グローバル ウオッチ - 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

グローバル ウオッチ 世界を見つめて 若者と希望(1)

若者と希望 1.PNG
アメリカで信心に励む母と心を通わせ、ジョーさん(右)
は今、日本に住む父とも交流を。妻・留美さん(左)
と共に、長男・里玖君へも「信心の歓喜をシェアしたい」と。
ロサンゼルス出身。両親の離婚に伴い少年時代は多くの悩みを。
2006年に入会。今年で来日10年目を迎える。
32歳。古市勇翔支部、男子部部長。


グローバル ウオッチ 世界を見つめて 若者と希望(1)

 家族をつなぐ力、ここに。

 大阪市城東区 ジョー・ケマナイ

 父になったLA(ロサンゼルス)育ちの日系人

 ”種のるつぼ”ロサンゼルス(LA)で生れた。父は日本人とロシア人
のハーフ(ダブルとも呼称)、母は日本生まれの韓国人。
離婚後、母は朝から晩まで働き、姉とジョーを育てた。幼い頃はベビー
シッターに預けられ、小学校の1年間は里親の家で過ごしたこともある。

 LAは、地域ごとに多数を占める人種が異なり、治安は道一本を隔て、
天と地ほど違った。市内で転居を繰り返すたび、付き合う友人も変わる。
小学生の頃はヒスパニック(中南米出身者)と、中学ではアジア系の
仲間と、高校は「クールな白人たち」の中へ。

 ギャングの子どもとけんかに明け暮れもすれば、リッチな白人仲間と
ホームパーティーにも興じた。人種間の格差や、目に見えない差別を、
肌で感じて育った。

強がっていたが、心の中はいつも”空っぽ”。母のことも憎かった。
「もっと一緒にいて、愛してほしかった」

 高校を卒業すると、アメリカ社会では自立することを求められる。
運送会社で朝から晩まで働いた。クタクタに疲れ、ようやく自分を
見つめる。

”俺は何のために生きているのか……”。ルーツを求め日本へ。
禅など瞑想を試すも、答えは見つからなかった。

 その後、LAに戻り、カラテ道場の師範から仏法の話を聞く。母は友人の
勧めで、以前からSGIに入会していたが、自分は一編の題目も唱えたこと
がない。

母の居ない日、そっと御本尊の前に座った。喜びが内側からあふれてきて、
気付けば6時間、唱題を続けていた。祈るうちに、母の顔が浮かぶ。
信心根本に仕事に励み、経済革命を成し遂げ、一家を守ってくれた母。

 ”これまで、ママがどれだけ苦労してきたか……”憎しみが感謝に
変わった。2006年(平成18年)、21歳で入会。
学校に通い、努力を重ね、救急隊員となった。

 だが、母の苦労が本当に分かったのは、再び来日してから。
08年、もっと信心を学びたいと、”常勝関西”の地へ。当初、日本語が
話せなかった。

フィリピン人、中国人、ネパール人と共に、ホテルで清掃の仕事を。
生活は困窮し、パンと蜂蜜だけで数週間、飢えをしのいだこともあった。

最後は信心しきった者が必ず勝つーーー男子部の先輩と日本語で学んだ
池田先生の指導が、心の支えに。そして思った。
”ママも祈り抜いて、強い心で、俺たちを育ててくれたんだ”

 必死に働き、5年後、英会話講師の職に就く。知り合った外国人に
弘教も果たす。仏法対話の場に同席したのが妻・留美さん=白ゆり長=
だった。

 今、何かにつけて、ジョーは息子をハグする。(抱き締める)
それは、「生まれてきてくれた息子への感謝を表す」習慣であり、
「自分を生んでくれた母や父の存在を感じる」瞬間でもある。

 第2につづく『聖教新聞 2017/02/26(日)』

トップページヘ

posted by mity504 at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル ウオッチ

グローバル ウオッチ 世界を見つめて 若者と希望(2)

若者と希望 2.PNG
 試練の冬を越えて、人生の春を喜ぶ中嶋さん(中)と妹の
古閑恵梨架さん(左)。17歳から10年間、2人で暮らした日々は、
かけがえのない宝。苦しんだ分、人の痛みに寄り添えるように
なれた。父、母、学会の同志、全ての人への感謝を胸に、今、
女子部の友の励ましに徹する。桂川東支部、圏女子部長。


グローバル ウオッチ 世界を見つめて 若者と希望(2)

 家族をつなぐ力、ここに。

 残された姉妹が見つけた幸せ

福岡県・桂川町 中嶋麻実さん

 学2年で両親が離婚。高校2年の冬、母が家を出ていった。
毎晩、リビングのソファで帰りを待った。しかし、母は戻らなかった。
妹と2人、コンビニのアルバイトの給料で生活する。

家賃と光熱費を払うと、わずかしか残らない。高校にも通えなくなり、
そのまま退学。妹〈古閑惠梨架さん=副白ゆり長〉に中学を卒業させる
のが、やっとだった。

 毎日が苦しかった。心はすさみ、髪は金髪に、寂しさを紛らわせる
ために、一晩中、友人と遊び回った。だが、身も心も満たされない。
その頃、頻繁に顔を見せる近所のお姉さんがいた。

「菅さんが来ると、真っ暗な家の中がパッと明るくなるんです。
妹は”あの人は妖精だ”って(笑い)」
 
 菅友美さんは創価学会の女子部だった。そして姉妹は信心に励み始める。
毎週月曜の夜は、妹と2人で学会の会合へ。行くだけで喜んでもらえたし、
最後のおじさんの話を聞くと元気が出た。

会合ではいつも、一人のばあちゃんが隣に座ってきた。背筋が曲がって
いると、背中を小突かれる。よそ見をしていると、耳元で「人の目を
見なさい!」とささやかれる。とにかく厳しい。けど、どこか温かい。

 ある人が教えてくれた。「あのばあちゃんは、『2人を私たちの娘だと
思って育てていこう』と言ってるんだ」うれしかった。胸が熱くなった。
”そうだ、私には、学会のお父さん、お母さんがいるんだ!”
いつしか心から寂しさは消えていた。

 悩みは全部、菅さんに相談した。昼夜逆転した生活リズムを正すため、
毎朝7時から一緒に勤行を。真剣に祈ると、好待遇の職が見つかった。
女子部で部長、本部長となり、友に尽くすうちに自分のことでは
悩まなくなった。

だが再び試練がーーー。妹が「気分変調性障害」で働けなくなり、
生活が逼迫。家で暴言を吐き、暴れた。

 家に帰るのも、つらかった。その頃、県外で再婚した母から「こっちに
来ないか」と誘われる。すぐ飛んでいきたかった。けれど、母の幸せを
邪魔するように思え、福岡に残った。

だが、妹の世話に疲れ、心は限界だった。”もう無理……”。
潰れそうな時、決まって菅さんが家に来てくれた。池田先生の指導を
懸命に求めた。「一番苦労した人が一番幸せになる」との言葉を支えに、
祈り抜いた。

 すると、十数年ぶりに再会した父から、「一緒に暮らそう」と
提案される。祖父母が家を用意してくれ、独身の父と3人で住むことに。
引っ越しの夜、とめどなく涙があふれた。
”まさか、こんな日が来るなんて……”

 その後、父は娘に勧められ、信心を始める。妹も病が癒え、結婚して
子どもが生まれた。そして、中嶋さんは今、ようやく見つけた自分の
夢に向かって、働きながら、創価大学の通信教育部で学んでいる。

  おわり

 『聖教新聞 2017/02/26(日)』


 
 麻実さんは「中学2年で両親が離婚。高校2年の冬、母が家を
出ていった。」両親がいない姉妹、麻実さんのわずかなバイト
の収入で妹と暮らす、普通には耐えられない状況。
絶望しかない。
 麻実さんは経済的に学業を続ける余裕がなく、高校を中退せざる
を得なくなる。
そんな彼女を救ったのは同志であり、学会の仲間だった。

 まとめ
グローバル ウオッチ 世界を見つめて 若者と希望(1)
グローバル ウオッチ 世界を見つめて 若者と希望(2)

トップページヘ
 

posted by mity504 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル ウオッチ

若者と社会 格差社会の克服へ(1)

若者と社会 1.PNG

グルーバルウオッチ 若者と社会
 −世界を見つめてー

 インタビュー 経済学者 橘木 俊詔さん

格差社会の克服へ(1)


   ……グルーバル経済が浸透し、格差社会が広がる今、多くの若者が困難な
労働環境や家庭環境などに置かれ、社会との向き合い方に迷い、孤立し
がちな状況にある。
未来に不安を感じ、希望を見いだせない若者の現状について、格差社会論
の第一人者である橘木さんはどう見ているのだろうか。

 
 格差拡大の中で若い世代は多くの困難に直面してきました。長引く
経済不況で高い失業率が続き、非正規雇用が拡大する中、働いても貧困に
陥るワーキングプアが爆発的に増加しました。また最近、働き口は増えて
きたようですが、劣悪な労働条件を強いるブラック企業や、過労死に
至るほどの長時間労働など、今も多くの労働を巡る課題が山積しています。

 また近年、家族の絆が希薄化し、離婚率が高くなっている中で、
ひとり親家庭や単身世帯の多くが、貧困状態にあります。幼児虐待や
育児放棄など痛ましい事件も起きている。


また、貧困に直面した若者ほど家庭を持つことに自信が持てず、結婚願望
がない男女が急増しており、ますます孤立しがちな状況があります。

 かつての日本社会は、皆が物質的な豊かさを求めて猛烈に働き、高い
経済成長と生活満足度を実現してきました。その背景には、若い労働者を
安定して雇用し、福利厚生で支え続けた強い企業の存在があり、また
貧しくとも共に助け合って若者・子どもを育てていこうという家族・親族
の強い絆がありましたあ。

 しかしその後、長い経済不況と低成長の時代に入る中で、企業や家族に
かつてのような強い力を求めたり、若い人を支える責任を押し付けたり
することはできなくなってきています。

 今、重要なのは、政府や行政による福祉政策を軸としながら、社会全体
で若者や格差に苦しむ人を支え、助け合う共生社会をつくっていくこと
です。

 また同時に、価値観が多様化する中で、単に物質的な豊かさだけでは
なく、心の豊かさを重視する「新しい幸福感」を社会に広げていくことが
重要です。


……若者の中には、やりたい仕事が見つからないなど、「働くこと」の
意味を求めるあまり、現実の行動を起こせていない人がいるように感じる。


 伝統的に日本で語られてきたのは、働く意義を考えることがまず大切で
あり、働くことで」人生が充実し、生きる喜びを感じられるというような
思想です。

 しかし現実に、働くことに楽しさと生きがいを感じるような職に就ける
人はかなり少数派であり、大多数の人にとっては「働くことはつらく
苦しい」しかし「食べるためには働かざるを得ない」のが実際ではないかと
私は思います。

 ドイツ生まれの政治哲学者のハンナ・アーレントは、「労働」(LABOR)
とは生命の維持のための行為であり、人間が生きるためのする消費行動の
糧を得る手段であって、通常は苦痛を伴うものと指摘しています。

その一方で、製作を伴う「仕事」(WORK)を、人工的な世界を作り出す
ものとして区別し、消費財の購入のためだけに働いている現代は「労働者
の社会」だと言っています。

 このアーレントの考えを発展させたドミニク・メーダは、人間社会が
生活・生命を維持するための労働のみに時間を奪われていることを嘆き、
労働に自己実現を求めることは不可能で、労働以外の活動に求めるのが
自然であると主張しました。

 私はこの二人の考えに共感します。働くことの意義を考えるなら、
生活や家族を養うのに必要な収入・所得を得るためだけでも十分であって、
労働を通して人生を充実させるというような考えは、必ずしも必要では
ないと考えます。

むしろ働くことに意義を持たせ過ぎると、うまく働けない時に、自分の
人生までも否定しかねません。

 実際に、「生活の中でいつ充実感を感じるか」を聞いている内閣府の
「国民生活に関する世論調査」(図)があります。そこでは一貫して
「家族団らんの時」が1位で、かつては僅差の2位に「仕事にうちこんでいる
時」が付けていましたが、近年では5位に落ち込んでいます。

 ここで重要なのは仕事以外の余暇であって、「友人や知人と会合、雑談」
「趣味やスポーツに熱中」「ゆったりと休養」といったことが充実感に
つながっており、さらに「勉強や教養」「社会奉仕や社会活動」も大切な
要素になってきています。

 もちろん、働きたい人は誰でも働けるだけの仕事が社会にあることが
重要な前提にになりますが、仕事については、ある程度必要な収入を
得られればそれで十分と割り切り、仕事以外のところで人生を充実させ
ていく発想も大切です。

昨今、「ワークライフバランス」が強調されるように、仕事と家庭・
人生をバランスよく充実させることが重要になっているのです。

 次回につづく

 【聖教新聞 2017/06/10(土)】

 まとめ 
若者と社会 格差社会の克服へ(1)
若者と社会「新しい幸福感」への転換が必要(2)

トップページヘ


posted by mity504 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル ウオッチ

若者と社会「新しい幸福感」への転換が必要(2)

若者と社会 1.PNG

グルーバルウオッチ 若者と社会(2)
 世界を見つめて
 
 物質的豊かさから精神的充実へ
「新しい幸福感」への転換が必要


……人生の充実感を得る上で「家族の団らん」が大きな役割を果たして
いることは重要だが、現実はそういった「団らんが持てない家族」が
増えていることが問題だといえる。

 そもそも全体的に、個人主義が徹底された社会になってきて、人との
付き合いや助け合いといった関係が面倒であり、好きではないという
人が増えてきています。

その中で、高い離婚率や若者の結婚願望の低下など、家族の絆が希薄化
しているのは現実であり、それ自体をダメだと批判したり、否定しても
意味がありません。

 むしろここで重要なのは、経済的な貧困や劣悪な労働環境などの問題
から、結婚したくてもできない若者や、「団らんのある家庭」をつくり
たくても、つくれずに孤立している家族が増えているということです。

特に、ひとり親家庭の相対的貧困率は5割を超えており、子どもが十分な
教育を受けられずに、将来にわたって貧困が連鎖しかねない事態は大変に
深刻です。

 これまでの日本社会は自己責任の考えが強く、子どもの教育は家族に
責任と負担を押し付けてきました。GDP(国内総生産)に占める「教育
への公的支出」の割合が先進国の中で最低レベルであるというショック
な数字は、日本が子どもの教育を家族に依存しってきたことを
物語っています。

 しかし今や、家族だけでは子どもの教育の機会均等を支えることが
出来なくなっていることは間違いない。ならば政府や行政による福祉を
軸として、社会全体で困難な状況にある家族を守りながら、未来ある
子どもの教育を支えていかなくてはいけないと思います。

 また、若い学生・社会人への技能教育・職業訓練についても同じこと
がいえます。かつての企業は、安定した長期雇用の中で若い社員の技能
教育をする役割を果たしてきましたが、今は余裕がなく、即戦力になる
人ばかりを雇用する傾向にあります。

 現在、世界で最も幸福度が高いといわれるデンマークをはじめ、
北欧諸国やドイツなどでは、学生に対する技能教育や、社会人になって
からの職業訓練の機会が十分に広がっています。

 これからの日本社会も、子どもや若者への教育・技能訓練に関わる
政策などを充実させ、一人一人の労働生産性を向上させながら、個人の
幸福度と経済成長をバランスよく両立させる、新しい福祉国家へと
進んでいく必要があると考えます。

若者と社会 2.PNG

 物質的豊かさから精神的充実へ
「新しい幸福感」への転換が必要



……急速に少子高齢化が進み、人口減少社会に突入した日本は、かつて
のような経済成長を望めないといわれる。その中でこれからの若い世代
が未来へ希望を持って進むために、どんな視点が必要だろうか。


 経済学では、経済成長のないゼロ成長に近い状態を「定常状態(経済)
」と呼びますが、これを19世紀に指摘したのがジョン・スチュアート・
ミルです。

 ミルは地球上で開墾できる土地が有限であることに注目し、農業や
工業における生産の成長にも制約がある以上、経済は定常状態に向かうと
示しました。

 このミルの思想は、その後の経済成長一辺倒の世界にあって重視される
ことはなかったのですが、20世紀、人類の生存そのものを脅かす地球環境
問題に直面して以来、あらためて注目されてきたといえます。

 つまり、有限な地球環境の中で生きる人類には、際限なき経済成長は
許されず、持続可能な経済成長の中で生きていくことが必要不可欠だと
いえます。

 ましてや人口減少が続く日本で、高い経済成長を実現するのは現実的
ではなく、地球の資源・環境を考えれば決して望ましいことでもあり
ません。

 過去の「国民生活に関する世論調査」などの結果からも、経済成長率
が向上したからといって、人生の充実感や幸福度が増すとは限らないこ
とが分かっています。

 そういった意味では、一人一人が、経済成長や物質的な豊かさだけから
幸福感を得るのではなく、精神的な充実や心の豊かさから幸福を実感で
きる「新しい幸福観」を持っていくことが、重要になってきているのでは
ないでしょうか。

 アジアの発展途上国ブータンは、経済的には決して豊かではありません
が国民の幸福度が高い国として知られています。

 一般的な経済指標であるGNP(国民総生産)とは別に、経済以外の要素を
入れたGNH(国民総幸福)という独自の指標をもとに、幸福度を高めてきた
といわれます。

 それが実現できた背景には、国民の多くが、チベット系の仏教を信仰し
ており、高い所得や華美な消費を追求することよりも、家族や地域との
結び付きや支え合いの中で、安心感を得ることを重視する考えがあると
されます。

 もちろん宗教であれば何でもよいということではありませんが、やはり
善い宗教を信じることは、精神的な幸福を得るために大切だと私は
思います。

 特に、経済の拡大成長期から定常期へと移行していく時代には、有限な
地球資源や環境への配慮、他者と助け合う共生・共存の精神など、
「幸福とは何か」について、人類が思想的に成長・飛躍していくことが
必要になってきます。

 新しい幸福観を支えていく上で、思想・宗教が果たす役割は大きいと
考えます。


 たちばなき としあき 1943年、兵庫県生まれ、京都大学教授、
同志社大学教授を経て、現在、京都大学名誉教授、京都女子大学
客員教授。労働経済学、公共経済学を専門としながら、格差社会論や
労働問題の第一人者として社会に有意な発信を続けている。著書に
『格差社会』『「幸せ」の経済学』『新しい幸福論』『脱「成長」戦略』
(広井義典良典氏との共著)など多数。

 グローバルウオッチへの感想・意見をお寄せください。
メール :g-w@seikyo-np.jp
ファクス:03-5360-9613

 おわり  聖教新聞 2017/06/10(土)】

 まとめ 
若者と社会 格差社会の克服へ(1)
若者と社会「新しい幸福感」への転換が必要(2)

トップページヘ


posted by mity504 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | グローバル ウオッチ
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<