聖教新聞 体験談そのほか気になる記事

3、 人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備

公明号外 3.PNG

3、 人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備

    実現しました


公明号外 2.PNG

 バイアフリー化を加速


東京五輪・パラリンピックへ向け都営新宿線の21駅、東京メトロ銀座線
・千代田線の各駅のホームドアの設置を推進。
17年度にはホームドアとエレベーターを新設する駅の数が前年度比で
倍増します。

 また、高齢者や障がい者らが安全に生活できるよう歩道の段差などの
解消や、展示ブロックも整備。
外国人旅行者らが利用しやすいWI-FI(ワイファイ)の整備も充実させる
など、世界に誇れる”おもてなし都市”をめざします。

公明号外 5.PNG
学校などのトイレ洋式化の予算額38億円
(前年度比で約5倍)


 学校トイレの80%洋式化

 公立小中学校や都立高校などのトイレの洋式化を進めるため、都は17年度
予算案で前年度比で約5倍の約38億円を計上しました。
現在、公立小中学校が55%、都立高校なども53%にとどまっている
洋式化率を20年度までに80%へ高めます。


「無電柱化」で災害に強い街に


 都内には約75万本の電柱が立っています。地震で倒壊した電柱が、人命
救助や消防活動を妨げる恐れがあります。都は17年度から都道での電柱の
新設を禁止し、電線を地中に埋める「無電柱化」を推進します。
区市町村への無電柱化の補助も拡充します。


公明号外 4.PNG


 「女性視点の防災ブック」を作成へ

 公明党は首都直下地震の対策に一貫して取り組んできました。17年度には
都議会公明党の提案に小池知事が賛同し、「女性視点の防災ブック」が
新しく作成されることになりました。

 女性が着替えや授乳をしづらい避難所の運営改善や、液体ミルクの普及・
活用などが盛り込まれる予定です。
女性の防災リーダーの育成も推進します。


 待機児童の解消めざし 保育士の待遇を改善

 待機児童の解消めざし、保育人材の確保策として、これまで一人当たり
月額2万3000円相当だった賃金補助に、17年度からさらに2万1000円を
上乗せします。

 国の賃金補助と合わせると都内で働く保育士の平均給与は月額約32万円
にアップします。


 都議会公明党の闘い 識者はこう見る

公明号外 6.PNG


 小池知事と二人三脚で都政改革進める存在として期待


  政治心理学が専門の
 川上和久 国際医療福祉大教授


 東京都は13兆円もの予算を扱う日本最大の自治体です。都政の改革と
言っても、政策提案から予算の獲得まで、きちんと実績を積んだ政党が
政策について、フォローし、チェックしないと前には進みません。

 そういう意味において、小池知事と公明党が二人三脚で「東京大改革」
を具体的政策で実現してほしと思います。


公明号外 7.PNG


 都民の期待に応えた画期的な出来事
 
 地方行政・議会に詳しい
 河村和徳 東北大准教授


 これまで全国で4つの府県議会しか行っていなかった政務活動費の
ネット公開など「身を切る改革」を都議会公明党がこれほどの
短期間で主導し、実現させたことは画期的なことです。

 これは、都知事や都議会が特権階級ではなく庶民に近い存在に変わっ
てほしいという都民の期待に応えたもので、高く評価できます。

  (Tokyo komei 2017 春 号外)

    まとめ
 都政 改革の先頭走る都議会公明党
 2  教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
 3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ


posted by mity504 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化

高校 無償化 1.PNG


 2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
年収760万円未満の世帯対象

  実現しました


 2017年度の東京都予算の「目玉」政策は、都議会公明党が単独で提案し
実現した私立高校授業料の実質無償化です。年収約760万円未満の世帯で
、都内に住む私立高校生の3割に当たる約5万1000人が対象となります。

 都の発表では、4月に全ての生徒・保護者へリーフレットが配布され、
6月末から申請受付、12月に支給となる予定です。

高校無償化 3.PNG
都の私立高校向け特別奨学金の拡充


 全国一重い教育負担に配慮

 都内の私立高校に通う生徒の割合は全国最多の約56%にも上り、授業
料は平均年44万2000円(16年度)です。都の調査によれば、都の全世帯の
消費支出のうち「教育」への支出は全国平均の1.7倍にもなります。

 特に、国も就学支援金で実質無償化されている公立高校に比べ、私立
高校の授業料は格段に重くなっています。

高校無償化 2.PNG
小池知事に「教育負担の軽減」をはじめとする
政策提言を行う都議会公明党(2016年12月6日)
左端の女性が小池知事です


 小池知事との直接交渉実る

 教育負担の公私間格差を是正するため、公明党は私立高校に通う生徒の
いる世帯に対する都独自の特別奨学金(返済不要)を増額するよう提言。
小池知事に直接、要望し、粘り強く協議を重ねた結果、知事から「わかり
ました。これでいきましょう」と予算に盛り込むことが決定。
 
 ついに無償化への道を切り開くことができました。今後は通信制高校へ
の適用や、私立高校生の家庭の5割を占める年収約910万円未満の世帯へ
の拡充をめざします。

 入学貸付も25万円に引き上げ。

 別に提案していた入学支度金貸付(無利子)の拡充も20万円から25万円
に引き上げられたことで、だれもが学べる環境づくりが一段と進みました。


高校無償化 4.PNG
公明要望で「私立高無償」●朝日新聞1月26日付


共産党横取り.PNG


 「実績横取り」もくろむ共産党

 私立高校授業料の無償化を巡って、新聞各社は「知事は『公明党と
話が整った。一致できてよかった』と強調した」(日経1月17日付)、
「実質無償化に踏み切ったのは、公明党が同事業の実施を強く要望した
ため」(読売1月26日付)などと伝えています。

 ところが日本共産党は、臆面もなく機関紙「赤旗」などで、あたかも
共産党の実績であるかのように「横取り」し、ビラや街頭で宣伝を繰り返
しています。

 朝日新聞が大きな見出しで「公明要望で『私立高無償』」(1月26日付)
と報じているように、何をどう取り繕うとも事実をねじ曲げることは
できません。


高校無償化 5.PNG

「教育を受ける権利」を保障

 柴田悠 京都大准教授(社会保障論)

 高校は実質的に義務教育になっているのが現状。一方で、都立高校には
3人に1人が合格できない。となると、生活が苦しい家庭の子どもたちに
とっては、授業料の高い私立高校に行かざるを得ない。

 そこを無償化するということは彼らの実質的な義務教育を受ける権利を
保障するという点非常に重要だと思う。

高校無償化 7.PNG

 改革の旗を掲げ闘う公明党こ都政の要

 
森田実 政治評論家

 1963年当時、「伏魔殿」と言われた都政の闇を公明党の都議会議員が
次々と正していきました。今も都議会公明党はその精神を受け継ぎ、
改革の旗を掲げ続けています。

 いつも庶民の側に立って闘う、ウソや誤魔化しのない真面目な人たち
です。新しい東京をつくっていく都政の要は公明党以外にないと
断言します。

 (Tokyo komei 2017 号外)

  まとめ
都政改革の先頭走る都議会公明党
2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ


posted by mity504 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

都政改革の先頭走る都議会公明党

東京公明 1 .PNG

東京公明 2.PNG
▲都議会公明党が主導して「身を切る改革」を具体化する
条例が可決、成立した都議会本会議(2月22日)


 都政改革の先頭走る都議会公明党

1、身を切る改革 2、教育負担の軽減 
3、人にやさしい街づくり 

 「つの挑戦」が実現

 
 都議会公明党は昨年11月、都民の信頼回復と都政改革をめざし
「身を切る改革」「教育負担の軽減」「人にやさしい街づくり」の
3つの挑戦を掲げましたが、2月からはじまった都議会定例会で
すべて実現の運びとなりました。 


 1 身を切る改革 実現しました

 都議会史上初
 議員報酬を20%削減  年間4億4000万円を都民に還元
 政務活動費を減額、ネット公開 不正防止へ、全国トップクラスの
                情報公開

 費用弁償・議員特権(肖像画、記念品などの表彰)を全廃
 都民目線で議員改革

 公明党の”覚悟”が都議会動かす


 公明党が他党に先駆けて提唱した「身を切る改革」を具体化する条例が
都議会定例会初日の2月22日、全会一致で可決、成立しました。
条例の柱は、@議員報酬の20%削減(4月から実施する緊急性を優先して
1年間の特例に。引き続き恒久処置をめざします)

 A政務活動費を議員一人当たり月額50万円(10万円減額)とし、収支
報告書や領収書などの写しをインターネット上で全面公開。
 B本会議や委員会に出席するたびに定額支給されていた「費用弁償」を
廃止(島部在住議員を除く)の3つ。

 また、在職期間の長い都議に対する記念品の授与や肖像画の作成・掲示
といった”議員特権”も廃止されました。「都政改革は議会改革から」
「まず隗(かい)より始めよ」と訴えた都議会公明党の”覚悟”が都議会
全体を動かし、実を結びました。

東京公明 3.PNG
「身を切る改革」の条例案を発表する都議会公明党の
都政改革推進プロジェクトチームメンバー(2月14日)


 相次いだ知事の「政治とカネ」を巡る問題、豊洲問題では多額の追加的
な支出を余儀なくされる事態に対し、公明党は真っ先に「身を切る改革」
の断行を表明。

 ところが、他会派からの猛反発に遭い、超党派で作る「都議会のあり方
検討会」に改革案を提案すらできない状況になったのです。

「都議が自ら襟を正して都政改革に取り組む姿勢を示すべし」と、公明党
は他会派に先駆けて単独で条例案を提案。定例会が近づいた今年2月、
共産党が唐突に公明案とほぼ同じ内容で、議員報酬の削減割合を5%だけ
上乗せした25%削減案を発表。

 さらに民進党系の会派は30%削減案を提案するなど、他会派はパフォー
マンスに走りました。こうした状況においても公明党はブレることなく、
「議員の覚悟を示すには、あらゆる審議に先立ち、定例会冒頭で採決すべ
き」と他会派に呼びかけたところ、小池知事を支える都民ファーストの会
が真っ先に公明案に同意。

 すると自民党が「共同提案を」と賛意を示し、共産党も「私たちの案に
こだわりはない」と態度が急変。民進党会派も自案を取り下げ賛同したこ
とから急転直下、全会一致で公明党案を一字一句変えないままの「身を切る
改革」関連条例が可決、成立したのです。

 (Tokyo komei 2017 号外)

  まとめ
都政改革の先頭走る都議会公明党
2 教育負担の軽減  私立高校授業料を実質無償化
3、  人にやさしい街づくり 2020年東京五輪へ環境を整備
 都民 とともに「東京改革」公明党

 トップページヘ


posted by mity504 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党

なぜインドに「創価池田女子大学」があるのか。



 【インド「創価池田女子大学」】
なぜインドに「創価池田女子大学」があるのか。

創価学会池田先生が発案、創業されたとばかり、この動画を見るまで
思っていました。 ところが違うんですね。 

インドの詩人・教育者であるクマナン博士が幼稚園から高校までの一貫教育を経営されていて、
その彼が「創価池田女子大学」を創業しました。なぜ、クマナン博士が「創価池田女子大学」
を創業したのか?それはこの動画を見れば、分かります。

 インドには「師弟」という思想が根ずいている。しかし、彼にはその師匠がいなかった。
そこで彼は師匠を求め続けた。そして、ある時、池田先生の詩「母」を知り、彼は
池田先生の思想、行動をかんがみ、池田先生をわが師匠だと決めた。

クマナン博士は2000年、一切の支援を受けず、自ずから願って創価池田女子大学を創設した。

その前年、クマナン博士は来日し、敬愛する池田先生を訪ねて、
池田先生に「創価池田女子大学」の創立者になって
ほしいと依頼した。そいういわれがあります。

 「聖教新聞」
 トップページヘ

posted by mity504 at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの弘教

久本雅美の仏法との出会い



 高木(こうぼく)は風当たりが強い。出る釘は打たれる。
格言のごとく、実力のある人を妬みから、引き下ろそうとする
輩(やから)は必ずいます。

しかし、実力のある人は、それだけ人知れず常に忍耐強く研究、努力
している。

人に抜きんずる人は必ず人知れず地道な努力がある。
これは間違いありません。

久本雅美さんは今や全国区で知られる ビッグスターです。

 入信する前の彼女と入信後の彼女の遍歴が分かる動画です。


トップページヘ

posted by mity504 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰体験

旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(2)

インド幹部会 1.PNG
池田先生! 世界広布の平和と希望のバトンは、私たちが断じて
継承します!……「午前8時の太陽」のごとく、躍動のエネルギーに
満ちた南アジアの若き地涌の友らが決意のカメラに
(19日、創価菩提樹園で)

インド幹部会 2.PNG
日本からSGIインド派遣団が出席し、歴史を画する集いとなった
南アジア青年部総会
 
インド幹部会 4.PNG
受付では女子部の白蓮グループと婦人部のホワイトリリー・
グループの友が、真心で参加者を迎える


 旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(2)

SGI派遣団、南アジア4ヵ国の訪問団が出席 
インド国内185会場に同時中継

広布の炎のバトンを継ぐのは我ら!

 なかんずく、南アジアを舞台に、戦う使命に目覚め、立ち上がったのが
この日集った青年たちなのだ。

 池田先生はメッセージで、東洋広布を悲願とした戸田先生が、南アジアの
地涌の若人の集いをどれほど喜び見つめているかと称賛。

 そして、弟子が師匠以上に立派に成長する後継の原理「従藍而青
(じゅうらんにしょう)(青は藍より出でて、藍より青し)」を通し、
「今、この弟子とは、ここに集まった若き世界広宣流布の闘志である皆さん
に他ならないのであります。
後継の弟子が陸続と続く限り、広布の大河の流れは、決してとどまることは
ありません。
私は、恩師より受け継いだ広布のバトンを、次代を担い立つ、若き皆さん
に託したい。
否、皆さんに託す以外に、世界広布の未来は断じてないのであります」と
万感の期待を込めた。そして「わが最も信頼する南アジア青年部よ!
全世界の青年拡大の迸(ほとばし)る大源流となって勝ち進め!」と
呼び掛け、メッセージを結んだ。


 躍動の南アジア青年部幹部会

インド幹部会 3.PNG
インドの友の愛唱歌「先駆の歌」を力
強くパフォーマンスで。この歌を聞く
と、広布への情熱がみなぎってくる

インド幹部会 5.PNG
女子部の友が、「華陽の誓い」
のメロデーに乗せて、息の合った
優雅な舞を披露

インド幹部会 7.PNG
きょうだいのように仲良き学生部。幹部会では「広
布に走れ」を日本語で凛々(りり)しく歌い上げた

インド幹部会 6.PNG
創価の励ましのスクラムをアジアへ、世界へ!
一人一人が深き使命感と誇りに輝いて

インド幹部会 8.PNG
この日の誓いを我らは断固、果たし抜く……南アジア
の団結と勝利への出発を期して、菩提樹の木を植樹

インド幹部会 9.PNG
訪印した4ヵ国のリーダーが「フォーエバー・セン
セイ」を振り付きで合唱。客席も手拍子で大応援



 会合では、インド青年部による躍動感あふれる学会歌が次々と披露され、
会場の熱気は最高潮に。その後、青年たちの活動体験3題に喝采が
送られた。

 シンガポールのタン区副女子部長はアメリカ創価大学を卒業し、現在、
国立シンガポール大学に勤務。教育環境の整備や他大学との交流などを
通し、人間教育の確立に励む。

 インドのシュリバスタバ圏副女子部長は、家族の病など困難に負けず、
映画監督として、数々の国際映画祭で受賞した喜びの体験を語った。

 マレーシアのチャンドレン副男子部長は、SGIアジア文化教育センター
の開所に合わせるように、母と幸福拡大に励めるようになった感激を報告。

 インドのグプタ女子部長は、華陽の友が弘教や訪問激励に奮闘する
模様を伝えた。

インドのグプタ議長に続き、笠貫SGI女性部長は、同志と共に悩み、祈り、
行動する中で広布の人材を育もうと激励。谷川主任副会長は、師の構想の
実現を誓う弟子の闘争によって、不可能は可能になると訴えた。

 最後に、皆で固くスクラムを組み、日本に届けとばかりに学会歌
「21世紀のマーチ」を高らかに歌い上げた。その歌声は、誓いの調べと
なって、創価菩提樹園に響き渡った。

 ”池田先生、私たちは先生の炎のバトンを受け継ぎます!”……
幹部会はまさに、アジア広布新時代の黎明を告げる後継の儀式となった。

 おわり 『聖教新聞 2017/3/21(火)』

 まとめ
旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1)
旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(2)

トップページヘ

posted by mity504 at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの弘教

旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1)

インド 5ヵ国幹部会 1.PNG
インド、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアの青年が
広布後継の誓いをみなぎらせ、歓喜と友情の大前進を開始した
「3.16」記念の南アジア青年部幹部会(創価菩提樹講堂で)


 旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1)

SGI派遣団、南アジア4ヵ国の訪問団が出席 
インド国内185会場に同時中継


 【デリー19日】3.16「広宣流布記念の日」の意義をとどめる「南アジア
青年部幹部会」が19日(現地時間)、インド、デリー近郊の創価菩提樹園
で盛大に開催された。これには、タイ、マレーシア、シンガポール、
インドネシアから訪印した青年部のリーダーと、インド各地から集った
同志、合わせて約700人が参加。SGI(創価学会インターナショナル)インド
派遣団の谷川主任副会長、笠貫SGI女性部長らが出席した。
池田大作先生は祝福のメッセージを贈り、「全世界の青年拡大の迸(ほとば
し)る大源流となって勝ち進め!」と万感の期待を寄せた。
幹部会の模様は、インド国内185会場に同時中継された。

 池田先生がメッセージ 青年拡大の大源流と勝ち進め

 東洋広布誓願式典 記念植樹も


 仏法源流の地に、「午前8時の太陽」のごとく、赫々と燃える広布後継の
陣列が立ち上がった!

 この日の午前、3月の光と緑、そして清浄なる空気に包まれた創価菩提
樹園に、南アジアの”ヤマモト・シンイチ”たちが、希望に胸を高鳴らせて
続々と到着した。

それを、インドの歓迎委員会の友が、まるで”仏を敬うがごとく”温かく、
また元気な掛け声と手拍子で迎えていた。
”広宣流布ノタメニ、タタカイマショウ!”

 わが誓いよ、師のもとに届け!……集い合った全員の心が一つになり、
菩提樹が広がる大地を美しく輝かせていた。

インド 菩提樹.PNG
全人類の偉大なる境涯革命と新たな世界文明の
創出を宣言した東洋広布青年誓願式典(創価菩
提樹園内の「東洋広布の碑 埋納庭園」で)


「池田先生!私たちは、生涯、師弟不二の道を歩み、南アジアに金剛不壊
の団結を築きます!」。幹部会の席上、各国を代表し、インドのサブー
男子部長が高らかに叫んだ。

 すると、会場にいた友は拳を固く握り締め、また、ある同士は瞳を
光らせて、「イエス!」と、大きくうなずいた。

 さらにサブー男子部長が「先生!私たちは何があっても、世界広布
実現のために、師子となって前進します!」と、烈々たる気迫で訴えると
、万雷の拍手が会場に轟いた。

 池田先生が恩師・戸田城聖先生の弟子となって今年で70年。

 戦後、民衆救済に一人立ち上がった戸田先生は、1958年(昭和33年)
3月16日、池田先生、そして6000人の青年に広布の一切を託した。

 その後、32歳で第3代会長に就任した池田先生のもと、広宣流布は
未曽有の大発展を遂げ、地涌の連帯が地球を包む時代を迎えた。

 今回、参加した南アジア4ヵ国にインドを加えた人口の合計は約17億。
実に世界の人口の23%を占める。その平均年齢は20代後半。
いずれも、まさに青年が主役の国々である。

 今日、アジアをはじめ世界には、人々を苦しめ分断する紛争、貧困、
差別、難民問題、環境破壊など課題が山積する。

 世界は、人類を救いゆく指導原理を求めてやまない。その大望に応え、
人間革命の哲学の力で人類の宿命転換を成し遂げゆく崇高なる使命を
担うのが、新時代の”ヤマモト・シンイチ”である。

 次回につづく 『聖教新聞 2017/3/21(火)』

 まとめ
旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(1)
旭日のインドで3.16記念南アジア青年部幹部会(2)

トップページヘ

posted by mity504 at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの弘教

認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、2

認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、2

 認知症相談センターゆりの木

 代表 右馬埜 節子さん

引き算介護の心得10か条

 続いて、基本的な引き算介護の心得”を紹介します。

@足し算でなく引き算で

 認知症の人の「引き算の世界」に合わせて対応します。

痴呆症 2.PNG

……元教授の80代男性は、まだ現役のつもりで出勤する迎えの車を待って
いました。家族がディサービスの利用を進めても断固、拒否です。

 そこでディサービスの車を向かわせて「先生、教授会のお車です」と
言うと、難なく乗車。以来、男性は”教授”として通い続けています。


 A説得は「ざるに水」 
 正論を言うのは、ざるに水をためようとするのと同じで徒労に終わり
ます。説得より納得してもらうことです。

……寒い冬、病院内の通路で見た高齢女性は、看護師に「お部屋に行こうよ」
と説得されても動きませんでした。女性はタオルのようなものを抱えていて、
それが赤ん坊のようにも見えました。

 私は友人を装って「お久しぶりです。今日は赤ちゃん連れですか。
お部屋に行かないと風邪をひくわ」と穏やかに声掛け。
すると、笑顔で部屋へと歩き出しました。


B生きざまが手掛かり
 仕事や趣味など、本人の人生を念頭に置いて応じます。

……精肉店を営んでいた男性は、店を畳んで認知症となった後も包丁研ぎを。
家族が「危ないから包丁を置いて」と言っても手放しません。
そんなときは「おじいちゃんは働き者ね。少しは休んでくださいよ」と、
ねぎらうと包丁を放して休みます。


C負けるが勝ち
認知症の人が譲らないときは、介護者が頭を下げると、うまくいくものです。

痴呆症 3.PNG

……食後に「ご飯まだ?」と聞かれ、「さっき食べたでしょ」と言い返す、
よくある場面。食べ終えた器を見ても「食べていないものは食べていない」
と認めない人も。

 その際は「ごめん。炊飯器のスイッチ入れるのを忘れていた。少し待っ
てね」と謝れば素直に待ってくれるはず。


D話は短く
 用件は長話でなく、単語で短く伝えましょう

……私たちの施設には「故障」と張り紙をしたドアがあります。
本当は壊れていませんが、利用者は近寄りません。
昔から慣れ親しんだ文字は、生活上の約束事として体に刻み込まれている
からです。

 これは、認知症の人を守る知恵。自分の住所も電話番号も言えないこと
があり、一歩外に出ると命を落としかねません。そのドアが彼らを
”命の扉”なのです。

 ほかにも「危険」「禁止」「工事中」などの単語も。直接、注意や
指示をすると怒る人も単語や貼り紙にすれば、すんなり理解してくれます。


 E北風と太陽
力ずくや無理強い禁物。”急がば回れ”です。

痴ほう症 .PNG

……認知症のよくある昼夜逆転。真夜中にかばんを持って「会社に行く」
という夫を、妻が腕にすがって止めようとしたら、振り払われてケガを
してしまいました。

 そんなときは「今日は日曜日」と伝えてみてください。”日曜日は休み”
と多くの人の体に刻まれているので、ゆっくり休むはずです。


 Fウソも方便
常に正直に、事実を伝えることがいいとは限りません。

……他界した母に会いたいという認知症の人に、事実を分からせるため、
お墓に連れて行った家族がいました。

 でも、母は生きていることにして「今、旅行に行っているよ」と、
本人の気持ちに合わせた方が落ち着くのです。


G知恵比べ
 引き算介護は導入が肝心。
本人の世界に入るための鍵は何かを考えます。

……ディサービスの食事を断る女性は、幼少期に「他人の家の食事時は
欲しそうにせず、席を外しなさい」と厳しくしつけられていました。

 そこで、施設で作った料理をお弁当箱に詰め直し、家族が持ってきて
くれたことに。女性は喜んで食べました。


H「ありがとう」
 お礼を言われてうれしいのは認知症の人も同じですが、介護されるように
なると言われる場面は少なくなるもの。

痴呆症 .PNG

……私たちは施設の行事と称して料理や書道など、利用者の得意分野で
腕を発揮してもらうことがあります。その際、仕事を助けてもらった
お礼に「ありがとう」と伝えます。役割を果たしたつもりの皆さんは
満面の笑みです。


I忘れることを利用
 認知症の「忘れる」という特性を生かすのは、自分と異なる世界の人に
歩み寄るため。お互いにとって”優しい関係”を作り出す手段です。
それが、私の提案する「引き算」を使った認知症介護です。

 おわり 『聖教新聞 2017/(平成29年)PR版春季号』 

 まとめ 
認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、1
認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、2

トップページヘ

posted by mity504 at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・認知症

認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、1

c.PNG


認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、1

 認知症相談センターゆりの木

 代表 右馬埜(うまの) 節子さん

 認知症の人が落ち着く言葉掛けや接し方として、”引き算介護”を
提唱する、認知症相談センターゆりの木・代表の右馬埜 節子さん。
2000人以上の認知の人との出会いから生まれた、効果的な対応を
右馬埜さんに聞きました。(2016年11月23日・30日付より抜粋。
写真は本人提供)

 認知症介護の家庭で、介護者がいつも振り回されたり、問題が
こじれたりする原因は主に、認知症への理解不足にあるといえます。

 認知症とは、一言でいえば「忘れる病気」です。私たちは生まれた
時から、脳という”記憶のつぼ”に知識や経験をためていく「足し算
の世界」に住んでいます。

 ところが認知症になると、このつぼが上から壊れ、中にためた記憶
や新しい体験がこぼれ落ちる「引き算の世界」に。数秒前の出来事すら
覚えていない一方で、数十年前の出来事を覚えていることがあります。

つぼが上から壊れるので、底に残った過去の言動が表れやすくなる
のです。

 寄り添うウソで

 認知症の人が一度”こう”と決めると、いくら「説得」しても聞き
入れないものですが、本人が「納得」すれば、すんなり動いて心も
穏やかになることがあります。

 この納得を引き出す方法を私は「引き算する」と呼んでいます。
簡単にいえば「ウソをつくこと」「ウソ」は人を欺くものと思われがち
ですが、「寄り添うウソ」もあり、認知症の人の命や生活を守るのは
「寄り添うウソ」。それが二つの世界の”架け橋”とし力を貸してく
れます。

 中には、「相手にばれるから困る」「認知症の人が傷つくのではないか」
と思う人もいるでしょう。でも、認知症は「忘れる病気」ということを
忘れないでください。時間がたてば忘れて、傷つくこともないでしょう。
成功した場合は、同じやり方で何度か試してみることもできます。

 スウェーデンでは合理的な介護技術としてウソを勧めています。
感情的にウソをつけない人もいますが、私は共に生きる”知恵”だと
考えます。ウソの奥に優しさと愛情があるかどうかが問題ではないでしょ
うか。

 ぼけ方も十人十色なので、誰にでも必ずうまくいく方法はありません。
自分ならではの成功例を作って”引き算名人”になってほしいですね。

 『聖教新聞 2017/(平成29年)PR版春季号』

 第2につづく

 まとめ 
認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、1
認知症の人が落ち着く言葉 ”納得”と”優しい関係”を作る手段、2

トップページヘ

posted by mity504 at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・認知症

フィレンツェ市が池田先生を名誉市民に(2)

挨拶 イタリア.PNG
フィレンツェ市の「名誉市民」称号授与式から


 イタリア・ルネサンス発祥の地から人間精神の開花への貢献たたえ

 フィレンツェ市が池田先生を名誉市民に(2)

 授与の辞 信念の対話の力で人々を結ぶ
 池田博士こそ平和建設の師匠

 700年の歴史を誇るヴェッキオ宮殿で授与式 SGI派遣団が出席

 フィレンツェ市の「名誉市民」称号授与式から

来賓が祝福のあいさつ(要旨)

 女性の世紀開く英雄

 ノーベル平和賞受賞者
 ベティ・ウィリアムズ博士


 本日は、池田博士への名誉市民称号の授与式ですが、これは、博士を
支えてこられた香峯子夫人への栄誉でもあると、私は思います。

 人は、人を殺すために生まれてきたのではありません。世の中には戦争
や自然災害などのニュースが絶えませんが、今こそ子どもたちに「世界は
変えられる」と伝えていかなければなりません。南アフリカを訪れた折、
ある少女が語ってくれました。

「どんなに世界が間違っていたとしても、私は良いことをします」。
この少女に接し、どんなに大変でも、世界を変えていかなければならない
と決意しました。

 まさに、この言葉のままに女性を尊重し、平和に尽くしてこられたのが
池田博士です。私にとって英雄である博士に、名誉市民称号の授与を
決めたフィレンツェ市に、心から感謝申し上げます。



 国家の枠超えた慧眼

 ルイス・グイド・カルリ大学
 アントニオ・ラ・スピーナ教授


 池田博士の長期的な展望、国際性、対話による活動は、さまざまな
理由で重要です。

 地球では今も軍事強化が進められ、人々は大惨事の危険にさらされて
います。環境破壊によって、日々の生活が保障されない人々も増えて
います。

 今では、これらの問題に一定の認識がありますが、博士は、ごく少人
数しか気づいていなかった時から、対話を通し、世界の識者に伝えて
きました。

 冷戦時代には、米ソの関係構築のために動き、近年では毎年の平和
提言を通し、人類の抱える難局への解決策を、国家の枠を超えた視点から
提案し、世界に発信しています。

 長期的な展望が不可欠な現代にあって、博士の慧眼が求められている
のです。ルネサンス発祥の地・フィレンツェが、池田博士に名誉市民
称号を贈る理由は、そこにあると思います。



 人々に”希望の光”送る灯台

 ナルデッラ市長の授与の辞(要旨)

 親愛なるフィレンツェ市民の皆さま!本日、私たちがこうして集った
のは、運命だと思います。運命が池田大作博士と博士の偉業を、
わが市と永遠につなごうと望んだのです。博士の名は、永遠にフィレンツェ
市に残ります。

 運命は、わが市の使命をも明らかにしています。つまり平和、文化、
教育、そして対話の都市であるということです。

 皆さまと振り返りたいのは、一昨年、イタリア共和国とイタリアSGIとの
間に結ばれたインテーサ(宗教協約)の調印式です。その日、私も会場
となった市内の創価学会イタリア文化会館を訪れ、多くの会員の皆さまと、
本当に感極まる時を過ごしました。

 私には強い絆で結ばれている創価学会員がいます。彼らは、常に笑みを
たたえていました。喜びにあふれ、接していると、こちらの心が躍動する
ような素晴らしい方々です。

 こうした平和建設を志す人々にとって、博士は、まさに”希望の光”を
送る灯台であります。なかんずく、人々が自由に夢を育んでいける社会を
築くために働く指導者にとって、人々に希望を送るという精神は絶対に
不可欠であります。

 その意味で池田博士は、仏法者だけではなく、全ての人々にとっても
師匠なのだと思います。

 池田博士は、信念の対話によって人々を結び、平和を築いてきました。
この事実こそ、フィレンツェ市民にふさわしいと確信させるもので
あります。

私たちは大きな喜びと感謝とともに、博士を市民として抱擁し、
お迎えいたします。

イタリア 署名.PNG
 式典で池田先生に贈る名誉市民の証書に署名する
ビーティ市議会議長(手前右)

イタリア 授与式場.PNG
五百人広間で盛大に行われた式典。来賓や
イタリアSGIの代表ら600人が列席した


 おわり 『聖教新聞 2017/03/13(月)』

 まとめ
フィレンツェ市が池田先生を名誉市民に(1)
フィレンツェ市が池田先生を名誉市民に(2)

トップページヘ

posted by mity504 at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創価学会・ニュース
Copyright © 聖教新聞 体験談そのほか気になる記事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
<