四季の励まし - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

四季の励まし 池田SGI会長 挑戦し続ける人が勝利者

インド 1.PNG


四季の励まし

池田SGI会長

挑戦し続ける人が勝利者


「開拓」とは、自分自身への挑戦だ。

人は、誰でも
未踏の原野をもっている。

それも、どこか遠い彼方ではなく、
ごく身近にあるものだ。

最も手強(てごわい)い壁は、
実は心の中にある。

ゆえに、勇気をもって
自分と向き合い

「自己拡大の戦い」
「人間革命の戦い」を起こすことだ!

その人こそ、
最も勇敢なる開拓者である。

 ◇ ◇ ◇

自分が太陽になることである。
太陽が一人いれば、
家庭も地域も、皆が照らされる。

広布のために
動きに動く行動の果てに、
生命は太陽と輝くのである。

 ◇ ◇ ◇

勝利を誇る姿 それも美しい。
しかし、それ以上に美しく、
気高いのは”さあ、戦うぞ!”

”いよいよ、これからだ”という、
挑戦の姿であろう。

尊いのは、「戦う」一念である。

ある意味で、勝っても負けても、
「戦う」こと自体が偉いのである。

何があろうと「戦い続ける」人は、
すでに人間として
「勝っている」といえる。

 ◇ ◇ ◇

”もう駄目だ”と思うような時に、
御書を開き、学会活動を学び、
また同志の励ましをうけて、

あらためて、
「信」を奮い起こしていくことだ。

御本尊に向かって
真剣に唱題行を貫いていけば、
必ず、わが胸中から変革が始まる。

自身の仏性が開かれて、
歓喜と確信が込み上げ、
挑戦する勇気が湧いてくる。

そこに絶対勝利への
仏の無限の智慧と力が現われるのだ。

インド 2.PNG
福運あれ!勝利あれ! 池田SGI会長が、地涌の使命に生きる
インドの同志をたたえて(1992年2月、インド・ニューデリーで)


彼方に続く緑の地平。大空を舞う鳥たち。1992年(平成4年)2月、
池田SGI(創価学会インタナショナル)会長がインドのニューデリー
でカメラに収めた。

この訪印の折、池田SGI会長はインドの友に詩を贈った。
「人間を忘れて信仰はない/ゆえに智慧を磨き 人格を磨き/社会に人間性の
枝葉を茂らせていこう/その着実にして/確実な前進の中にこそ/希望の
明日が開かれていく」

悠久の大地に蒔かれた妙法の種子は今、見事な大樹と育ち、豊かな
”人材の森”が広がる。
広宣流布の旅路に、「もう、これでよい」という終わりはない。

絶えず挑戦し続ける人にこそ、勝利と栄光は輝く。
さあ、創立の月・11月へ、自分自身の”未踏の原野”を勇敢に
切り開いていこう。

(聖教新聞、2016/10/30 SUN)

トップページヘ


posted by mity504 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の励まし

四季の励まし 世界へ!人間のための宗教を

シンガポール1.PNG
競うように天空へ伸びる高層ビル群。その向こうに美しい虹がかかった。
2000年(平成12年)11月、シンガポールのマリーナ湾を望みつつ、
池田大作先生が撮影した一葉である。
邪宗門の鉄鎖を断ち切った「魂の独立記念日」から25年。
学会は池田先生のもと、いかなる悪の陰謀にも微動だにせず、日蓮仏法
の人間主義を語り広げた。
平和を希求する民衆のスクラムは今や、世界192ヵ国・地域へと
拡大し、あの地にも、この地にも、新たな人材が踊り出ている。
雨が降らなければ、虹はかからない。障魔の嵐を乗り越え、晴れ晴れと
進む我らの頭上には、”勝利の虹”が燦然と輝いている。


池田大作先生 四季の励まし

世界へ!人間のための宗教を


創価学会の使命は、
世界広宣流布にある。

日蓮大聖人の仏法を、
人々の胸中に打ち立て、
崩れざる世界の平和と、
万人の幸福を実現することにある。

大聖人は、末法にあって、
全人類の救済のために、
妙法流布の戦いを起こされ、
全世界への
大法弘通を誓願された。

学会は、御本仏のその大誓願を
果たすために出現した。
人間主義の世界宗教である。

  ◇ ◇ ◇

「人間のための宗教」こそ仏法の帰結だ。

それゆえ、反対に
「宗教のための人間」
「宗教のための宗教」
というような
転倒した権威主義とは、
どこまでも戦わざるを得ない。

希望へ、幸福へ
安穏へ、平和へと、
大悪を常に
大善の方向へ転じていくのが、
現実変革の宗教の証である。

  ◇ ◇ ◇

目の前の一人を
親身になって蘇生させていく。

一人の宿命転換の劇に、
最高の善知識として関わっていく。

「一人」を励まし育てることが、
世界の広宣流布を築く一歩だ。

否、世界広布といっても、
「一人」が、
幸福になるかどうかで決まる。

  ◇ ◇ ◇

創価学会には、いかなる大難も
私と共に勝ち越えてきた、
勇気と誠実と忍耐の
英雄が無数にいる。

「仏法は勝負」である。

ゆえに、戦い勝たねばならない。

戦うことが「後継」だ。

勝つことが「報恩」である。


シンガポール2.PNG
中米・コスタリカのメンバーに「人生の勝利者になってください。
幸福王になってください」と呼びかける池田先生。
同国で54ヵ国・地域目の訪問となった。
(1996年6月、首都サンホセ郊外で)


 (聖教新聞 2016/11/20 日)

トップページヘ


posted by mity504 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の励まし

池田大作先生 四季の励まし 感謝の心で人生は輝く

感謝のこころ 1.PNG
池田大作先生 四季の励まし 感謝の心で人生は輝く

感謝のこころ 2.PNG


 池田大作先生 四の励まし

 感謝の心で人生は輝く


感謝がある人は幸福である。
心には豊かさがあふれ、
喜びに満ち、
生き生きとして明るい。
福徳が輝く。
感謝のない人は不幸である。
いつも、不平と不満、
嫉妬と恨みと愚痴の
暗雲が渦巻いている。
だから、人も離れていく。
わが人生を輝かせゆく源泉は、
報恩感謝の一念にこそあるのだ。

 ○ ○ ○

誰のどのような行いによって
今の自分があるのか。
そのことを深く知り
感謝することで、
自己を最も強く肯定し、
自分自身の存在の基盤を
確立することができる。
自身の基盤を確立することは、
自分自身の大いなる
発展の土台となるのである。
報恩とは、
自身の可能性を最大に開いていく
「人間革命」の挑戦なのだ。

 ○ ○ ○

大文豪ゲーテは言う。
「感謝しなければならぬ人と
出会いながら、
感謝をわすれていることが、
どんなにしばしばだろう」
その通りである。
陰で支えてくれた方々に、
感謝の声を掛けていくことだ。
決して
当たり前と思ってはならない。。
声一つ、言葉一つで、
人間の心は動く。
その心が一切を決める根本だ。

 ○ ○ ○

感謝を忘れず、
報恩に徹すれば、
自ずから
為すべき行動は定まる。
必ず
無限の勇気と智慧が、
滾々(こんこん)と
湧き起こってくるのだ。
感謝の人は光る。
報恩の世界は栄える。


写真
沿道には、池田大作先生の訪問を心待ちにしていた同志の姿が
あった。1988年(昭和63年)2月のシンガポール。
感謝の思いを込めて、先生は車内からシャッターを切った。

 感謝のない人は、自分のために人が何かをしてくれても、
「当たり前」だと思う。この「当たり前」を「ありがとう」の
言葉に置き換えれば、どれだけの人が笑顔になるだろうか。
地域へ、社会へ、笑顔を広げゆく感謝の人でありたい。

 『聖教新聞 2017/02/12(日)』

トップページヘ


posted by mity504 at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の励まし

四季の励まし 池田大作先生 誠実を貫く人間王者たれ

四季のはげまし3.PNG

 四季の励まし 池田大作先生

  誠実を貫く人間王者たれ


容姿や服装で、
人の真価は決まらあない。
振る舞いで決まる。
誠実で決まる。
誠実なくして、
偉くなった人はいない。
誠実……
ここに哲学の究極があり、
人間世界を照らす光がある。

 〇 〇 〇

傲(おご)りの心、退転の心に
侵されてはならない。
列車も、飛行機も、
どこかへ向かっていく。
進まなければ、
目的地には着けない。
これが道理である。
人もまた、生き生きと、
新天地に向かって飛び出すのだ。
心を外へ開くのだ。
自分の殻を破るのだ。
そこに希望の拡大がある。
幸福の光が広がる。
勇んで、外へ打って出る……
それが、勝利し、
発展し続けていくための
原則なのである。

 〇 〇 〇

真剣……この二字のなかには、
すべてが含まれる。
真剣であれば、勇気も出る。
力も湧く。知恵も回る。
また、真剣の人には、
ふざけも、油断も、怠惰もない。
だから、負けないのである。
そして、そこには、
健気さが放つ、
誠実なる人格の輝きがある。

 〇 〇 〇

因果の理法は峻厳である。
自分が、どう祈り、
どう戦っているか
どう行動してきたかは、
自身の生命に
厳然と刻み残されている。
どこまでも真面目に、
誠実に信心を貫いた人が、に最後は勝つ。



トップ写真の解説
都電荒川線「町屋駅前」の周辺。今月6日、池田大作先生
ご夫妻が東京・荒川区へ。その折、先生は車中から、懐かしい
下町の風情をカメラに収めた。
ご夫妻は荒川文化会館を訪れた後、足立を回り、葛飾、
墨田、台東、江東等の天地を見つめ、広布に走る”感激の
同志”に題目を送った。
列車は、軌道を外れることなく、目的地へひた走る。
創価の友もまた、自他共の幸福という軌道を、誠実一路に
突き進む。その先には、勝利と栄光の未来が待っている。
スコットランドの詩人バーンズは謳った。
”誠実な人は、人間の王者である”と。
どこまでも目の前の一人を大切に、人間王者の大道を
朗らかに歩もう!

四季のはげまし25.PNG
池田先生が、アフリカから来日したメンバーを心から
たたえ、握手を。大誠実の振る舞いから信頼が生まれ、
共感が広がる(2008年7月、八王子市の東京牧口記念会館で)




posted by mity504 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の励まし
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<