権交代後、公明党の山口代表は、中国の習近平国家主席や
韓国の朴 槿恵大統領と直接会談し、日中・日韓の首脳会談の
実現につなげて関係改善をリードしました。

原田 こうした「三つの力」を、公明党が連立政権で発揮
することにより、国民のニーズを幅広く捉え、
安定した政治を進めることができたのです。

”日本政治の良心”

長谷川 九州大学の薮野祐三名誉教授は、連立政権での
公明党の役割について、こう期待を寄せています。

「『地方創生』と『一億総活躍社会』の看板は自民党が
提示したわけですが、中身(政策)の具体案を提言
できるのは、自民党ではなく公明党なのです」

「今こそ公明党がどんどん具体案を出し、自民党に
足りないところをカバーしてほしい」

永石 また政治評論家の森田実氏はこう語っています。
「日本国民にとっての希望は、日本政治の良心である
公明党の躍進です。”公明党政治”の拡大が
最良の選択の道なのです」

原田 結党から半世紀。公明党が日本政治に不可欠な存在に
なっていることは間違いありません。「大衆とともに」
の立党精神は、いやまして強く光彩を放っています。

公明党は「希望が、ゆきわたる国」の実現へ立党精神を
貫き、日本の未来を開いてもらいたい。


2016/7/4(月)「大阪の戦い」から60年
新時代の「まさかが実現」を

  (聖教新聞)

トップページヘ

posted by mity504 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

公明は豊富な実績を語り抜け 2016/07/07

東日本大震災.PNG


公明は豊富な実績を語り抜け

選挙目当てな野合


竹岡 日本社会における公明党の重要性を、
各界の識者が称賛しています。
一方で、消費税などの基本政策の違いを棚上げにして、
選挙目当てに連携する民進党と共産党などの各党は、
無責任極まわりない”野合”と批判されています。

清水 両党は経済政策についても、与党批判ばかりで、
有効な対策がなく、こうした政党に、日本経済の
かじ取りを委ねれば、「混乱と停滞」を招くと指摘されます。

竹岡 防衛費を「人を殺す予算」と発言し、党役職を辞任した
共産党の最高幹部もいました。こんな政党にも、この政党と
共闘する政党にも、国民の安全と生活を任せられません。

原田 私たちが支援する公明党には、景気・経済、子育て・教育、
震災対策など、国民に誇れる豊富な実績があります。

清水 奨学金の拡充や、就職環境の改善、携帯電話を安く便利にした
公明党は、「若者の味方」です。

竹岡 公明党の主張によって、返さなくてもいい給付型奨学金の
創設も、現実味を帯びてきました。

永石 さらに、児童手当の拡大、幼児教育の無償化、妊婦・出産の
サポートなど、「子育て家庭」も強力に支援しています。

原田 育児休業給付金の引き上げ、女性管理職の割合を増やす
法律の施行など、「女性の活躍」の後押しもしています。

長谷川 白内障手術の保険適用、低所得者への給付金、
バイアフリーの拡大など、「高齢者に優しい社会」の建設にも
全力を挙げています。

原田 「希望」を地方や中小企業、個人や家計に行き渡らせるため、
年金の受給資格の条件緩和も検討しています。
今まで25年だったものを、10年以上払った方は、
年金が受給できるように提案しているのです。

永石 昨年、全国では発売され、大好評だったプレミアム付き
商品券のさらなる推進も訴えています。

原田 国民のために、真剣に汗を流しているのは誰なのか。
公明党は、その実績を大いに語り、今回の選挙戦、
絶対に勝ち抜いてもらいたい。

       (2016/07/07・聖教新聞)

トップページヘ

posted by mity504 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

都政改革の先頭走る都議会公明党

東京公明 1 .PNG

東京公明 2.PNG
▲都議会公明党が主導して「身を切る改革」を具体化する
条例が可決、成立した都議会本会議(2月22日)


 都政改革の先頭走る都議会公明党

1、身を切る改革 2、教育負担の軽減 
3、人にやさしい街づくり 

 「つの挑戦」が実現

 
 都議会公明党は昨年11月、都民の信頼回復と都政改革をめざし
「身を切る改革」「教育負担の軽減」「人にやさしい街づくり」の
3つの挑戦を掲げましたが、2月からはじまった都議会定例会で
すべて実現の運びとなりました。 


 1 身を切る改革 実現しました

 都議会史上初
 議員報酬を20%削減  年間4億4000万円を都民に還元
 政務活動費を減額、ネット公開 不正防止へ、全国トップクラスの
                情報公開

 費用弁償・議員特権(肖像画、記念品などの表彰)を全廃
 都民目線で議員改革

 公明党の”覚悟”が都議会動かす


 公明党が他党に先駆けて提唱した「身を切る改革」を具体化する条例が
都議会定例会初日の2月22日、全会一致で可決、成立しました。
条例の柱は、@議員報酬の20%削減(4月から実施する緊急性を優先して
1年間の特例に。引き続き恒久処置をめざします)

 A政務活動費を議員一人当たり月額50万円(10万円減額)とし、収支
報告書や領収書などの写しをインターネット上で全面公開。
 B本会議や委員会に出席するたびに定額支給されていた「費用弁償」を
廃止(島部在住議員を除く)の3つ。

 また、在職期間の長い都議に対する記念品の授与や肖像画の作成・掲示
といった”議員特権”も廃止されました。「都政改革は議会改革から」
「まず隗(かい)より始めよ」と訴えた都議会公明党の”覚悟”が都議会
全体を動かし、実を結びました。

東京公明 3.PNG
「身を切る改革」の条例案を発表する都議会公明党の
都政改革推進プロジェクトチームメンバー(2月14日)


 相次いだ知事の「政治とカネ」を巡る問題、豊洲問題では多額の追加的
な支出を余儀なくされる事態に対し、公明党は真っ先に「身を切る改革」
の断行を表明。

 ところが、他会派からの猛反発に遭い、超党派で作る「都議会のあり方
検討会」に改革案を提案すらできない状況になったのです。

「都議が自ら襟を正して都政改革に取り組む姿勢を示すべし」と、公明党
は他会派に先駆けて単独で条例案を提案。定例会が近づいた今年2月、
共産党が唐突に公明案とほぼ同じ内容で、議員報酬の削減割合を5%だけ
上乗せした25%削減案を発表。

 さらに民進党系の会派は30%削減案を提案するなど、他会派はパフォー
マンスに走りました。こうした状況においても公明党はブレることなく、
「議員の覚悟を示すには、あらゆる審議に先立ち、定例会冒頭で採決すべ
き」と他会派に呼びかけたところ、小池知事を支える都民ファーストの会
が真っ先に公明案に同意。

 すると自民党が「共同提案を」と賛意を示し、共産党も「私たちの案に
こだわりはない」と態度が急変。民進党会派も自案を取り下げ賛同したこ
とから急転直下、全会一致で公明党案を一字一句変えないままの「身を切る
改革」関連条例が可決、成立したのです。

 (Tokyo komei 2017 号外)

  まとめ
都政改革の先頭走る都議会公明党
2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ


posted by mity504 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化

高校 無償化 1.PNG


 2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
年収760万円未満の世帯対象

  実現しました


 2017年度の東京都予算の「目玉」政策は、都議会公明党が単独で提案し
実現した私立高校授業料の実質無償化です。年収約760万円未満の世帯で
、都内に住む私立高校生の3割に当たる約5万1000人が対象となります。

 都の発表では、4月に全ての生徒・保護者へリーフレットが配布され、
6月末から申請受付、12月に支給となる予定です。

高校無償化 3.PNG
都の私立高校向け特別奨学金の拡充


 全国一重い教育負担に配慮

 都内の私立高校に通う生徒の割合は全国最多の約56%にも上り、授業
料は平均年44万2000円(16年度)です。都の調査によれば、都の全世帯の
消費支出のうち「教育」への支出は全国平均の1.7倍にもなります。

 特に、国も就学支援金で実質無償化されている公立高校に比べ、私立
高校の授業料は格段に重くなっています。

高校無償化 2.PNG
小池知事に「教育負担の軽減」をはじめとする
政策提言を行う都議会公明党(2016年12月6日)
左端の女性が小池知事です


 小池知事との直接交渉実る

 教育負担の公私間格差を是正するため、公明党は私立高校に通う生徒の
いる世帯に対する都独自の特別奨学金(返済不要)を増額するよう提言。
小池知事に直接、要望し、粘り強く協議を重ねた結果、知事から「わかり
ました。これでいきましょう」と予算に盛り込むことが決定。
 
 ついに無償化への道を切り開くことができました。今後は通信制高校へ
の適用や、私立高校生の家庭の5割を占める年収約910万円未満の世帯へ
の拡充をめざします。

 入学貸付も25万円に引き上げ。

 別に提案していた入学支度金貸付(無利子)の拡充も20万円から25万円
に引き上げられたことで、だれもが学べる環境づくりが一段と進みました。


高校無償化 4.PNG
公明要望で「私立高無償」●朝日新聞1月26日付


共産党横取り.PNG


 「実績横取り」もくろむ共産党

 私立高校授業料の無償化を巡って、新聞各社は「知事は『公明党と
話が整った。一致できてよかった』と強調した」(日経1月17日付)、
「実質無償化に踏み切ったのは、公明党が同事業の実施を強く要望した
ため」(読売1月26日付)などと伝えています。

 ところが日本共産党は、臆面もなく機関紙「赤旗」などで、あたかも
共産党の実績であるかのように「横取り」し、ビラや街頭で宣伝を繰り返
しています。

 朝日新聞が大きな見出しで「公明要望で『私立高無償』」(1月26日付)
と報じているように、何をどう取り繕うとも事実をねじ曲げることは
できません。


高校無償化 5.PNG

「教育を受ける権利」を保障

 柴田悠 京都大准教授(社会保障論)

 高校は実質的に義務教育になっているのが現状。一方で、都立高校には
3人に1人が合格できない。となると、生活が苦しい家庭の子どもたちに
とっては、授業料の高い私立高校に行かざるを得ない。

 そこを無償化するということは彼らの実質的な義務教育を受ける権利を
保障するという点非常に重要だと思う。

高校無償化 7.PNG

 改革の旗を掲げ闘う公明党こ都政の要

 
森田実 政治評論家

 1963年当時、「伏魔殿」と言われた都政の闇を公明党の都議会議員が
次々と正していきました。今も都議会公明党はその精神を受け継ぎ、
改革の旗を掲げ続けています。

 いつも庶民の側に立って闘う、ウソや誤魔化しのない真面目な人たち
です。新しい東京をつくっていく都政の要は公明党以外にないと
断言します。

 (Tokyo komei 2017 号外)

  まとめ
都政改革の先頭走る都議会公明党
2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ


posted by mity504 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

3、 人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備

公明号外 3.PNG

3、 人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備

    実現しました


公明号外 2.PNG

 バイアフリー化を加速


東京五輪・パラリンピックへ向け都営新宿線の21駅、東京メトロ銀座線
・千代田線の各駅のホームドアの設置を推進。
17年度にはホームドアとエレベーターを新設する駅の数が前年度比で
倍増します。

 また、高齢者や障がい者らが安全に生活できるよう歩道の段差などの
解消や、展示ブロックも整備。
外国人旅行者らが利用しやすいWI-FI(ワイファイ)の整備も充実させる
など、世界に誇れる”おもてなし都市”をめざします。

公明号外 5.PNG
学校などのトイレ洋式化の予算額38億円
(前年度比で約5倍)


 学校トイレの80%洋式化

 公立小中学校や都立高校などのトイレの洋式化を進めるため、都は17年度
予算案で前年度比で約5倍の約38億円を計上しました。
現在、公立小中学校が55%、都立高校なども53%にとどまっている
洋式化率を20年度までに80%へ高めます。


「無電柱化」で災害に強い街に


 都内には約75万本の電柱が立っています。地震で倒壊した電柱が、人命
救助や消防活動を妨げる恐れがあります。都は17年度から都道での電柱の
新設を禁止し、電線を地中に埋める「無電柱化」を推進します。
区市町村への無電柱化の補助も拡充します。


公明号外 4.PNG


 「女性視点の防災ブック」を作成へ

 公明党は首都直下地震の対策に一貫して取り組んできました。17年度には
都議会公明党の提案に小池知事が賛同し、「女性視点の防災ブック」が
新しく作成されることになりました。

 女性が着替えや授乳をしづらい避難所の運営改善や、液体ミルクの普及・
活用などが盛り込まれる予定です。
女性の防災リーダーの育成も推進します。


 待機児童の解消めざし 保育士の待遇を改善

 待機児童の解消めざし、保育人材の確保策として、これまで一人当たり
月額2万3000円相当だった賃金補助に、17年度からさらに2万1000円を
上乗せします。

 国の賃金補助と合わせると都内で働く保育士の平均給与は月額約32万円
にアップします。


 都議会公明党の闘い 識者はこう見る

公明号外 6.PNG


 小池知事と二人三脚で都政改革進める存在として期待


  政治心理学が専門の
 川上和久 国際医療福祉大教授


 東京都は13兆円もの予算を扱う日本最大の自治体です。都政の改革と
言っても、政策提案から予算の獲得まで、きちんと実績を積んだ政党が
政策について、フォローし、チェックしないと前には進みません。

 そういう意味において、小池知事と公明党が二人三脚で「東京大改革」
を具体的政策で実現してほしと思います。


公明号外 7.PNG


 都民の期待に応えた画期的な出来事
 
 地方行政・議会に詳しい
 河村和徳 東北大准教授


 これまで全国で4つの府県議会しか行っていなかった政務活動費の
ネット公開など「身を切る改革」を都議会公明党がこれほどの
短期間で主導し、実現させたことは画期的なことです。

 これは、都知事や都議会が特権階級ではなく庶民に近い存在に変わっ
てほしいという都民の期待に応えたもので、高く評価できます。

  (Tokyo komei 2017 春 号外)

    まとめ
 都政 改革の先頭走る都議会公明党
 2  教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
 3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ


posted by mity504 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

都民とともに「東京改革」公明党

 都民とともに「東京改革」公明党

 都民とともに「東京改革」……。
都議会公明党と小池知事率いるファーストの会は3月13日、
首都・東京が抱える様々な課題をのりこえ、希望ある未来を開くために
力を合わせていくことで一致。
都議会において共同で進める政策について合意するとともに、今夏の
都議選において相互に推薦することも発表し、「新しい東京」の構築を
めざしてスタートを切りました。

東京改革 1.PNG
小池知事(前列中央)とともに「東京改革」を進める

東京改革 2.PNG
都政改革推進プロジェクトチームのメンバー

前列左から 大松あきら(現)北区 けいの信一(新)荒川区 
中島よしお(現)北多摩3区 高倉良生(現)中野区
2列目左から 斎藤やすひろ(現)目黒区 長橋けい一(現)豊島区 
うすい浩一(新)中山信行(現)足立区 
3列目左から 古城まさお(新)新宿区 谷村たかひこ(現)北多摩1区 
伊藤こういち(現)品川区 こいそ善彦(現)町田市 藤井一(現)大田区 
遠藤守(現)大田区 加藤まさゆき(現)墨田区
細田いさむ(新)江東区
4列目左から 小林けんじ(現)練馬区 のがみ純子(現)葛飾区 
栗林のり子(現)世田谷区 まつば多美子(現)杉並区 上野和彦(現)江戸川区 
たちばな正剛(現)板橋区 東村くにひろ(現)八王子市

 小池都知事
「都政の頭脳として公明党に期待」

  応援メッセージ

 公明党が議会改革の先頭に立ち、都民の視点で議員報酬削減などの
「身を切る改革」を実現したことは、都議会史に残る大きな業績です。
公明党には、現場第一の「抜群の行動力」と「生活者目線の政策を
立案し、実現する力」があります。

だから、私は公明党に「都政の頭脳」として活躍していただくことを
期待しています。
「都民ファースト」の私たちと「生活者ファースト」の公明党が
”車の両輪”となって力を合わせ、血の通った新しい都政を都民と
一緒につくっていきましょう!


 都議会公明党と「都民ファーストの会」の政策合意

 都議会公明党と「都民ファーストの会」は、共通する政策目標である
「新しい東京」の構築に向けて、協力して政策実現に取り組むことを
確認し、10分野35項目について合意した。(以下、抜粋・要約)


 東京改革
・都民優先の政策を都政の基本に据える
・情報公開を今後も徹底して進める
・都民目線に照らして不自然、不合理、不経済な
 行政慣行を見直す

 東京オリンピック・パラリンピック
・経費節減に不断の努力を行う
・被災地の復興と共にある大会であることを名実ともに
標榜する
 防災・減災対策
・大地震と大水害の双方に備える施策や電線類の地中化を推進
安全・安心のまちづくり
・都市インフラの計画的な設備更新と長寿化を推進する
少子社会対策・子育て支援
・安心して生み、育てられる東京をめざした施策を推進
高齢社会対策
・医療と介護の連携強化や、高齢者の社会参加の促進、
認知症の予防策強化など
福祉先進都市
・障害の特性に応じた合理的な配慮の充実、貧困の連鎖を
断ち切る施策の充実を図る
 環境・エネルギー先進都市
・世界をリードするスマートエネルギー都市の実現をめざす
 人づくりの教育
・経済力の差を補完する政策を展開し、教育を受ける権利、
教育を選ぶ自由を具体的に保障する

  (Tokyo komei 2017 春 号外)

  まとめ
 都政 改革の先頭走る都議会公明党
 2  教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
 3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ



posted by mity504 at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

都議会公明党の実績

東京公明 1 .PNG

東京公明 2.PNG
▲都議会公明党が主導して「身を切る改革」を具体化する
条例が可決、成立した都議会本会議(2月22日)


 都政改革の先頭走る都議会公明党

1、身を切る改革 2、教育負担の軽減 
3、人にやさしい街づくり 

 「つの挑戦」が実現

 
 都議会公明党は昨年11月、都民の信頼回復と都政改革をめざし
「身を切る改革」「教育負担の軽減」「人にやさしい街づくり」の
3つの挑戦を掲げましたが、2月からはじまった都議会定例会で
すべて実現の運びとなりました。 


 1 身を切る改革 実現しました

 都議会史上初
 議員報酬を20%削減  年間4億4000万円を都民に還元
 政務活動費を減額、ネット公開 不正防止へ、全国トップクラスの
                情報公開

 費用弁償・議員特権(肖像画、記念品などの表彰)を全廃
 都民目線で議員改革

 公明党の”覚悟”が都議会動かす


 公明党が他党に先駆けて提唱した「身を切る改革」を具体化する条例が
都議会定例会初日の2月22日、全会一致で可決、成立しました。
条例の柱は、@議員報酬の20%削減(4月から実施する緊急性を優先して
1年間の特例に。引き続き恒久処置をめざします)

 A政務活動費を議員一人当たり月額50万円(10万円減額)とし、収支
報告書や領収書などの写しをインターネット上で全面公開。
 B本会議や委員会に出席するたびに定額支給されていた「費用弁償」を
廃止(島部在住議員を除く)の3つ。

 また、在職期間の長い都議に対する記念品の授与や肖像画の作成・掲示
といった”議員特権”も廃止されました。「都政改革は議会改革から」
「まず隗(かい)より始めよ」と訴えた都議会公明党の”覚悟”が都議会
全体を動かし、実を結びました。

東京公明 3.PNG
「身を切る改革」の条例案を発表する都議会公明党の
都政改革推進プロジェクトチームメンバー(2月14日)


 相次いだ知事の「政治とカネ」を巡る問題、豊洲問題では多額の追加的
な支出を余儀なくされる事態に対し、公明党は真っ先に「身を切る改革」
の断行を表明。

 ところが、他会派からの猛反発に遭い、超党派で作る「都議会のあり方
検討会」に改革案を提案すらできない状況になったのです。

「都議が自ら襟を正して都政改革に取り組む姿勢を示すべし」と、公明党
は他会派に先駆けて単独で条例案を提案。定例会が近づいた今年2月、
共産党が唐突に公明案とほぼ同じ内容で、議員報酬の削減割合を5%だけ
上乗せした25%削減案を発表。

 さらに民進党系の会派は30%削減案を提案するなど、他会派はパフォー
マンスに走りました。こうした状況においても公明党はブレることなく、
「議員の覚悟を示すには、あらゆる審議に先立ち、定例会冒頭で採決すべ
き」と他会派に呼びかけたところ、小池知事を支える都民ファーストの会
が真っ先に公明案に同意。

 すると自民党が「共同提案を」と賛意を示し、共産党も「私たちの案に
こだわりはない」と態度が急変。民進党会派も自案を取り下げ賛同したこ
とから急転直下、全会一致で公明党案を一字一句変えないままの「身を切る
改革」関連条例が可決、成立したのです。

 (Tokyo komei 2017 号外)

  まとめ
都政改革の先頭走る都議会公明党
2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

トップページヘ


posted by mity504 at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<